2017-07-23  釣り道具 

ちょっとした工夫

 釣りでなくてはならないものは竿ですが、種類も価格的にピンからキリまであります、源流の釣りが多い私はどちらかと言いますとノーマルなものが好きですね、源流でも小さな藪沢は穂先より4~5番くらいまではしっかり伸ばして使いますが、後は軽く伸ばして使います、理由は掛かった時、竿をたたみながら取り込む事があるからです。
 そんな理由もあって源流では竿の伸縮が多く、長く使いますと接続部分の摩耗が生じ、繋ぎ部分のスッポヌケが発生します。
 
 雨の日に多い竿の固着についてはブロ友の山女魚さんから教わった接続部分にロウソクのロウを塗るというものです、この、ロウを塗る方法については固着以外にもこんなメリットがあるような気がします。
 私の現在使っている竿は、シマノ「鎧峰」ですが、もう数年になりますし年間20回位は釣りに出かけますが未だに現役です、買った当初は少し重い感じはしたのですが、頑丈な所に魅かれて購入しました、しかし、さすがに長く使いますと、太い方のスッポヌケが多くなり、その対応策として私は車の塗装の補修に使うタッチアップペンを使っていましたが、これは速乾性で良いのですが、しばらく使いますとやはりすり減ってきます。
 ところが、使用後洗って乾いてからこのロウを度々塗ることで、スッポヌケが無くなった気がします、摩擦が少なくなるためでしょうか、確証はありませんが、今年はこの方法で大分助かっています。
 
18_(1)_convert_20170708133936.jpg18_(3)_convert_20170708134022.jpg

 ケーキに付いてくるロウソクです、そして車の傷の補修に使うタッチアップペンです。

18_(4)_convert_20170708134045.jpg18_(5)_convert_20170722104258.jpg

 以上、私のちょっとした工夫をご紹介しました、確実な方法では無いかもしれませんので、同じようにおやりになる場合は自己責任でお願いします。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-03-20  釣り道具 

またまたタモ作り

 以前作った渓流タモの枠が幾つもありますので、釣具店で売ってもらおうとしましたが1本しか売れませんでした。
 たしかに、替え網を付けるとなると枠の他に4~5千円もかかりますので、市販の便利なタモの方が良いと言う訳です。

 自然木のタモは、自分で手作りして楽しむのが良いですね、そんなこともあって、もうタモ作りは止めようと思っていましたが、取ってきたカヤの木が2本残っています、捨てようかと思いましたが、肩の為にも少しは手も動かした方が良いかとリハビリを兼ねてまた始めました。
 作り方は以前と変わってはいませんが、今までは自然木風に作っていましたが、整った形の物もどうだろうと挑戦してみました。
 作り方は何回となくUPしてありますので詳しく知りたい方はこちらで見てください。

 今回は少し整った形と言う事ですが、自然の木から作るものですから、そう簡単な訳にはいきません、この原木を使います、取って来たとき簡単に曲げて置いたものです。

27_(1)_convert_20170312182232.jpg27_(2)_convert_20170312182256.jpg

 失敗すると今までの苦労が水の泡になりますので、一か所を完全に仕上げず見通しがたったら次の工程に移るのがポイントです、はやる気持ちは分りますがじっくりやるのが良いですね。

27_(4)_convert_20170312182337.jpg27_(3)_convert_20170312182316.jpg

 28cmのタモを作ります、28cm×3.14÷2=+繋ぎ部分2.5cm・・・・片方約47cmでカット、これでいよいよ頂点で接着の作業です、タモ作りの最大の難関ですね、接着し易いように曲げていきますが、私はこのような道具を使います。

27_(5)_convert_20170312182357.jpg27_(6)_convert_20170312182422.jpg

 やかんの蒸気で曲げますが、手でやりますとやけどの恐れがありますので、このような道具を作っておくと便利ですね、やかんの口を少し潰して小さくしておくと局所の曲げに好都合です。

27_(7)_convert_20170312182441.jpg27_(8)_convert_20170312182501.jpg

 互いの枝を斜めに切って接着の部分は5cmです、2液性の接着剤を使いました、木工用瞬間接着剤でも良いです、硬いもので押さえるよりゴム紐で縛るのが一番いいです、何重にも巻く事ですごい力で抑えることになります。
 
27_(9)_convert_20170312182520.jpg27_(10)_convert_20170312182540.jpg

 柄を完全に仕上げる前に石突きを付けます、今回は以前使った余りの鹿の角を使い腰のベルトに差し込みやすくします、角に穴を開け接着剤を入れてボルトをねじりこみます。

27_(11)_convert_20170312182559.jpg27_(12)_convert_20170312182618.jpg

 2日間くらい放置し完全に固定しましたら、ボルトの笠をカットして今度はタモの柄の方に接着します、方法は同じです、角と柄との接合部分をキチンとするために柄の方は完全に仕上げておかず太めにしておくのがポイントです、接着剤が完全に硬化したら柄の方も削って整えます。
 
27_(13)_convert_20170312182640.jpg27_(18)_convert_20170318090248.jpg

 粗削りですがこんな感じになりました、まだまだ修正しなければならないところが沢山あります。
 ところが、何故か急に嫌になってしまいました、この歳になって先が短いのにこんな物作ったって無駄骨じゃぁないかなどと思うようになったのです、この傾向は最近特にひどいです、ブログにしても気合が入らないと言いますか面倒といいますか、ウツってヤツですかな?
 そういう訳で、今回はこの辺で止めます、高い金を出してウルシまで塗ることも無いしね、気が向いたら始めます。

27_(19)_convert_20170318090318.jpg

 何気ない花でも良く見るときれいですね、オオイヌノフグリとフクジュソウです。
 「オオイヌノフグリ」 かわいい花なのに何故こんな名前が付いたのでしょう、直訳しますと「大犬の陰嚢」 と言う事になりますが・・・・、かわいそうですね。

27_(15)_convert_20170316142238.jpg27_(16)_convert_20170316142259.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ますし、見る事も出来ます

                                                
2017-02-09  釣り道具 

代用品

 テンカラ毛ばりしか巻かない私は、タイイングツールもごく限られた物しかありません、確かに便利なものが沢山市販されておりますので、すべての道具を揃えるのも一つの方法ですが、お金のある方はその方が手っ取り早いですね。
 さて、毛ばりの胴に巻くダビング材はスレッドに「より付け」て巻くのが一般的ですが、なかなかうまく「より付け」が出来ないものです、とくにゼンマイの綿毛は面倒ですね。
 フライのタイイングにはダビングワックスと言う便利なものがある様ですが、それに代わるものがないかといろいろ試して見たことがあります、ワセリン、リップクリーム、木工ボンド、ローソクなどでもやってみましたが、最終的にはヘヤ-ワックスと言う物を百均で見つけました、まあ、ヘヤークリームですね、髪形を格好良くするためのワックスです、専門の物は使ったことが無いのでわかりませんが、こんなものだろうと以前から使っています、ゼンマイの綿毛でやってみます。

11_(2)_convert_20170125194957.jpg11_(3)_convert_20170125195022.jpg

 ほんの少しだけ取ってスレッドに薄く塗り、ゼンマイを少ずつ「より付け」ますが、よるのは時計と反対回り、いわゆる人差し指と親指でより付ける場合は親指を引くより付け方です、これって、もしかしたら糸のより方によって違うのかもしれませんのでどちらが良いか試したほうが良いかもしれません。

11_(7)_convert_20170125195051.jpg11_(8)_convert_20170125195115.jpg

 こんな感じに出来上がりました。

11_(9)_convert_201701.jpg

 ほかのダビング材も使ってみます、うまく巻き付きます。

11_(10)_convert_20170125195158.jpg11_(11)_convert_20170125195218.jpg

 完成です。

11_(12)_convert_201701.jpg

 なんと貧乏臭い記事ですこと!

 今まで、代用品の記事を沢山UPしてあります、すべて便利な物とは言えませんが、さらに自分で考えて改良するのも面白いものです。

ハーフヒッチャー・・・・こちら   ボビンホルダー・・・・こちら   フィニッシャー・・・・こちら   ニードル・・・・こちら   毛ばりケース・・・・こちら   ストリップドピーコック・・・・こちら   ハックルの染め方・・・・こちら   ゴム引き錘り・・・・こちら   鍼はずし・・・・こちら    渓流タモ・・・・こちら   毛ばりケース・・・・こちら   渓流ビク・・・・こちら   仕掛け巻き・・・・こちら  オモリ入れ・・・・こちら  鹿の角のナタの柄・・・・こちら  腹出しナイフ・・・・こちら    まだ他にあると思いますが忘れてしまいました。

 テンカラの場合、フライのようにいろいろ毛ばりを沢山使い分ける必要はないように思います、天から落ちてきた虫をイメージして流すため距離も短いので、必ずしもそっくりでなくても良いと思いますし、「毛ばりは何でも良い」 と言い切るテンカラ師もいます、これが絶対だという毛ばりは私も無いと思っています、「じやぁ~なぜそんなにいろいろな毛ばりを巻くんですか?」 こんな質問が来そうですが、私の場合ほんの少しですが店に並べてもらっている関係や、いろいろな毛ばりを巻いて楽しんでいるのです、テンカラを始めたい人は、自分が満足する 「マイ毛ばり」 を巻くのが一番だと思います、簡単な道具で工夫して巻いてみてはいかがでしょうか。





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
2017-02-05  釣り道具 

ナノスムースコート

 私の渓流餌釣りの鍼は、KATSUICHIの「やまめ半スレ一番ヒネリ」6号で、ほとんど年間を通しています、餌はミミズしか使いませんのでヒネリが入った物の方が良いような気がしますし、この6号で尺物も十分上がるからです。
 実際に、鍼の大きさをいろいろ持っていても、現場ではなかなか取り替えるズクもないものです。

 解禁が近づき、仕掛けなど作ろうとしましたところ鍼の在庫が少なくなっていました、購入しようとネットショップで調べていましたら、がまかつの「ナノアマゴ」なる鍼が目にとまりました。

 ナノとは、ナノスムースコートといういわゆるフッ素加工をし、鍼の刺さる時の摩擦による抵抗を抑える為の加工を施した物のようですね、半スレでありヒネリがあるとのことですので試験的に使ってみることにしました。

 下右の写真の鍼は、左が、KATSUICHIの「やまめ半スレ一番ヒネリ」6号です、この鍼は長く使いましたが良かったですね、今回は、少し浮気をしてみます、ご覧のようにカツイチのは針先が少しネムリがありますが、右のナノアマゴの鍼先は真っすぐ伸びていていかにも掛かりが良いように見えます、心配なのは根がかりでしょうか、ヒネリはカツイチの方が強いです、太さはナノアマゴはやはり刺りを重視した細身です、さて、実際に使ってどうなんでしょうか楽しみです。

13_(7)_convert_20170204131513.jpg13_(6)_convert_20170204131453.jpg

 在庫の鍼がまだありますので、仕掛け作りを始めました、ハリスはすべて1.2mで上部はダブルチチワです、超源流はそのまま穂先の蛇口へ、川に応じて1m、2m、3mの天井糸を用意してあります、天井糸の先端にはリリアンを付けてありますので、そこへハリスを付けるだけです、アユのように天井糸の長さを調節する仕掛けも作ったことがありますが、トラブルの多い源流ではシンプルな物の方が良いですね。
 仕掛け巻はこちらに以前UPしてあります。

13_(1)_convert_20170204131327.jpg13_(2)_convert_20170204131346.jpg

 薄型のこのケースに2枚づつ6個入ります、このくらいあれば今の私には十分です、もちろん、鍼元で切れた場合は現場で結びます、少し短くなりますが、気になる様になったら替えます。

13_(4)_convert_20170204131428.jpg13_(3)_convert_20170204131407.jpg





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
2017-02-02  釣り道具 

百均はアイデアの宝庫

 渓流釣りの解禁が近づいてきました、仕掛など在庫を点検して必要な物を買い出しに行かねばなりません、良く点検しないと無駄な買い物をしてしまう事が多いものです。
 釣行には出来るだけベストの中は軽くコンパクトに収納したいものですが、釣り専用の物を買いますと高いですね、年金族にとって便利であればブランド品は必要ないです、そこで、私が良く利用するのが百均です、今回は小物入れです。

 歳を取ってきますと、残念ながら日課として「服用」という作業が出てきます、ちょっと出かける時に便利なように「おくすりケース」なるものがあります、これを利用して釣行に必要な小物を入れて持参すれば便利です、さらに、改良を加えます、これは百均ではないですがホームセンターにマグネットシートなるものがあって以前買っておきましたので、これを入れ物の底に貼り付けます、裏は粘着となっておりサイズはハサミで切れますので便利です。

12_(2)_convert_20170126142224.jpg12_(1)_convert_20170126142158.jpg

 現場で結ぶ針も落とすこともありませんし、餌が無くなったときの非常用にウエットの毛ばりを少し、マグネットで動きませんので良いですよ、もちろん、車には予備の物をしっかり乗せておけば良いことです。

12_(3)_convert_20170126142243.jpg12_(4)_convert_20170126142305.jpg

 目印なども巻いたままの物を持参するより、ちょっと入れておけば良いしね。

12_(5)_convert_20170126142328.jpg





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村