2017-09-20  渓流釣り 

台風一過の釣り

 台風18号が、日本列島を縦断し、各地に被害をもたらしましたが、おかげさまで私の所は畑のまだ芽が出たばかりの小さなハクサイとダイコンが、強風にあおられ無残な姿になってしまった位で済みました、大きな被害に遭われた方からすればそんなのは被害のうちにはなりませんが、所々歯抜けの状態になってしまいましたがこのままで育ててみます。
 雨も降るには降りましたがそんなに大洪水にはなりませんでしたが、安全のため1日置いて19日釣りに出掛けてみました。
 ところが目指す川は濁りも無く少し水が多いくらいです、一番悪い状態ですね。
 先日、8匹ほど釣れたこの堰堤も沈黙!
 それでもと粘って1時間、この1匹だけでした。

47_(1)_convert_20170919182903.jpg47_(2)_convert_20170919182920.jpg

 源流に入るのも、この頃腰の具合も良くないので支流の支流小さな川ですが、遡上の時期だけ釣れた事があるのです。

47_(9)_convert_20170919183141.jpg47_(8)_convert_20170919183122.jpg

 いきなり来ました、尺にはちょっと届きませんでしたが、いかつい顔をしたオスアマゴです、いきなり白いものをぶっかけられました、往生際に一瞬の快楽は得られましたかな!

47_(4)_convert_20170919183000.jpg47_(5)_convert_20170919183018.jpg

 何とこんな小さな淵で5匹も釣れました。

47_(3)_convert_20170919182940.jpg47_(6)_convert_20170919183036.jpg

 こんな日は長くやっても無駄ですので、早々に退却しました。

47_(7)_convert_20170919183059.jpg47_(10)_convert_20170919183159.jpg


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-09-10  渓流釣り 

燻製用イワナ調達

 孫に野菜を送るのが趣味?のババが、いよいよ送る野菜も少なくなってきて張り合いがないようです。
 「イワナでも燻製にして送ったら」 と言う。
 「それじゃ釣りに行ってくるかッ」 仕方ないような顔をして心はウキウキ、釣り人は演技も必要なのです。
 そうと決まれば、今朝は朝ドラなんか見ていられない、心は漁師モードに切り替え済みですが、態度はいかにも面倒くさい顔をしていないとね、そうでないと 「釣りの時は腰が痛くないんだねっ!」 コレが来ます。

 「釣り竿は一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である。」と言う西洋のことわざがありますが、今日もその棒を持って出かけます。

 そんなわけで、まずは確実な所で堰堤へ、昨日の雨で水量が多いです、仕掛は例の金属糸で錘は4Bでしたが、3Bを2個追加。

42_(9)_convert_20170909105217.jpg42_(8)_convert_20170909105239.jpg

42_(2)_convert_20170909105257.jpg42_(3)_convert_20170909105315.jpg

42_(4)_convert_20170909105336.jpg42_(5)_convert_20170909105357.jpg

42_(6)_convert_20170909105415.jpg42_(7)_convert_20170909105435.jpg

 この堰堤だけでこれだけ釣れましたが、燻製にはちょっと大きすぎるのが混じっていますので次の堰堤へ。

42_(10)_convert_20170909105455.jpg42_(16)_convert_20170909105514.jpg

 ここも大きいですね、20cm前後が欲しいのですが、堰堤の釣りは時間ばかり掛かってしまいます、仕方なく秘蔵の源流へ行きましたら水が少ないですね、しかし、これだから釣り人が入らなくていいのです。

42_(15)_convert_20170909105536.jpg42_(11)_convert_20170909105554.jpg

 上に行くにしたがって勾配が急になりますので、岩の間にポイントが出来るのです。

42_(13)_convert_20170909105616.jpg42_(12)_convert_20170909105636.jpg

 この川、もう少し上りますと、砂防大堰堤となってしまいます、しかし、その手前のちょっとしたところに遡上してきたイワナが固まる場所があるのです、沢を釣り上がれば良いですが、腰に来ますので一旦林道に上がってその場所に直接入ります、水が少ないですが若干濁っています、山の高い所は雨かもしれません、この水量では期待できませんが、後は動画をご覧ください。



 今、源流岸にはこの花が盛んに咲いていますね、ツリフネソウです、この花を見ますと釣りも最終段階になった感じになりますね。
 今日は頑張りましたのでこれだけ釣れましたが、この中から20cm前後の物を燻製にします、燻製の記事は後日UPします。

42_(14)_convert_20170909105655.jpg42_(17)_convert_20170909105718.jpg



「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                  
2017-09-05  渓流釣り 

堰堤の釣り

 一週間位釣りから離れますと禁断症状が出てきます、中毒なんです。
 しかし、このところクマ情報が頻繁ですので源流に入るのはどうしても躊躇しますね、仕方ないので里川の堰堤を狙います、休み明けで釣り人はいませんでしたが、昨日の日曜日、入れ替わり立ち替わり入ったのか踏み跡が生々しいです。
 最近、大した雨も降らず、堰堤釣りは難しいだろ言うとは思いましたが、勝手知った堰堤、どこで根がかりが起きるか分かっていますので、金属糸で始めます、天井糸1号3m、水中糸0.1号(金属糸)1.5m、ハリス0.6号20cm、オモリ4Bです、大きな川ではないので5.3mの竿で十分です、これだと尺物は十分取り込めるはずですが・・・・・・。

40_(2)_convert_20170904155904.jpg

 やっぱり釣れませんね、20cm位が2匹、こう言う釣りは時間が経つのは早いです1時間も釣ってしまいました。

40_(1)_convert_20170904155841.jpg40_(3)_convert_20170904155922.jpg

 二番目の堰堤です、ここも金属糸で攻めます。

40_(7)_convert_20170904160037.jpg

 なかなか釣れず、駄目かなと思ったんですが、根がかり覚悟で白泡の中に入れてたっぷりと糸を緩めて徐々に引き上げてきますとコツンと来ます、金属糸はアタリが明確に出ます。

40_(4)_convert_20170904155940.jpg40_(5)_convert_20170904155958.jpg

 粘ってここで6匹、同じ姿勢ですので腰が痛いです。

40_(6)_convert_20170904160018.jpg40_(8)_convert_20170904160100.jpg

 第三の堰堤はコンクリの間を狙いますので仕掛けを短くして金属糸は使いません、根がかり覚悟の攻めになります。

40_(13)_convert_20170904160217.jpg

 幅広の良いアマゴが来ました、26cm位です、イワナも型は良いですが今日は尺は出ませんね。

40_(9)_convert_20170904160118.jpg40_(11)_convert_20170904160137.jpg

 石の奥に入れましたら来ましたね、例の鯉のぼり釣法です、手前に落として奥の方へ引き上げて緩めます、ミミズだからできます、昼近くなり腰も限界ですので止めにしました。

40_(12)_convert_20170904160156.jpg40_(14)_convert_20170904160235.jpg

 車で昼食、例によって1時間位ゆっくり休んで帰りますが、このミニスピーカー良いですね、車のCDより簡単に再生出来ますので重宝しています、薬も忘れず飲まねばなりません、大変なんです!!

40_(15)_convert_20170904160254.jpg40_(16)_convert_20170904160311.jpg



「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-08-27  渓流釣り 

テンカラオンリー

 今日は数は釣れなくてもテンカラだけで挑戦します、盆休みに向けて8月初めに若干の成魚放流があったみたいですが、もう3週間は経っていますので残っているかどうか、しかも放流場所が分かりません、漁協の役員さんが変われば放流場所も変わります、成魚放流は釣り客を呼ぶためのものでもありますので釣りやすい所が良いでしょう、しかし、稚魚放流などは増殖の意味もありますのでご苦労様でもこまめにお願いしたいものです、さて、今日は以前放流があったところなどいろいろ考えて多分アソコだろうと入ってみました、1匹でも釣れて放流モノのヤマトイワナであれば粘れば同じ場所で数釣れるはずです。

 毛ばりは以前UPした餌釣り用の鍼で作ったものです、ハックルはキジで胴は色を変えて3本ほど使いました。

34_(7)_convert_20170824163820.jpg34_(8)_convert_20170824163847.jpg

 来ましたね!やっぱり放流イワナです、尾びれを見ればすぐわかります、生けすで擦れて丸くなっています。

34_(6)_convert_20170824164143.jpg

 ハックルの毛足が長いですが何ら問題なく釣れますね、餌用の鍼だけあって掛かりが良く落とすことはありませんでした。

34_(3)_convert_20170824163917.jpg34_(4)_convert_20170824163953.jpg

 このヤマトイワナ、放流場所からほとんど移動しませんね、若干上流に移動するくらいです、しかし、大雨が降れば別問題ですが、行ったり来たりして釣ります、放流したイワナはこれが出来ますから年寄りには楽ですね。

34_(5)_convert_20170824164015.jpg34_(1)_convert_20170824164107.jpg

 ここだけでこれだけ釣れました、汗でレンズが曇りしかもピンボケです。

34_(10)_convert_20170824165400.jpg34_(11)_convert_20170824164214.jpg

 もう一か所、ここで釣れたなら多分あそこも放流しただろうと行きました、先ほどより急流になりますので上流から落とすように石の中に入れます。

34_(2)_convert_20170824164248.jpg34_(12)_convert_20170824164314.jpg

 ちょっとしたタルミは入れ替わり立ち替わり攻めてスレていますので、一発では出ませんね、虫が飛び交うように何回も振り込みます。

34_(18)_convert_20170824164348.jpg

 こんな場所は本当は餌の方が良いですね、テンカラはやっぱり肩に来ます、それでもこれだけ追加できましたので止めにしました。

34_(19)_convert_20170824165433.jpg34_(13)_convert_20170824164421.jpg

  日陰になるところに車を止めて昼食です、きれいな花が咲いていますね、ギボウシです。
 二度クリックして拡大して見て頂ければさらに美しいですよ!

34_(14)_convert_20170824.jpg

 ツユクサ。

34_(17)_convert_20170824.jpg

ゲンノショウコ白。

34_(15)_convert_20170824.jpg

ゲンノショウコ赤。

34_(16)_convert_20170824.jpg

 これからは、遡上が始まり大きな淵にたまりやすくなってきます、大物も狙えますので大雨でも降ったらそれを狙って出かけるのも良いですね。


「拍手」はコメントも出来ます
「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです

                                                
2017-08-19  渓流釣り 

イワナが食べた~い!

 先日、姉の所に行ったら、姪(長兄の二女)が来ていて 「おじちゃん!イワナ釣りまだやっているの?」 「以前もらって焼いて食べたイワナ、おいしかったぁ~」 と言う、釣った魚も家に持ち帰ればあまりいい顔されないし、私自身もあまり好きではないのですが、 「おじちゃん美味しかった」 この言葉って効きますね。

 この頃、完全にズクが抜けて釣りに行く気もしないし、売れない毛ばりをあれこれと屁理屈を並べて巻くのもむなしくなって止めていますし、断捨離作業もどっちでもいいような気にもなってきて、気の抜けたビール状態でした。

 しかし、姪のこの一言で単純なおじちゃんは、さっそくいそいそと仕度をして出かけるのです、よしっ!釣ってきて届けてやろうと。
 この頃、クマに襲われたニュースが多いので、くもの巣を我慢して里川です。
 霧雨が降っていますが、カッパを着るほどでもなさそうです。

30_(6)_convert_201708.jpg

 何か忘れたと思ったら手袋です、今日はキャッチ必須なのにね・・・、あまり大きくはないですが、ポツリポツリと釣れます。

30_(1)_convert_201708.jpg30_(2)_convert_201708.jpg

30_(5)_convert_201708.jpg30_(3)_convert_201708.jpg

 素手だとどうもつかみそこなって困ります、車に戻ってタモを持ってきました、最近は岸に落ちてしまえばそれきりです、腰が曲がらず拾えないのです、ヘタすれば川の中へ頭から・・・てなことになりそうですのでね、それにしても岸に落ちた魚ってなぜ川の方向が分るんでしょうね、傾斜がある為か川の音が分るのか匂いで分るのか、川から2m位離れていても跳ねてちゃんと川に戻ります。

30_(4)_convert_201708.jpg30_(7)_convert_201708.jpg

 10匹位は持って行ってやろうと思います、この位で良いでしょう。

30_(9)_convert_201708.jpg30_(8)_convert_201708.jpg

 せっかく来ましたので、テンカラもやってみました、ここは開けた場所でよく放流のある場所でもありますし、岸から釣れますので楽ですね。
 放流があったとすれば、入れ替わり立ち替わり釣り人が攻めた後ですので、手前の岸辺の草すれすれを沈めて狙います。

30_(17)_convert_201708.jpg

 釣れましたね、毛ばりの場合勝負が早いですね、釣れるべきものは続いて釣れます。

30_(10)_convert_201708.jpg30_(12)_convert_201708.jpg

30_(13)_convert_201708.jpg30_(16)_convert_201708.jpg

 この場所は安全ですので、子供たちもやってきました、まだ夏休みだろうか、これだけ追加すれば十分ですので止めです。

30_(15)_convert_2017081.jpg30_(18)_convert_201708.jpg

30_(21)_convert_201708.jpg 毛ばりはビーズヘッドのウエットです、ハックルの大きな爺さん毛ばりと、先日UPしたエサ鍼に巻いたのも試してみました、どちらが良いかと言う事は非常に難しい事で、私は釣れればその毛バリは良いという判断です、どちらでも釣れました。







クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。