2018-10-13  出来事 

青ジソの実と玉虫色毛ばり

 地域によってはすでに遅いかもしれませんが、家の庭の隅に生えていた青ジソの実を採りました。
 沢山要るものではありませんが、塩や醤油で漬けておいても使えますし、良い香りがし料理にちょっと添えるだけで美味しいですよね。

93_(4)_convert_20181009103756.jpg

93_(2)_convert_20181009103715.jpg 今年は何故か虫があまり付かず良かったです、この位の物をしごき取ります、指がアクで真っ黒になりますので手袋が必要ですね。







93_(1)_convert_20181009103655.jpg 我が家では醤油漬けにしますが、作るのは隊長ですので作り方の画像は最近はやりの 「権利映像のためお見せ出来ません」 とか、本当は目分量でパッパッとやりますので、画像はは嫌いなのが本音のようですが、 最近、この 「権利映像・・・・・・」 とかいうのが多いですね、大阪なおみのテニス見たかったのに見れませんでしたね。

93_(3)_convert_20181009103736.jpg このように茶色くなっては遅いですね、庭にパラパラと蒔いておけば知らず知らず来年生えてきます、日陰でも育ちますので作ると言うほどの物ではないので楽です、もちろん大葉としても重宝します。








 玉虫色毛ばり

 私のブログは渓流釣り関係の記事の方がアクセスが多いようです、キノコの記事が続き少し飽きが来ましたので、以前書いておいた毛ばりの記事がありましたので載せます。
 玉虫色は、見方によって色が変わりますので、難しい外交にはいろいろに解釈できるこの玉虫色で決着する事が多いようです、しかし、不可逆的の言葉を入れてこれですべて解決としてみたものの、政権が代わればまたぶり返したり、泥棒に入って盗んだ物を、元は我家に有ったものだと言って返さない、そんなお国には玉虫色外交は駄目ですね、虫は虫でも無視外交が良いのではと思うのでありまシ。

 さて、本題のイワナの毛ばりにこの玉虫色を使って見ました、あまり使わず残っていた、ピーコックスウォード(ピーコックソード)です。

82_(1)_convert_20180907160550.jpg82_(2)_convert_20180907160605.jpg

 このピーコックソード残念ながら短く、これだけで胴の完成は無理ですので、ハールを継ぎ足します、#6/0のスレッドと縄状にして巻くと丈夫です。

82_(3)_convert_20180907160620.jpg82_(4)_convert_20180907160636.jpg

 写真では分かりにくいですが、雄キジの首の羽のハックルとともに青緑に光る胴が良い感じです。

82_(5)_convert_20180907160651.jpg

 爺さん毛ばりも年甲斐もなく色気が出てきましてね、赤に反応が良いと言う話もありますので、ヘッドも赤いスレッドを巻いて派手な事・・・・。

82_(7)_convert_20180908133330.jpg

 沢山になると何となく気持ち悪く見えますね、ハックルが長いのが爺さん毛ばりの特徴です、シーズンは終わりましたのにまた沢山在庫が出来てしまいました。

















ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-10-09  キノコ採り 

匂いマツタケ味シメジ

 近年はシメジが全く採れないと言う話をよく耳にします、したがって価格的にもマツタケより高価だとか、先日、昨年そのシメジに運よく出会った場所に行ってみる事にしました。
 そんなに長距離歩かなくても良い場所ですので、杖を突きながらぼつりぼつりと登ります。
 入って20mも登らないうちに、 アルじゃん!! 

92_(4)_convert_20181005185532.jpg

92_(3)_convert_20181005185513.jpg しかも群生しています、大きさも調度良いサイズ、何と言ってもこの瞬間がキノコ採りの醍醐味ですね。








 壊さないように慌てずきれいに採って感動の余韻に浸っていると、突然上の方で悲鳴とも思える隊長の声、 マ、マツタケだぁ~

92_(5)_convert_20181005185549.jpg

92_(6)_convert_20181005185605.jpg すぐに駆け付けるほど身軽では無くなってきていますが何とか写真が間に合いました、やはり女性はマツタケを見つけるのが上手いですね、本能か、それともいまだにこのカタチに思い出と憧れがあるのか。





 今日はキシメジが良く出ています、小さいのが多いのでこれからも採れるでしょう、虫の入る事の少ないキノコですので老菌になっても以外としっかりしています。

92_(1)_convert_20181005185438.jpg

92_(2)_convert_20181005185455.jpg あまり美味しいキノコではありませんが、全体的に黄色で傘の頂上部分がやや褐色がかっています、株状に生える事が少なくポツンポツンと生えていますので、周囲を良く探すのがコツです、開けた松林等が狙いどころでしょうか、やや苦みがありますので水にさらせば取れますが、私は茹でて塩蔵します。



 ハナイグチもありましたが、何故か近年出る量が少なくなった感じです、これはちょっと大きくなり過ぎです。

92_(7)_convert_20181005185620.jpg

92_(8)_convert_20181005185638.jpg 匂いマツタケ味シメジと言われますが、今日は双方採ることが出来ました、マツタケはいつも義兄から貰うのを「待つだけ」でしたが、隊長のおかげで自前で食べる事が出来ます、しばらくは自慢話に耐えねばなりませんがね。





 雑キノコの本日の収穫です、ハナイグチ、コムソウはもう遅いですね。

92_(9)_convert_20181005185654.jpg

92_(10)_convert_20181005185709.jpg 折れてしまったマツタケと小さなものをお吸い物で頂きました、3本ほど正月用に冷凍にするそうです、シメジはもちろんキノコご飯が最高ですが、少し多いので茹で汁と一緒にこれも冷凍保にするそうです。
 今日もお酒が美味しいですね。







そして別の日。

 前回、クリフーセンタケは遅かったと言う記事を書きましたが、その後再び入ってみましたら、なんと、沢山出ているではありませんか、座って採るとはこの事かいな!

92_(12)_convert_20181008074651.jpg

 いやはや驚きました、ちょっと大き過ぎの物もありましたがその割に傷んでおらず、欲深く車に何回も運んで家に帰ってからきれいにして漬けるまで2時間もかかってしまいました、これで一冬のキノコは十分です。

92_(13)_convert_20181008074712.jpg

















ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-10-06  キノコ採り 

クリフーセンタケは遅かった

 先日、腰の手術に向けて検査が必要との事で、予約してあった大学病院へ行きました、距離的には20キロ位の所ですが、ラッシュを見込んで7時に家を出ました、受付から様々な手続きを済ませていろいろな検査があります、検尿、採血、CT、レントゲン、心電図、肺活量、迷路のような検査室をアチコチ、とても病人の来るところでないですね、すべて終わって昼近くになってようやく担当医師と面談、ところが何という事ズラ! 手術するのは別病院だとの事、県内トップの名医に紹介しておきましたので、そちらの病院に予約して名医の指示に従ってくださいとの事です、データをすべてその病院に送るとの事。
 今日は、いよいよ手術の日程など決まるだろうと覚悟していたのに気持ちがプツンと切れてしまいました、こんな時は山に入って気分を落ち着かせようと、すでに1時過ぎでしたが隊長と近くの山へ行きました、山と川は私の鎮静剤です。

 歩けないのに口だけは元気です、隊長に次々と指示を出します、山に入れば隊長も一等兵も無いですね。
 今日はクリフーセンタケ(ニセアブラシメジ)狙いです、通常はこのキノコは松やクヌギなど雑木の混じった林に出るのですが、私はツガ林で見つけてからもっぱらそこを秘密の場所としています、

 これがクリフーセンタケです、まんじゅう形の淡い黄土色で土を盛り上げ群生します、次第に傘を開き傘の色も濃くなって10cm位にはなります、足は白くて長いですね、しかし、今年は少ない気がします。

91_(1)_convert_20181004101632.jpg
 
 この様な苔の中のは足が長くてきれいです、乾燥している山のは傷んだものが多くきれいな物が少ないです、それと傘が開くと毒キノコのカキシメジがよく似ていますので注意が必要です。

91_(2)_convert_20181004101648.jpg

 これはオオツガタケです、最近はこのキノコを狙う人も増えてなかなか採れませんが、このような藪の下に見つける事があります。

91_(3)_convert_20181004101705.jpg

 しっかりした大きくきれいなキノコです。

91_(4)_convert_20181004101723.jpg

 今日の収穫です、簡単に泥を落とし茹でて塩蔵します、その際ゴミは取れます、もっと小さめの物が良かったんですが、今年は良い時期を狙えませんでしたので質が落ちるのは仕方ないですね、下のオオツガタケはホイル焼きか、バター炒めかまたまた飲(い)っちゃいそうですね。

91_(5)_convert_20181004101739.jpg





ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-10-03  家庭菜園 

秋ナスは嫁に食わすな

 「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉を聞いたことはありませんか?
 この差別ともとれる言葉の本当の意味はいったい何でしょう。
 調べてみました、大きく分けて三つある様です。
① 秋ナスは美味しいので嫁にまで食わす事は無い・・・・・・姑の嫁いびり
② 秋ナスは体を冷やすので子供を産む嫁に食わしてはいけない・・・・・・嫁への思いやり
③ 秋ナスは種が少ないので子宝に恵まれない・・・・・・縁起かつぎ
 
 さて、皆さんはどれだと思いますか。

 9月の雨続きにはウンザリしましたが、水分を欲しがるナスには良かったようです。
 台風24号の接近で隊長が収穫してしまった後ですので、あまり付いていませんが未だに穫れます、とりわけ、丸ナスと長ナスが今年は良かったですね。

90_(4)_convert_20181001140252.jpg

 秋ナス用に木を復活するには、いつもの年では幹の周りにスコップを差し込み根切りをして、その差し込んだ隙間に追肥をする方法でしたが、今年は一度マルチの裾を上げて追肥をしました、それと一枝に2花だけ付けて上を止め、この二つを収穫したらその下で切り戻すという方法を繰り返してきました、一時的な収量は落ちますが、数本のナスを育てるならばこの方法は平均して収穫出来て便利です、その為か未だに花をつけ葉っぱも青々としています、霜の降りるまで楽しめそうですね。

90_(6)_convert_20181001140408.jpg90_(5)_convert_20181001140354.jpg

 このネギですが、昨年暮れに収穫し、冬用の野菜としてダンボールに入れて物置に保存しましたが、食べ切れず残ってしまったもので、半年近く水気の無い所に放置してあったものが果たして育つかと今年の春先植え付けてみたものです、ネギの生命力には驚きますね、立派に育ちました。
 30本以上はありますので、時々抜いては食べています。

90_(2)_convert_20181001140323.jpg90_(3)_convert_20181001140338.jpg

 今年のネギは、台風21号で折れてしまいやっと復活したと思ったら今回の24号でまたやられてしまいました、収獲は12月ですので十分回復するでしょう、ダイコンはあまり被害が無くて良かったです。

90_(1)_convert_20181001140309.jpg




ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-09-29  渓流釣り 

心残りの納竿

 不覚にも風邪をひいてしまいました、バカは風邪をひかないと言いますが、ありゃ嘘ですね。
 歩けないながらももう一回くらい釣りに行きたいと思っていましたが、残念! 今期の釣りは終わることにしました、主治医に抗生剤と痰の切れを良くする定番の薬を処方してもらい、おかげさまで少しは良くなりましたので、今日は釣り道具の片付けをしました。

89_(2)_convert_20180928092216.jpg 安いウェーダーも前回の釣行の後洗っておきましたので箱に入れて物置の天井裏へ。









89_(4)_convert_20180928092250.jpg ビクも傷んだところはありますので、冬にでも修理することにします。









89_(3)_convert_20180928092233.jpg タモも作りかけのもありますが、もう必要なくなるでしょうね、何しろ替え網も5,000円位しますので貧乏人には網を付けて完成することは出来ずに放置したままです。






89_(5)_convert_20180928092305.jpg ベストも洗濯して仕舞います。











89_(6)_convert_20180928092319.jpg 庭のアケビが大きくなってきました、小さなうちに数を制限するため摘果したら大きくなりましたね、私の握りこぶし位あります、もう少し紫色になるはずですが今年は雨降りばかり続くためでしょうか色が良くありません。

  沢のアケビは何に見て開く~山のマツタケ見て開く~ 


 そういえば、義兄も足腰が痛く山に行けないのか、いつも届くマツタケが届きません、いよいよ「待つだけ」も幻のキノコになりそうです。

89_(1)_convert_20180928092154.jpg 風邪の診察で主治医の所に行きましたら、8月に行った老人健診の結果が出ていました、こよなく愛する25度の蒸留水、肝機能を心配しましたがすべて合格でした。
 腰の手術も決断しました、10月3日には持病の心臓病がありますので、大学病院で腰の手術に耐えられるかどうか細かく検査し説明がある様です、少しでも歩けるようになるのならリスク覚悟で手術をしようかと思っていますが、憂鬱です。












ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
信州 に住む後期高齢者の老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン渓流釣り用品
下の[スポーツ ▼ ]をクリックすれば渓流釣りに関するいろいろなカテゴリの商品を見る事が出来ます
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ