2017-05-26  渓流釣り 

雨にも負けず

 久しぶりの雨降りです、夏の雨降りは餌釣りには好条件ですが、春先の雨はかえって水温が下がり良くないケースが多いものですが、このところの高温続きで果たしてどうなのか出かけてみました、午前中はババが車を使うとの事で午後の出発です。
 テンカラが肩に悪いのか最近痛みが増しています、今日は餌釣りだけにします。
 
 到着! さて川の濁り具合はどうか? 本流(本流と言っても木曽川からすれば支流)は全くアテが外れました、雨もその割合に降らず降ったり止んだりです、少し水量は多いですがこれでは駄目ですね。

61_(10)_convert_20170525192801.jpg

 それでも良型のアマゴ1匹、タモが28cmですから泣き尺と言ったところですか。

61_(7)_convert_20170525192832.jpg

 ここではイワナです、これも良型ですがこれっきり出ませんね。

61_(8)_convert_20170525193003.jpg61_(9)_convert_20170525193037.jpg

 2匹だけでも我が家のおかずには良いですが、せっかく来ましたのでちょっと小さな川に入ります、以前こんな川にも放流があった事がありますのでもしかしたら?

61_(4)_convert_20170525192901.jpg

 来ましたね! 放流のヤマトイワナです、おそらくGWに向けて下の橋から放流されたと思いますが、こんなところまで登っています。

61_(1)_convert_20170525193105.jpg61_(3)_convert_20170525193146.jpg

 こんな浅い所で、しかも短い距離ですがこれだけ釣れました、もっと大雨が降って濁りでも入れば爆釣間違いないですね。

61_(2)_convert_20170525193215.jpg61_(5)_convert_20170525193241.jpg

 木曽郡上松町出身力士の御嶽海の相撲が気になりますので早々に引き上げました、琴奨菊に勝ちましたね、今夜も美味しい酒が飲めました、勝って嬉しいといって飲み、負けて悔しいといって飲み、結局飲み続けるのです。




クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                  
2017-05-21  渓流釣り 

新緑の溪の釣りは楽しい

 18日、風もなく穏やかな日でしたので出かけました、今回は少し違う溪を狙います。
 ちょっと老人にはキツイかな? ゆっくり安全第一で進みます、美しい渓流ですね。

57_(10)_convポツリert_20170518160349.jpg

 餌は相変わらずミミズです、餌が何が良いか気にする釣り人が多いですが、私の持論は、餌によって錘とか流し方とか違いますし、川の状態でも違いますので、人のまねして餌だけ変えて釣れる釣れないを簡単に判断するのはいかがなものかと思います。
 確かにその時の環境で釣れる餌とかはあると思いますが、大釣果の餌が必ずしも次に良いとは言えない現実があるからです。
 この餌で釣れなければ今日は駄目だな! そんな余裕も必要ではないでしょうか。

57_(2)_convert_20170518160023.jpg57_(4)_convert_20170518160113.jpg

 若葉のこんな感じは好きです、今の時期だけの風景であり楽しみ方の一つですね。

57_(9)_convert_20170518160324.jpg
 
 ここは放流が無い場所ですので、前回のようには釣れませんが、これが普通でしょう。

57_(6)_convert_20170518160205.jpg57_(7)_convert_20170518160229.jpg

57_(5)_convert_20170518160136.jpg57_(8)_convert_20170518160256.jpg

 あまり奥に入りますと帰りが大変ですし、数匹釣ったところで止めて林道を車で下り、前回の下流の放流があったと思われる場所でテンカラ毛ばりのテストをしました、餌釣りの人が上流に見えましたから、多分その後だと思いますが、放流物は後でも構わないです、今回は逆さ毛バリです、ヤマドリのハックルにストリップドピーコックの胴です、私はどちらかと言うとタタキ釣りの様なテンカラですので、逆さ毛ばりは羽が傷みやすいので今までは使いませんでしたが、今回試してみます。

57_(12)_convert_20170518160603.jpg57_(13)_convert_20170518160625.jpg

 釣れるには釣れますが、羽の向きが逆ですので傷みやすいですね、胴も直接歯に当たりますので丈夫なものが良いです、3匹釣ったらストリップドピーコックではほつれてしまいました、予想していたことですので、これからの物は修正していきます。
 メスキジの大型ハックルはなんら問題なく使えます。

57_(14)_convert_20170518160658.jpg57_(15)_convert_20170518160719.jpg

 腕が痛くなりましたので釣りは止めて、川岸のウドを探します、本当は少し根の方を掘って切り取ってくるのが良いのですが、鎌を持っていないのでナイフで採りました、本格的には改めてウド採りに行きますのでこの位で十分です、サバ缶の水煮と一緒に入れた味噌汁は抜群の旨さですね、くれぐれもウドを沢山入れ過ぎないようにするのがコツです。

57_(16)_convert_20170518160740.jpg57_(17)_convert_20170518160802.jpg

 ではまた!

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-14  渓流釣り 

本当はゆっくり釣りたいのですが・・・

 腰は10分も歩くと痛くて歩けなくなりますし、肩の痛みは一番大変だった時よりいくらか楽になった感じですが、まだまだ車のハンドルを持つだけでも痛みが走ります、ある程度は歳のせいとあきらめていますが、寝ていて治るものではありませんので、無理?して釣りに行くのです。

 ところが、最近問題が起きてしまいました、あのババが春先膝を痛めてから運動をすべて止めていますので、釣りにでも何でも同行すると言うのです、狙いは山菜でしょうが正直そんなに採ってきても困るのです。
 本当は一人で静かに渓流の釣りを楽しみたいのですが・・・。

 ・・・・と言うわけで、今回もちゃっかり横に乗っています。

 先日、長靴でテンカラ毛ばりを試した場所、今日は本支度で臨みます、ババは林道を車で登り木陰に止めて車の中で本を読むという、本と言っても夏目漱石じゃなく週刊誌だし、きっと付近の山に山菜採りに入るに違いない。

 今日試す毛ばりは前回UPした同型の雄キジのウエットです、失敗作で売り物にならない格好悪いものですが、使ってみます。

 来ましたね、放流したものがまだ残っているのでしょうか次々と釣れます、テンカラは釣れ出すと勝負が早いですね。

53_(1)_convert_20170511163424.jpg53_(3)_convert_20170511163543.jpg

 今日は、長靴では無いので一旦道まで上がり上流に入ります、ここでも釣れますね、キジの黒毛ばりは良いみたいです。

53_(2)_convert_20170511163521.jpg53_(4)_convert_20170511163607.jpg

 しかし、残念ながらテンカラ竿を振り続けると肩が痛いです、10匹位釣れましたので、毛ばりの傷み具合も調べてみました、キジの羽は強いですね、胴のストリップドピーコックが少し傷んでいます、この辺が課題でしょうか、昔の人は木綿糸の胴に剣羽のハックル、頑丈な事も大切な要件だったのでしょうね、そんなわけで毛ばりのテストは終了し、餌釣りに変更しました。

53_(13)_convert_20170512111416.jpg53_(6)_convert_20170511163655.jpg

 餌釣りは、もちろん餌はミミズ、鍼は6号、糸は0.5号と「犬の卒倒」いわゆるワンパターンです、良く釣れますので、これではビクに入れ切れないと思いキープサイズを大きくします、昔でしたら袋に入れて持ち歩いたものですが、いまは沢山は要りません。

53_(7)_convert_20170511163719.jpg53_(12)_convert_20170512111353.jpg

 岸辺にワサビが花を咲かせています、大きすぎますが少し採っていきます、釣果の方はイワナだけですが、実際は25匹以上は釣れたと思いますが、大きめの物ばかりビクに入れた15匹位を持ち帰りました。

53_(8)_convert_20170511163743.jpg53_(9)_convert_20170511163810.jpg

 林道まで上がって、携帯でババを呼びます、相変わらずハイトップまでギヤを入れなくて轟音で走ってきます、我が車はマニュアルなのです、荷台を見ますとやっぱり本なんか読んでいなかったね! タラノメまで採ってあるわッ!

 源流の音を聞きながら昼食です、芽吹きのさわやかな空気が美味しいですね。
 
 無理はしません、半日くらいがご老体には調度良いのです、帰ってからの後片付けが大変ですからね。

53_(10)_convert_20170511163833.jpg53_(11)_convert_20170511163902.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-06  渓流釣り 

山菜採りと毛ばりテスト

 山菜は昨年より1週間位遅れている感じですが、あまり暖かい日が続きますのでババと出かけてみました。

 「隊長殿! お膝の具合はいかがでありますか? 自分が採りますので無理しないで頂きたいのでありましっ!」
 「・・・・・・」
 
50_(1)_convert_20170505162242.jpg50_(3)_convert_20170505162331.jpg

 ここはカメラのGPSで見ますと標高1,200m、コシアブラはまだ早いですね、シロバナエンレイソウがきれいです。

50_(4)_convert_20170505162352.jpg50_(2)_convert_20170505162306.jpg

 沢山採れましたので山から下って、ババがホップの芽を採っている間、毛ばりのテストの時間を1時間位頂きました、長年の経験からここは必ずイワナの放流がある場所と見当を付けました、放流場所が確定すればあまり移動しなくても釣れるはずです、長靴ですし・・・、
 毛ばりは前回、UPしたヘヤーズイヤーを使ったメスキジの毛ばりです、濡れるとこんな感じですが水中ではきれいに開きます。

50_(7)_convert_20170505162421.jpg

 来ましたね! 放流のヤマトイワナです、こうなると1か所で粘れば数匹は釣れるはずで、テストが出来ます。

50_(5)_convert_20170505162458.jpg

50_(8)_convert_20170505162522.jpg

 次に、ヘヤーズイヤーニンフでやってみました、これでも同じく釣れますね。

50_(10)_convert_20170505162548.jpg

 もう一度、メスキジのハックルの今度は大きめの物を試します。

50_(12)_convert_20170505162613.jpg

 羽の大きさはあまり関係ないようで、むしろ放流物には目立って良いのかも、これが最高に良かったです。

50_(14)_convert_20170505162637.jpg

50_(15)_convert_20170505162701.jpg

 道の上でクラクション、時間切れです、小型ですが11匹です、どの毛ばりも釣れますが、BHヘヤーズイヤーニンフの場合は少し掛かりが悪い感じですね、ガツンと来ますが掛からないのが2~3匹ありました、やはり胴が太いのが原因でしょう。

50_(16)_convert_20170505162725.jpg

 山菜も沢山採れました。

50_(17)_convert_20170505162750.jpg


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-04  渓流釣り 

老釣り師に驚き

 度々このブログに登場しているH氏、3月で85歳になりましたが、解禁初日は同行しましたが、3月半ばに足首が急に痛み動かなくなり緊急で整形外科を受診したとの事、電話での話ではもう釣りは出来ないだろうと言っていましたので、私もその後はあえて電話をしないようにしていたのですが、何と、5月2日、電話が来て、連休に向けて放流があったはずだから釣りに行こうというのです。
 連休に向けての放流は毎年ありますが、場所もわからないし大した放流ではないのでいつも行きませんでしたが、快気祝いを兼ねて連れて行ってやることにしました。
 もともと、私は、放流物などを大勢で競争するようにして釣る釣りは嫌いで避けていたのですが、今日は岸から長靴で釣るH氏の事を考え、そしてまた放流役員が放流しやすい場所など考慮し、この辺に放流があっただろうと車を止めて入ってみました。
 下流に一人釣り人が居て、上がってきましたので様子を聞きましたら、全く駄目だから止めるとの事、餌はイクラでしたが放流直後のアマゴはイクラでほとんど釣り切られてしまう位のエサなので、それで駄目だという事でしたので絶望的です。
 しかし、H氏は竿を出すだけで嬉しいと言います。

49_(1)_convert_20170502203452.jpg49_(9)_convert_20170502203800.jpg

 餌は、ミミズしか使わない私は錘を重くしてゆっくり流します、来ましたね! 比較的大きなアマゴです、銀色のウロコの取れる妙に朱点が鮮やかな放流モノです、この場所は放流があったのです。

49_(8)_convert_20170502203736.jpg

 こうなればしめたものです、ミミズでも十分釣れますね。

49_(2)_convert_20170502203514.jpg49_(3)_convert_20170502203538.jpg

 こんなところで10匹も釣れました、 H氏も5匹だとか85歳ですよ!
 実は今日は私の誕生日、喜寿になりました、老々釣行メデタシメデタシ!!!

49_(4)_convert_20170502203602.jpg49_(5)_convert_20170502203624.jpg

 遅くに出かけましたので、1時間も釣ったらもうお昼です、この位釣れれば十分ですので、源流の景色の良い所に移動しゆっくり昼食です、川の流れの音が心地良いです、良い季節になりました。
 釣りはこのような源流が私は好きですね、やっぱり竿を出してみたくなります、目の前のポイントにちょっと入れてみました、まだ、餌を十分にとっていないのでしょうか長さは十分ありますが痩せたイワナが釣れました、これではかわいそうです、もう少し太るまで待ちます。

49_(7)_convert_20170502203713.jpg49_(6)_convert_20170502203649.jpg

 帰りにもう一度午前中の所を釣って5匹追加、私はそんなに沢山要りませんのでH氏に分けてやりました、放流があったというのに釣り人2人しか会いませんでした、本流への放流は1~2日位で散ってしまい数釣りは難しいですね。

49_(10)_convert_20170502203827.jpg



クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村