2017-08-17  釣り道具 

自慢できるアイディア

 釣りにはそれぞれ自分なりの拘りがあって、釣りテングと言う言葉もある位です、頑固として自分の釣りを貫く人、本やいろいろの人の意見を参考にする人、どちらが良いとか悪いとかいうのではありませんが、自分なりに工夫することは私は大切なことだと思っています。
 私は、何でも買えば済むという考えにどうしてもなじまない性格で、何か代用できるものはないかと考えてしまう癖があります、癖と言いますか、貧しい時代に育ったための習慣と言うものでしょうか。
 餌にミミズしか使わない私は、釣り餌として購入すれば1回の釣行に2カップ、700円は必要になります、ミミズは畑の堆肥や自分で残飯で飼う事も出来ます、この記事も何回も出しています、これから書くことも以前UPしたものですが、本や人の話でやってみたのではなく自分の発想でやってみたという自慢みたいなものあるので我慢して見てください。
 とは言っても何ともミミッチイ話ですが・・・・。

 畑や残飯捨て場にいるミミズを汚い泥など付けず、そして、手を汚さず市販の物のようにして持参出来ないか、市販の袋の中の用土?を調べましたね、水分を保持できる紙では無いかと思い、そして作ってみました、もう長年これでやっていますが自信が付きましたので再び紹介します。

 まず、新聞紙は数枚あれば約10回位の釣行に使えます、シュレッターがあれば便利ですがこのようなハサミでも良いです、要は細かく裁断すればいいのです、このハサミを使う場合は細長く切ってからやるのが良いですね。
 もちろん新聞紙を濡らして細かく引きちぎっても良いと思います。

4_(8)_convert_20170801193339.jpg4_(9)_convert_20170801193359.jpg

 水を加えて紙粘土を作ります。

4_(10)_convert_20170801193424.jpg4_(11)_convert_20170801193446.jpg

 そして、フルイの5mm目に少しづつ回すようにして撫でつけていきます、なかなかうまく行きませんが辛抱強くやるのがコツです、出来たらビニール袋に入れて保管しておき出番を待ちます。

4_(12)_convert_20170801193529.jpg4_(13)_convert_20170801193549.jpg

 出陣の準備です、カップは百均に蓋つきの物がありますので、針で蓋に少し穴を開けて使います、畑や飼育バケツからミミズを拾い出し、用土を入れたこのカップの上に載せます、少ししますと中に潜り込みゴミだけが上に残ります。

4_(1)_convert_20170607123708.jpg4_(4)_convert_20170607123811.jpg

 ごみを取り除いて、蓋をして完成です、私は約80匹位を1回の釣行に持参します、いつも余りますが余裕があった方が良いですね、この状態でも涼しい所に置けば2~3日は大丈夫です、そして、体内の泥が抜けてきれいなピンク色になります。

4_(5)_convert_20170607123830.jpg4_(6)_convert_20170607123849.jpg

 畑から捕ってきたままとか土の中で飼ったものなどは、手が汚れ竿なども傷める原因にもなりますし衛生的ではありませんので、この紙粘土用土、これは我ながら良いアイディアと思います。

 面倒くさいと思いますが、釣りはただ魚を獲る事だけはなく、仕掛けとか道具とか渓流に立つまでのプロセスも楽しまなくちゃね。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-08-14  家庭菜園 

お花をどうぞ!

 畑が空いていますので、隅の方にババがいつも花の種を播いてあります。
 お盆です、すぐそこのお墓に来る人も多いので、「ご自由にどうぞ」と言ったら喜ばれましたね。

29_(15)_convert_20170813110137.jpg

 お盆が過ぎればハクサイ、ダイコンの種を播かねばなりません、その地作りをこのクソ暑いのにやりましたよ!
 耕運機で耕せば楽ですが、腰を痛め車に乗せられませんので、先日から石灰を撒いてマンノウで少しづつやりました、今日は畦立てをします、ダイコンは土の塊や石などありますと、成長の過程で股が出来てしまいますので土を細かくしなければなりません。
 2回に分けて行いました、簡単に畝をたてて上の部分だけ肥料をやり草カキで土を細かくしながらよく混ぜて、もう一度溝に落ちた土を盛り上げ完成です、来年春から区画整理の工事が始まりこの畑も今年限りですので、施肥も化成肥料だけで簡単に済ませました。

29_(6)_convert_20170813105618.jpg29_(9)_convert_20170813105757.jpg

 トマトが最盛期を迎えています。

29_(11)_convert_20170813105859.jpg29_(1)_convert_20170813105353.jpg

 古いカメラですので写真がボケています、私と同じです。

29_(2)_convert_20170813105423.jpg29_(3)_convert_20170813105449.jpg

 トマトは徐々に穫れますので良いですが、ユウガオには本当に参ってしまいました、松本の姉の所にすでに10本ほど運び処理をお願いし、一緒に菜園をやっている友人にもお願いしたりして処分しておりますが、せっかく作ったもの穴を掘って捨てるのもバチが当たると思いますしね、カンピヨウも今年はもうやる気もしないとババが言っていますし、作るなら一株作れば十分ですね。

29_(4)_convert_20170813105521.jpg29_(12)_convert_20170813105928.jpg

 トウガラシ類、オクラなどもよく考えて作らないといけませんね、これこそ沢山あっても困ります、ところがナスが今年は出来が良くないですね、こんなこともありますのでどうしても沢山作ってしまうのですね。

29_(13)_convert_20170813110000.jpg29_(14)_convert_20170813110029.jpg

 ズッキーニは初めて作りました、キュウリが始末に困る程穫れているのに、面白がって作ったのです、野菜は孫の所にじっと送ってはいますが、送料だけあちらで野菜を買った方がよっぽど良いと私は思うのですが、ババがとり付かれたように送るのです、この暑さで頭がおかしくなったかと思う位です、私はだまって荷造りだけしてやっています。
 作付計画はババ(隊長)の命令ですので、責任を感じているのでしょう。
 ネギの土寄せもしました、ネギは保存が効きますのでいくらあってもいいし、人に差し上げても喜ばれますね。

29_(5)_convert_20170813105551.jpg29_(10)_convert_20170813105824.jpg

 お盆でも過ぎましたら釣りにでも行こうかと思っています、今は勤労者諸君のせっかくの休日、釣りに出かける人も多いと思いますので、年金族はあまりじゃまをしない方が良いでしょうね。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-08-10  渓流釣り 

無用の長物

 若き頃、釣りにのめり込み、休日を待ちかねて木曽谷のあちらこちらを釣り歩きました、この君は仕事中も釣りの事ばかり考えていて全く役にたたないと睨まれ、仕事の実績に関係ない監査部門に配置変えされました、クビにはなりません終身雇用万歳です、しかし、これは幸いでしたね、仕事をしないほど皆に喜ばれるいい仕事でした、その間、いろいろ勉強しましたね、もちろん釣りに関する事ですが・・・、いかにして便利な竹かご(ビク)を作るか、味のある自然木のタモ、そして毛ばり等々、帰宅してからも竹をせっせと削りました。
 そして、早期退職(勇退扱い)、この話はまた別の機会にします。

 まぁ~そんなわけで、楽しい時期を過ごしましたね、大物を釣った話は良く聞きますが、「大きさは?」と聞いても両手の人差し指を広げたり縮めたり全く当てになりません、当時はカメラもフィルムの時代です、そこで活躍したのが趣味にしていた拓本ですね。

 これは以前にも紹介したことがある魚拓ですが、ヤマメではこれ以上の物は釣った事がありません、鎖川は奈良井川の西に位置する支流です、鉢盛山(2446m)を水源として日本海に、反対側は木曽川の源流となり太平洋に流れ出ます、釣れた時は婚姻色で一瞬サケかと思いましたね。

 22_(7)_convert_20170723092844.jpg

22_(4)_convert_20170723092716.jpg22_(2)_convert_20170723092626.jpg

22_(5)_convert_20170723092743.jpg22_(1)_convert_20170723092605.jpg

22_(3)_convert_20170723092652.jpg22_(6)_convert_20170723092809.jpg

 平成も10年を過ぎますと、デジカメが普及してきて簡単に写真で記録を残せるようになり、魚拓は止めにしました、それと成魚放流もあり、釣り大会など大物賞用の放流があるなど大物に対する価値も魅力も薄れてきてしまいました。
 今回は場所など明記した35cm以上の物を載せてみました、これも自分の思い出だけであって、他人にとっては何の意味も価値もないもの、剥製と同じで無用の長物になってしまいます、これを機会に処分してしまいます。

 釣りクラブの大物賞のトロフィー(左の写真)も、娘のバドミントンのトロフィーの片隅に眠っていますが、これも価値のないものになってしまいます。
 しかし、右の写真の娘がインターハイや国体出場のトロフィーは、今年は孫が同じバドミントンでインターハイに出場しただけに母ちゃんの勲章として大事にしておかねばなりませんね。
 
22_(8)_convert_20170809185736.jpg22_(9)_convert_20170809185804.jpg

・・・と、まぁ~どさくさに紛れてそれとなく娘と孫の自慢話をしている親バカ、ジジバカなのです。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-08-08  出来事 

検診のシーズン

 春先、市役所から今年度の各種検診の申込書が届きます、いろいろ申し込んではありますが、7月に後期高齢者を対象とした無料の「生活習慣病予防検診」を受診してありますので、その結果が出る頃だろうと、先日、薬をもらいながら主治医の所に行ってきました。
 診察室に入ったとたん・・・。 
 「大丈夫でしたよ! また釣りに行けますよ!」
 「あの~心電図の方は?」
 「昨年と変化がないので良いでしょう」
 昨年は、心電図に異常がみられエコー検査で再検査をしてもらったのですが、結果は電線?が2本ばかり切れているが様子見と言う事でしたが、今回も変化がないとの事なのでほっとしました。
 「肝臓、腎臓、前立腺も基準値以内、HDLは善玉ですから高くても良いですよ」

28_(3)_convert_20170807131030.jpg

 このあと9月に肺のCT検査、11月に大腸検査を申し込んであります、胃の検診は胃カメラを主治医直々にやってもらいますが、前回は、1年半も前でしたから嫌でも今年はやらなくてはいけないでしょうね、大腸は検便だけですので引っ掛からない事を願うばかりです。
 そういえば、昨年のCT検査で脂肪肝を認める旨の検診結果をもらいましたので、肝機能の数値は気になっていましたが基準値内でしたので安心しました。

28_(1)_convert_20170807130933.jpg

 アルコールを釣りの次に愛する私としては、肝機能の数値は気になるところです、役所からこんな紙が送られてきました。

28_(2)_convert_20170807131006.jpg

 これ、肝機能の数値の高い人は参考になりますよね、そう思って載せてみました。

 私は、今回は基準値以内ですので、参考になりませんが、数値を入れてみますと 24>21 と言う事ですので、やっぱりアルコールが関係しているでしょうか、でも、γーGTPが大きく基準値を下回っていますので、今夜も飲(や)ります。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-08-05  渓流釣り 

時速0.05キロの釣り

 この歳になりますと、腰の痛みは残念ながらもはや回復の見込みはありませんので、いかに上手に付き合って行くかと言う事になります。
 1回でも、そして、1日でも長く山や川を歩ける幸せを願うばかりです。
 
 痛みを押してまた行ってきました。

27_(4)_convert_20170802211457.jpg

 林道脇にこんなものが、イノシシ用かクマ用か知りませんが、どちらにしても出るから設置してあるんですよね。
 ここはそんなに山奥ではないので大音響スピーカーは止めました、代わりに笛を吹きながら進みます、襲われた人の多くは釣っている時より、林道など足早に移動するために不意に遭遇するケースが多いようです。

27_(1)_convert_20170802211319.jpg27_(2)_convert_20170802211350.jpg

 時速0.05キロ、這うようにして釣り進みます、居そうなところは誰でも竿を出すので案外釣れませんが、意外な所で釣れます、それが面白いですね。
 良型も混じります。

27_(3)_convert_20170802211423.jpg27_(5)_convert_20170802211530.jpg

27_(6)_convert_20170802211608.jpg27_(7)_convert_20170802211637.jpg

 慌てる事はないので動画を撮ってみました、左手デジカメ、右手竿です、したがって取り込みの瞬間は撮れないのです。



 昼食を済ませ、ちょっとばかり先日の堰堤をやってみました、カンカン照りで条件は良くありませんが、こんな時用にと作っておいた仕掛けがあります、アユ釣りの金属糸0.1号を水中糸に1.5m、ハリス部分は0.5号のナイロン糸を編み付けてこれに4Bのオモリを付けて白泡の中を探るのです。
 第一投目、いきなり来ました、かなりの大物です、しかし、0.5号のハリスの部分で切れてしまいました、今後の課題です、それにしてもこの仕掛け湧きあがる白泡の中にも良く入ります、そして、アタリのコツコツ感が良く伝わりますね。

27_(8)_convert_20170802211701.jpg27_(9)_convert_20170802211728.jpg

 27~28cmが5匹だけですが釣れました。

27_(10)_convert_20170802211758.jpg27_(11)_convert_20170802211824.jpg

 諏訪から来たという70歳過ぎだという2人連れに合い少し話をしました、小さなアマゴが邪魔して困ると怒っていました、たしかに稚魚の放流があったようですがなぜこの時期に放流するのか疑問ですね、禁漁になってからで良いと思うのですが、先日も釣り人が居ましたので車の中から少し見ていましたら、この12cm位のアマゴを釣ってはアユの舟に入れていました、そんな釣り人が悪いという前に放流方法に何か工夫が無いものかと思った次第です。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ