2018-07-11  渓流釣り 

大雨の後の釣り

 西日本を中心に近年まれな大雨が降りました、残念ながら尊い命を落とされた方のご冥福をお祈り申し上げますと同時に被害に遭われた方々のお見舞いを申し上げます。
 こんな大きな災害があった後で不謹慎かもしれませんが、釣り人としてはホームの川が気になるものです、大雨から3日ほど経ったのでミミズを持ってちょっと様子を見に行こうと思いましたら、まだ危ないからと隊長が猛反対です、結局は隊長の付き添いで出掛ける事になりました、早い話が自分も行きたいだけの事です。

 目指す里川はまだ水量が多いです、かすかに濁りも在ります、川岸の草を見れば大荒れであった事がうかがえます、こんな時は魚の避難していた緩い脇の岩すれすれがねらい目ですね、ハリス0.5号、オモリ4B、ミミズですのでゆっくり流します。

61_(4)_convert_20180710194357.jpg

 良型のイワナが釣れます、ここだけで5匹、竿の白い刻みが20cmですから22~23cm位でしょうか。

61_(2)_convert_20180710194325.jpg61_(3)_convert_20180710194342.jpg

 隊長がもうこれだけ釣れれば十分だから山の方に行きたいと言い出しました、狙いはシオデ採りと山歩きでしょう、しかし、目指す源流はこの通りとても入ることは出来ません。

61_(7)_convert_20180710194448.jpg

 別の川に行きました、この位なら何とか釣りになります。

61_(10)_convert_20180710194557.jpg61_(9)_convert_20180710194542.jpg

 滅多に釣れないアマゴも釣れました、活性は良いようです、それなら少し沢山釣って燻製にでもしようかと欲が出ます。

61_(5)_convert_20180710194412.jpg61_(6)_convert_20180710194432.jpg

 川からこんなものが流れついてきました、青大将ですかね、泳ぎ着いた目の前に私が居ましたので口を開けて威嚇しましたが私は釣りに専念、ビクが一杯になりましたので、携帯で隊長を呼び私もシオデを探す事に、シオデも終わり近くなりあまり太いものはありませんが、他の草の中からこんな感じで伸びています。

61_(1)_convert_20180710194310.jpg61_(8)_convert_20180710194526.jpg

 右の魚は燻製にします、小さなものは唐揚げ用にしますが小さいと言っても18cm以上、わたしの手で親指と中指を広げたのが18cmです、自分なりにキープサイズと決めています、シオデも隊長がこれだけ採りました、もう最終時期ですので少し髭が邪魔になりますが少し長めに茹でればまだまだ美味しく頂けます。
 
61_(12)_convert_20180710194630.jpg61_(11)_convert_20180710194613.jpg

 大きめのイワナの塩焼きとシオデのおひたしで隊長と缶ビールを一本づつ、さらに私は焼酎のロックへと続きます、郷土出身力士御嶽海が3連勝、錦織も勝ち、山雅はJ2トップに、巨人も勝って今日も良い1日でした。






ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-06-22  渓流釣り 

久しぶりの餌釣り

 雨降りです、梅雨と言うのに川は渇水状態でしたがこの雨で少しは回復するでしょう。
 このところテンカラの毛ばりの試験的な釣りが多かったんですが、たまにはイワナの塩焼きでも食べようかと雨降りの中出掛けてみました、6月頃になりますとイワナも身がしまって美味しくなりますね、9月に入りますと今度は卵を持って味が落ちます。
 さて、釣りですが途中からどしゃ降りになって目指す源流はこの通り、写真では幾分薄い様に見えますが黒濁りと言う感じです、仕方なくこの沢は断念。

55_(1)_convert_20180620162311.jpg

 少し大きい里川に行きました、濁りはありますがこの位だと大丈夫ですね、雨は降り続いています、カメラもびしょ濡れです。

55_(5)_convert_20180620162507.jpg

 22~3センチの物が良く釣れます、イワナの斑点もきれいですね。

55_(6)_convert_20180620162525.jpg55_(7)_convert_20180620162542.jpg

 腰に良くないと厚着をして出かけてきましたが、雨が降り続いていると冷えてきますね、10匹位は釣れましたので止めにしました、ゴアテックスのカッパって押さえつけた部分は浸みてきますね、ビクを肩掛けしていますのでその部分が駄目でした、昔の糸入りナイロンカッパが懐かしいです、早々に引き上げました。

55_(8)_convert_20180620162559.jpg55_(9)_convert_20180620162617.jpg

 今日の反省点はミミズが小さ過ぎました、このような濁りの時は7~8cm位の大きさの物が欲しいですね、ミミズは家で飼育していますが、最近みんな小さくなってしまいました、時期的な事もあるかも知れませんが畑などに穴を掘って残飯など捨てているところのミミズは大きいのに何故でしょうね、ただ、野菜やジャガイモなど茹でたものを与えたら、腐敗も早くなりミミズが沢山群がっていましたからその辺にヒントがあるかもしれませんね。






ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-06-12  渓流釣り 

幻の山菜とタタキ釣り

 この時期になると必ずUP するブログ記事に、幻の山菜と言われるシオデがあります、山のアスパラガスと言われるくらい美味しい山菜ですが一面に生えているのではなく、山際の土手などの大きくなった雑草の中にニョキッと出ています、草丈は1m位になるでしょうか、出始めの頃はこげ茶色、次第に緑色に変わっていきます、今回も遊び半分で隊長と出掛けてみました。
 まだ出始めで太くて美味しいものが採れます、左の写真は私と同じピンボケ、右は穂の部分の拡大です。

53_(1)_convert_20180611190155.jpg53_(3)_convert_20180611190355.jpg

 本日の収穫はこれだけ、少ないけどとても貴重なんですよ! 夕飯は茹でてマヨネーズで頂きました、極楽極楽!!

53_(4)_convert_20180611190241.jpg53_(2)_convert_20180611190305.jpg

 もう一つ幻の物があります、古老から教わり、私は十歳年上の亡き兄から教わった毛ばりのタタキ釣りです、テンカラの先生や名人と言われる人たちから見ればこの乱暴な釣りに眉をひそめるでしょうが、何と言われようと私にはテンカラとはこう言うものだと60年以上も前から思っていて、あと何回も釣りに出掛けられない歳になった今、恥を忍んであえて公開します。
 難しい事は分かりませんが、兄曰く、天から虫が落ちてきたように魚に印象付ける事が大事だと・・・、まさに天からです。
 餌釣りの釣り人でもミミズが、ブドー虫がさらにはイクラが空から落ちてくるはずは無いのに落とした瞬間魚が飛びつく経験はあると思います。

 動画と言っても、山菜採りの合間にちょっとやってみただけです、超源流の方が分かりやすいので隊長を車に残し少しだけやってみました、川は異常なくらいの渇水状態です、魚は瀬には出ていませんので少し深い所は執拗な位粘ります、テンカラ竿3.6m、ライン1m、ハリス50cm、毛ばりは爺さん毛ばり、長いラインは振れない環境にあります。
 当時、風が強く必要以上に強くタタキました。
 動画は左手にデジカメ、右手に竿ですので取り込みの状況は写せません、魚のサイズは18cm前後で大きくないですが、方法だけ分かれば良いと思って釣ってみました。







ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-06-09  渓流釣り 

裏切り者

 6月2日~3日と木曽川源流の藪原で「やぶはら高原渓流釣り大会」 詳細 が行われました、木曽川漁協管内ですので大会が終われば一般の釣り客も釣ることが出来ます、もちろん木曽川の遊漁券は必要ですが・・・、大会から2日経ちましたが少し位残っているのではないかと行ってきました。

51_(1)_convert_20180605160100.jpg

 もちろんテンカラです、今回は天然物のイワナにはすこぶる反応が良かったレネゲイド風の毛ばりを使ってみました、ところが全く反応がないのです、魚がもう残っていないのかと思いながらも念の為、爺さん毛ばりのビーズヘッド使用の物に変えてみました、すると、突然に釣れ出したのです。
 毛ばりが川とか時間的に合うとか合わないとかいうほど経験も知識もないし、毛ばりは何でも良いと言い続けてきた手前ショックでした。
 レネゲイドとは、裏切り者の異名を持つフライです、 マ ・サ ・カ?

51_(3)_convert_20180605160135.jpg

 今日は遅くに行きましたが数人の釣り人が見えましたね、ルアーの大将は20匹ほど釣ったとか言っていました、餌釣りの人もいましたが皆さん良く釣れたと言っていましたがニジマスが釣れて困るぼやいていました、大会ではニジマス、タナビラ(アマゴ)、イワナを放流したようで、大物を競う釣りではなかったみたいですね、私のテンカラには何故かイワナばかりです。
 何時も思いますが、こういう大会の残り物をテンカラで狙えば比較的大きいものが釣れるものですね。

51_(2)_convert_20180605160117.jpg

 しかし、レネゲイド風毛ばり、今年のヒット毛ばりと期待が大きかっただけに少し残念ですが、たまたま場所が悪かったのか毛ばりが合わなかったのか解りませんが、期待した毛ばりだっただけに、レネゲイド、まさに裏切られた気持ちでしたね。
 今回は下の写真の毛ばりでほとんど釣れました。

51_(5)_convert_20180606153349.jpg

 私は腰が痛いので休み休みの釣りでしたが、これだけ釣れれば十分です。

51_(6)_convert_20180606153412.jpg




ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-05-31  渓流釣り 

ながら釣行再開

 また、山菜採りをしながらの釣りです、隊長はキャラブキとミズ(ウワバミソウ)が目的のようです。
 先日の単独釣行で大分腰も痛めてしばらくは休養したいのですが、近い将来介護してもらう身としては逆らえませんしね。

 今回は、木曽路を少し遠くまで南下、目的の源流は20年以上前に砂防ダムが出来て渓流が分断されてしまい、その上流に残ったイワナが育っていることは確認済みでしたが、ちょっと遠いのでしばらくは行っていませんのでそこに行くことにしました。
 その沢岸にはミズやフキもあるはずです、上流を横切る林道を最終場所としてそこに車を置き、300mほど沢沿いの細い道を下り釣り上がる事にします、隊長は川に沿って付近を山菜を採りながら最終地点の林道で落ち合う約束です。

47_(5)_convert_201805.jpg

 釣れました、昔からのイワナです、放流が全くない川ですが砂防堰堤からその上流の砂防堰堤まで1キロ足らずの区間ですが元気に育っています、さらにその堰堤の上にも個人的に放流してありますので5年ほど前ですか様子を見に行こうとしましたら、堰堤の上にズラリとサルが並んでいて逃げようともしません、サルといえども逃げない場合は怖いものです、今回は堰堤を迂回してまで上流に入るだけの体力が無いので諦めました、少し気になるのは踏み跡があることですがもしかしたらタラノ芽採りかもしれませんが。

47_(1)_convert_201805.jpg47_(2)_convert_201805.jpg

 小さなイワナが多く釣れますがたまに型の良いのも釣れます、魚影は濃いですね。

47_(3)_convert_201805.jpg47_(6)_convert_201805.jpg

 尺物も釣れました、約33cm位でしょうか、前回と同じやせ細っています、浅瀬に寄せて岸に手でほうり上げました、竿が心配でしたが大丈夫でした、まだこちらでは大イワナは餌不足のためか完全な姿に復活していないようですね、この川の主でしょうから撮影だけしてお帰り頂きました。
 
47_(4)_convert_201805.jpg47_(11)_convert_201805.jpg

 大イワナの鼻先は傷ついています、尾びれも擦り切れています、砂防ダムが必要な位の沢ですから大雨が降れば荒れる川なんでしょうね。

47_(8)_convert_201805.jpg47_(12)_convert_201805.jpg

 本日は大きめの物だけこれだけ頂いて松本の姉のところに山菜と一緒に届けます、こんな山菜でも姉のところは都会?ですので近所では珍しがるようですね。

47_(9)_convert_201805.jpg47_(10)_convert_201805.jpg


 
 


ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
信州 に住む後期高齢者の老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾンお買い得商品
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ