2017-06-26  山菜採り 

山の幸

 山の幸と言えば、春は山菜、秋はキノコが代表的なものですが、木の実もあります、春は少ないですが私はキイチゴ、アオサンショウが春採る木の実でしょうか、採ると言っても山の中を探しながら歩くのではなく、あまり車の入らない沢沿いの林道などの道端で採るだけです、今日はいつもキノコ採りに入る山の林道に行ってきました。

13_(7)_convert_20170624164906.jpg 「止まって!」 助手席の隊長の号令に止まりますと、道端に黄色のキイチゴが沢山あります、キイチゴは「木苺」の事ですが、子供の頃は「黄イチゴ」だと思っていました、モミジイチゴが正式な名前のようですね。




13_(2)_convert_20170624145627.jpg

13_(1)_convert_20170624145603.jpg

 採る気になればいっぱいありますが20分も採ると嫌になってしまいます。
 ジャムにして貰いましたが、やはり木から落ちそうに熟れた物をその場で食べるのが一番美味しいですね。
 ジャムの作り方はブロ友のリコプテラさんのブログも参考にさせていただきました。

13_(5)_convert_20170624145708.jpg

 次はアオサンショウです、いわゆる山椒の若い実の事です。
 イチゴとはちょっと場所が違いますが、これも道端にありますので楽ですね、これこそ沢山は要りません。

13_(4)_convert_20170624145649.jpg

13_(3)_convert_20170624150043.jpg

 料理の事は全く分からないので記事には書けません、聞いて書けばいいと思うかも知れませんが、聞けばすぐアレが「ズ」に乗るから止めておきます。

13_(6)_convert_20170624145736.jpg

 そんなわけで今日も1日終わりました、最近一日が早いですね、先が短いから大切に使わないとバチが当たります。
 明日から朝食の際のヨーグルトにはこのジャムが添えられることでしょう。

 それにしても、私の子供の頃は山イチゴなどは、皆んな時期と場所を知っていてあっという間になくなったものですが、今は大人ですらあっても食べられることすら知りませんから驚きです、馬鹿げた戦争のおかげで、終戦時5歳の私は常に腹が減っており、山の物でも川の物でも食べる物の知識だけは付きました。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-06-24  渓流釣り 

残り物を狙ってみたが・・・・

 源流で自然の風景や鳥の鳴き声に癒されながら釣りをする、そんな釣りが最高ですが、一方で、魚を獲る為の釣りも釣りの原点であり、釣り人としてはこれも当然の釣りですよね。
 21日、久し振りの大雨です、野菜には恵みの雨ですし、釣り人にとっても大荒れは困りますがそこそこの雨を欲しい所でした、程よい濁りだとあまり歩かなくても釣れるんだがと思うと、雨降りと言えども虫が騒ぎます。
 すでに10時過ぎ、家からババの手を借りてウエーダーを履くが、無理な姿勢からか突然コムラ返りが発症、痛いです、ふくらはぎが上に固まっています、何とか納まり出発、「何かあっても知らないヨ!」 イヤな言葉だが慣れとは恐ろしいもので50年も経つと気にならなくなります。
 「お気を付けて行ってらっしゃい!」 一度でいいから聞いてみたい。
 目指すは6月初めに釣大会をやった残りを狙うのです。
 現場にトウチャコ、しかし、この濁りでは釣りになりません、堰堤の浅い所でも狙うしかないですね、水深一尺下の石がかすかに見えれば釣りになります。
 
11_(2)_convert_20170622053846.jpg11_(5)_convert_20170622053914.jpg

11_(1)_convert_20170622053945.jpg11_(3)_convert_20170622054014.jpg

 やっぱり楽して釣ろうと思うその根性がいけないのですね、粘る事1時間半、やっとこれだけ。

11_(4)_convert_20170622054041.jpg11_(6)_convert_20170622054103.jpg

 車の中でカップヌードルで昼食、ここはあきらめて源流へ入ります、この川は渓流に沿って林道が走っています、しかもガードレール付、老人ホームの手すりみたいなものです、道から竿を出せる場所もところどころあるのです、ご老体でも安心です、しかし、濁らないと絶対釣れない川でもあります。
 今日の濁りはちょっと薄すぎますが先程までの大雨で、魚の活性は上がっているはずです。

11_(10)_convert_20170622054154.jpg

 上からの投入ですので、トラブルが多く仕掛けの回収は20パーセント以下、安倍内閣の支持率より下です。

11_(7)_convert_20170622054220.jpg11_(8)_convert_20170622054246.jpg

 雨が止み、水が澄んでしまうと全く釣れなくなるのです、20センチ位の物数匹頂いて終了です。

11_(9)_convert_20170622054310.jpg11_(11)_convert_20170622054336.jpg

 こんな雨の日、このカメラは役に立ちますね、オリンパスTG-4です、今日は雨でびしょぬれ、しかも岸にいますので手も汚れ魚の臭いがひどいので帰ってから水洗いしました、シャワーがすきなんです。
 翌日、外部への接続部分やバッテリーの収納部分の蓋を開けて麺棒でさらに確認し、外部も柔らかい布で磨いて終わりです。

11_(13)_convert_20170622094022.jpg11_(12)_convert_20170622094045.jpg






クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-06-21  山菜採り 

ミズとイワナ

 ババの膝の調子があまり良くないので今年の山菜採りは控えていますが、釣りに出かけようとすると一緒に行くという・・・・、森林浴とかマイナスイオンとか言うのですッ。
 山菜があって、イワナが釣れて、そんなうまいわけにはいかないのに、魚はどこでも釣れると思っているから困りものです。
 水辺にある山菜、今日はババがその「ミズ」を採っている間にチョックラ釣りと言う計画です。
 この、ミズ(ウワバミソウ)はこちらではあまり食べる習慣がないし、小さなものは一面にありますが大きなものは少ないですね。
 秋田県の山菜として人気のあるミズのように、コブまで付くのはほとんどないですが、松本の姉の所では好きだと言うから採って行こうと思うのです。

 ちょっと早すぎますかな?

10_(9)_convert_20170619171241.jpg

 この川は急流で昔は荒れたのか堰堤が幾つもあります、高い堰堤ですので魚の上への移動は無理だと思いますが、大荒れの後などたまに大物も出る川です、岸にはフキやミズがありますが川に降りれば上がるのが苦労するため採る人はいないですね、今日は水が少ないです、釣れるのは小さなものばかり。
 18cm以上の物をから揚げ用に数匹釣って止めることにしました。

10_(1)_convert_20170619170947が.jpg10_(2)_convert_20170619171008.jpg


10_(4)_convert_20170619171051.jpg10_(7)_convert_20170619171159.jpg


10_(5)_convert_20170619171114.jpg10_(6)_convert_20170619171137.jpg

 岸に鳥の羽が散らばっています、何かに襲われ羽だけが残ったのでしょうか、よくある光景ですが、良く見ますと何とも言えない色のブルーがくっきりと縞にになっているカケスの羽です、テンカラ毛ばりを巻けばどんなになるのか、以前、1回だけ巻いて見ましたが1枚の羽だけでしたので部位が良くなくイマイチの出来でしたが、今回のは良いでしょう。

10_(8)_convert_20170619171220.jpg10_(11)_convert_20170619171322.jpg

 大きさも、毛ばりに巻ける大きさですね、いつか気分が乗ったら巻いてみます。

10_(15)_convert_20170619172808.jpg

 帰りに前回UPした大会の残りをやってみます、暑いし、車でババが待っていますし、風が強いので集中できず、1匹はバレてしまい戦意喪失、この1匹で止めました、もう一つの目的はテンカララインのテストです、昔から使っているサクラのマスターラインのレモンがもう市販されていないので、ナイロンのテーパーラインを使ってみました、しかし、慣れないためか組み糸の方が私には向いています。

10_(10)_convert_20170619171301.jpg

 本日の釣果? シオデは釣っている間にアノ人が採ったものです、ミズもフキもこれだけ持って行ってやれば十分でしょう。

10_(12)_convert_20170619171342.jpg10_(13)_convert_20170619171404.jpg10_(14)_convert_20170619171427.jpg

 尚、前回の記事、迷惑なアパートについて大勢の方から激励のお言葉やアドバイスを頂きありがとうございました、とりわけ公共建設事業にかかわる大阪の先生から適切なアドバイスを頂き、その事を胸に置きながら対応しましたところ態度が急変、何とか窓に完全な目隠しを付けさせる事とエアコン、ボイラーの排気音等につきましても、入居後の影響を引き続き考慮する事で話しがつきそうです、持つべきものは釣り好きのお仲間の皆さん、醍醐麻沙夫の名言に「魚を釣りたい一心が、魚以外の実に多くの物に私を逢わせてくれた」まさにその通りです、本当にありがとうございました。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-06-19  出来事 

久しぶりにキレました!

 隣の家の独り暮らしのおばあさんが施設に入り、空き家が長く続いていましたが、東京に住む息子が家を解体してアパートを建てました。
 とはいっても息子さんもここに住む気はないので、工事は大手住宅メーカーにそっくりお任せしたのか、境界の確認以外は顔を見せる事もなく、2月から始まった工事もようやくの完成です。

15_(5)_convert_20170514194303.jpg

 他人さまの土地、とやかく言う筋合いではないかもしれませんが、何とも非常識な間取りに私もキレてしまいました。
 4戸のアパートの北側の窓が私の居間の目の前に設置されたのです、私にとってはこの居間は日常の生活の中心でありこれでは家の中まで丸見えです。
 この写真の後、低いフェンスが設置されましたが何の役にも立ちません。

57_(1)_convert_20170524200524.jpg

3_(2)_convert_201706.jpg  さらには、4戸分のクーラーの室外機、ボイラーがすべて私の家に向けて排気される状態になってしまったのです。







3_(1)_convert_201706.jpg 工事の大将に話をしたら、アパート建設を委託されている担当者が来ました。








 「何かご迷惑がございましたでしょうか?」
 「いったいこの北側の窓は何ですか? 私の家の居間の前であることくらい分らないのですか、そもそも住宅密集地では北側の窓ははめ込み式の曇りガラスか小さな窓にして、北の家の迷惑にならないようにするのが常識ですよ! 嘘だと思ったら最近すぐそこに10戸ほどの住宅が建ちましたから、そんな家があるかどうか見てきたらどうですか?」
 「この部屋は寝室ですので開けないと思います」
 「なにっ! 開けないなら尚更こんな大きな窓は必要じゃないのではないですか! 見れば網戸まで付けてあると言う事は開けるのを前提にしているじゃないのかね」
 「・・・・・・・・」
 「それに個人の住宅と違って、不特定多数の人が入る営利目的のアパートを建てる場合は、近隣の皆さんの生活状況を良く調べ配置などを考慮して設計するのが当然ではないか、 机の上だけで考える設計士がやるからこのような事になるのだぞ! 東西の隣家は物置があるなど全く迷惑のかからない位置にあるのに、窓もボイラーも迷惑なものはすべて私の家の居間に向けて付けてある理由が分らない!」
 「ボイラーの排気口に上向きの金具を付けます」
 「窓は?」
 「かえって検討してみます」
 
 我が家は、先の短い老夫婦の2人暮らし、もう歳だから文句も言わないだろうと無視されたのかと思うと悔しくてね・・・・・。

 現役のころは長く監査部門を担当し、真っすぐな性格ゆえに筋が通って居ないと気に入らず、仕事が終わるとネクタイのまま川に直行、釣りで鎮静剤の代わりをした事もしばしばでしたが、久しぶりにキレてしまいました、脳の血管が切れなかったのは幸いです。

 仕方ないから居間の前にサンルームでも建てようか、それとも、今あるテラスを加工して目隠しを付ける事にしようか、年金暮らしにそんな大金は掛けられないし、葬式用の僅かな蓄えを取り崩すしかないですね。
 「お寺様! お布施が少ないとお思いでしたらDハウスを恨んでください、南無阿弥陀仏・・・」

 十日ほどしてようやく担当者が来ました、検討時間の長い事。
 結局は、下の階の窓だけ目隠しのルーバーを付けることになりましたが、さらに十日ほど経ちましたが未だに付けません、大手住宅メーカーまさか嘘は言わないと思いますが、4戸分のボイラーやクーラーの騒音と排気は泣き寝入りです。
 
 50年前は畑の中にポツンとあった我が家も今は住宅密集地、こんなはずではなかったのに、この一年間で私の家の周り50m範囲に20戸近く家が建ち空き地は全くなくなりました、暮らしにくくなってきましたね。
 
クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-06-17  家庭菜園 

長く収穫するために

 家庭菜園では、収穫したものを出荷するわけではないので一度に沢山穫れても困ります、私はキュウリ、モロコシ、キャベツ、レタス、モロッコ、など一度に播いたり植えたりせず、少し時期をずらせて長く収穫を楽しみます、トマトは挿し木で増やします。

 トマトの挿し木ですが、苗を購入し定植してしばらくたちますと脇芽が出てきます、この脇芽を挿し木して殖やすのです。
 脇芽7~8cmになったものを切り取り一晩水に浸けておきます、すぐやっても良いですが確実な方法です。

60_(4)_convert_201706.jpg60_(1)_convert_201706.jpg

 切れるカッターなどで斜めに切ります、斜めに切るのは切断面の表面積を広くするためですが、そんなに気を遣わなくても良く活着します、保水の良い用土に割りばしで穴を開けて差し込み、まわりをしっかり押さえて終了です、これで約2週間直射日光でない明るい所で管理します、ポットの底を見て白い根が見えてくれば挿し木は成功です。

60_(2)_convert_201706.jpg6_(2)_convert_20170611120025.jpg

 2週間経った状態です、環境に馴らすため日当たりのよい所でもう少し大きくさせます。
 
6_(1)_convert_201706.jpg

 あらかじめ作って置いたところに植えつけました、最初の物とこれだけ差がありますが、収穫時期がずれて調度良くなります。
 ネギは、昨年「永吉冬一本太」の種を播いて冬越しして、今年の春植えつけたものがこれだけになっています、手前の小さなものは今年になって種を播き植えつけた「松本一本ネギ」です、本来は昨年8月末に種播きして冬越しした苗を植えつけるものですが、年内の種播き苗で育つかどうか試してみます。

8_(1)_convert_201706.jpg8_(2)_convert_201706.jpg

 モロコシ第2弾です、第3弾まで時期を遅らせて播くつもりです。

8_(5)_convert_201706.jpg

 ジャガイモも順調に育っています、向こうのモロコシは専業農家の畑です。
 
 話は変わって、右は、我が家の居間の前ですが、隣にアパートが建ち、アパート側で堺のフェンスを新しくしましたので、一旦撤去したラズベリーを挿し木してこちら側に殖やそうとしているのです、二列に敷いてあった踏み石を一列取って玄関先(手前)に敷いてみました、もう一列取り除き奥の雨水タンクを移動すれば幅1.3m、長さ10mのちょっとした菜園が出来ますね、残念なことに4月から9月頃までしか日が当たりませんので、それでも育つとなるとやっぱりラズベリーでしょうかね。

8_(3)_convert_201706.jpg8_(4)_convert_201706.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村