2017-07-18  家庭菜園 

作ったは良いがどうする?

 夏の訪れの遅い信州でも、家庭菜園の野菜が次々と穫れるようになってきました。

 春先、ワラを短く切って敷き詰めた這う野菜専用の場所もいろいろ収穫できるようになってきました。

21_(1)_convert_20170716134100.jpg21_(2)_convert_20170716134126.jpg

 小玉スイカは食べごろはカラスが良く知っています、小さなコンテナで防御しますが、しかし、数に限りが・・・・。

21_(3)_convert_20170716134147.jpg21_(4)_convert_20170716134211.jpg

 キュウリは穫れすぎてどうするの? 漬物用においしいからと言われ作ったシマウリだって、 「オラァ~知らねぇ~ジ」
 
21_(5)_convert_20170716134235.jpg21_(6)_convert_20170716134258.jpg

 ボッチャンカボチャもそしてユウガオも、ユウガオは1つの苗から20本は穫れますから40本と言う事になります。

21_(7)_convert_20170716134322.jpg21_(8)_convert_20170716134344.jpg

 オクラも種がもったいないと二本ずつ11穴、これが秋まで穫れますから大変なことになります、モロッコは仕方ないので放置して豆で収穫します。

21_(9)_convert_20170716134407.jpg21_(21)_convert_20170716134856.jpg

 ナス類も穫れ始めました、これは割合と喜ばれますね。
 
21_(10)_convert_20170716134429.jpg21_(11)_convert_20170716134452.jpg

 ピーマン、トウガラシ類です、トウガラシは私の所ではコショウと言います、これは沢山要らないのに3本も。

21_(12)_convert_20170716134519.jpg21_(13)_convert_20170716134540.jpg

 ネギは2種類、そして腰痛対策に試験的袋栽培したゴボー、これは冬用ですから沢山あってもいいですね。

21_(14)_convert_20170716134604.jpg21_(15)_convert_20170716134625.jpg

 ニンジンです、春先の干ばつで芽の出が悪かったのであまり良くないですね、2番目も播きました。

21_(17)_convert_20170716134713.jpg21_(18)_convert_20170716134743.jpg

 モロコシ第3弾の芽が出始めました、第1弾がボツボツ収穫ですが、第2弾が適度な雨で追いつきそうです、馬鈴薯は月末頃掘ります、今年はいつも余るので少なくしました。

21_(19)_convert_20170716134807.jpg21_(16)_convert_20170716134650.jpg

 ツルムラサキです、新芽を20cm位で摘んでおひたしで食べます、次から次と芽が出ますのでこれだけあれば食べきれませんね、鉄分補給に良いとされていますが好き嫌いがあるかもしれません、トマトは7本、追加で別の所に3本ボツボツ色づいてきました。

21_(20)_convert_20170716134834.jpg21_(22)_convert_20170716134919.jpg

 この他、レタス、キャベツなどは近くのJAの直売所で5本位ずつ苗を買ってきて植えます、一度に穫れても困るからです。
 レタスは同じマルチ穴を2回繰り返して使います、殺虫剤と化成肥料を加え穴から手を突っ込んで柔らかくしてしばらく放置しておき順番に植えつけます。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-07-04  家庭菜園 

収穫までもう少し

 レタス、キャベツ、ダイコンやカブなどはすでに収穫して食べてはいますが、夏野菜の収穫はまだまだです。

 面白がっていろいろ作ってはいますが、今日は一部を紹介します。

 ナスは1~2個穫れましたがこれからです、オクラは沢山作りました、この位の大きさになるまではアブラムシで葉が縮んでしまって驚きましたが、1尺位になりますとアブラムシは付かなくなるからこれからは安心です。

15_(2)_convert_20170702104116.jpg15_(3)_convert_20170702104138.jpg

 モロッコは、5月、6月の干ばつで葉がイジケてしまい失敗しました、播きなおしがようやくこれだけになったところです、ボッチャンカボチャは順調です。

15_(14)_convert_20170702104607.jpg15_(5)_convert_20170702104229.jpg

 キュウリは穫れ始めましたが、最初は形が悪いですね、時期を遅らせて2番目も播いてあります、トマトの挿し木の方にも花が咲いてきました。

15_(6)_convert_20170702104252.jpg15_(7)_convert_201707.jpg

 ミニトマト、大玉トマトとも順調です。

15_(8)_convert_201707.jpg15_(9)_convert_201707.jpg

 ピーマンも生り始めたところです、トウガラシは3種類作ってみましたが、この種類だけアブラムシが付いて困ります、1本だけですので柔らかいブラシで落とすことにします。

15_(10)_convert_20170702104434.jpg15_(11)_convert_20170702104455.jpg

 シマウリも雌花が咲き始めました。

15_(13)_convert_20170702104544.jpg15_(1)_convert_20170702104048.jpg
 
 以前にUPした隣に建ったアパートの窓の件について、皆さんからいろいろアドバイスを頂きご心配を頂きましたが、ようやく目隠しルーバーを付けてくれました、久しぶりにキレて声を荒げてしまいちょっと後味が悪い日が続きましたが、何とかカーテンを開けての生活が出来るようになりました、ありがとうございました。
 この間、いろいろ調べて担当の者には訴えてきました、このDハウスのアパートの間取りについては、同じ間取りの物があちこちにあることから、まわりの住宅の状況を考慮したうえでの設計ではなく既製の設計であったこと、民法235条、観望の制限の本来の目的とは何か、ましてや不特定多数の人の入るアパートであるという観点から、北側の窓は既製の設計を使うにしても嵌め殺し窓に変更する位の知識が無かったのか、そして、大阪の先生からのアドバイスで、相手がISO取得の会社であるから、クレームに対する記録が必要となり放っておけない事情があるので、支店で取り合わないと言うなら、本社に直接連絡する旨を申し出た事、いろいろ勉強になりました、しかし、疲れましたので2階の窓は諦めて、わが方で窓にミラーフイルムでも貼ろうと思っています。

 

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-06-17  家庭菜園 

長く収穫するために

 家庭菜園では、収穫したものを出荷するわけではないので一度に沢山穫れても困ります、私はキュウリ、モロコシ、キャベツ、レタス、モロッコ、など一度に播いたり植えたりせず、少し時期をずらせて長く収穫を楽しみます、トマトは挿し木で増やします。

 トマトの挿し木ですが、苗を購入し定植してしばらくたちますと脇芽が出てきます、この脇芽を挿し木して殖やすのです。
 脇芽7~8cmになったものを切り取り一晩水に浸けておきます、すぐやっても良いですが確実な方法です。

60_(4)_convert_201706.jpg60_(1)_convert_201706.jpg

 切れるカッターなどで斜めに切ります、斜めに切るのは切断面の表面積を広くするためですが、そんなに気を遣わなくても良く活着します、保水の良い用土に割りばしで穴を開けて差し込み、まわりをしっかり押さえて終了です、これで約2週間直射日光でない明るい所で管理します、ポットの底を見て白い根が見えてくれば挿し木は成功です。

60_(2)_convert_201706.jpg6_(2)_convert_20170611120025.jpg

 2週間経った状態です、環境に馴らすため日当たりのよい所でもう少し大きくさせます。
 
6_(1)_convert_201706.jpg

 あらかじめ作って置いたところに植えつけました、最初の物とこれだけ差がありますが、収穫時期がずれて調度良くなります。
 ネギは、昨年「永吉冬一本太」の種を播いて冬越しして、今年の春植えつけたものがこれだけになっています、手前の小さなものは今年になって種を播き植えつけた「松本一本ネギ」です、本来は昨年8月末に種播きして冬越しした苗を植えつけるものですが、年内の種播き苗で育つかどうか試してみます。

8_(1)_convert_201706.jpg8_(2)_convert_201706.jpg

 モロコシ第2弾です、第3弾まで時期を遅らせて播くつもりです。

8_(5)_convert_201706.jpg

 ジャガイモも順調に育っています、向こうのモロコシは専業農家の畑です。
 
 話は変わって、右は、我が家の居間の前ですが、隣にアパートが建ち、アパート側で堺のフェンスを新しくしましたので、一旦撤去したラズベリーを挿し木してこちら側に殖やそうとしているのです、二列に敷いてあった踏み石を一列取って玄関先(手前)に敷いてみました、もう一列取り除き奥の雨水タンクを移動すれば幅1.3m、長さ10mのちょっとした菜園が出来ますね、残念なことに4月から9月頃までしか日が当たりませんので、それでも育つとなるとやっぱりラズベリーでしょうかね。

8_(3)_convert_201706.jpg8_(4)_convert_201706.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-19  家庭菜園 

ゴボウの袋栽培

 ゴボウを作る場所が無いわけではありませんが、秋になって地中長く伸びたゴボウを掘り起こすのが大変になってきました。
 昨年、近所でゴボウを袋で栽培しているのを見かけ、私も今年初めて作ってみる事にしました、これだと収穫は袋を破くだけで出来ます。

 袋は広げて見た感じだと、40リットルくらいが良いですね、昨年見かけたのはただ袋に入れて立ててあるだけでしたが、私は中に支柱を入れて確実に安定させようという作戦です、外側でもいいかもね!
支柱は、40リットルの袋の場合、25センチ間隔で4本立てて袋を被せます、もちろん底は抜いてあります。

55_(1)_convert_20170516105616.jpg55_(2)_convert_20170516105641.jpg

 作り方と言っても、肥料を入れた用土を作って置き、袋に入れるだけですが、破裂したら困ると念のため周りを紐で縛っておきました、A型です神経質で几帳面です。
 割合と安定するものですね。
 この後はババが種を蒔いて終りです。

55_(3)_convert_20170516105708.jpg55_(4)_convert_20170516105733.jpg

 畑の隅の邪魔にならないところに作りました、隣は耕作していない空き地で地主は使っても良いと言いますが、そんなに作っても困りますし、除草が大変ですしね。

55_(5)_convert_20170516111031.jpg55_(6)_convert_20170516105817.jpg

 さて、大きく育ってくれればいいのですが・・・ 短かければ何の意味もない!

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-17  家庭菜園 

夏野菜の植え付け

 ぼつぼつ遅霜の心配もなくなりましたので、購入して外の気温に3日ほど馴らしておいた夏野菜の植え付けをしました、とりあえずこれだけです、トマト、ナスは奮発してすべて接ぎ木を購入しました、お高いですね、通常苗の倍はしますが病気などは確かに強いです。
 これで、約5,000円也、秋まで楽しめますので安いと考えるべきでしょう。

54_(1)_convert_20170514122513.jpg

 植え付けは穴の中にオルトランをパラパラと撒いて植えつけますと、アブラムシの発生が大分抑える事が出来ますね。

54_(11)_convert_20170514122538.jpg54_(5)_convert_20170514122604.jpg

 トマトはとりあえず4本だけ、大きくなって脇芽が出ましたら挿し木して殖やすつもりです、収獲の時期がズレて遅くまで収穫できます、ネギ苗は失敗したと思いましたが、小さなものも植えつけておきましたら意外と順調に育っています。

54_(6)_convert_20170514122626.jpg54_(7)_convert_20170514122650.jpg

 スイカ、カボチャ、キュウリは苗が大きいので、昔の牛乳のコンテナがありましたので被せておきました、これ、風よけにもなりますし意外と良いですね、カボチャはボッチャンです、カボチャとキュウリは種も蒔きました、モロコシ、モロッコなども一度に穫れても困るものは、時期をずらして蒔くようにしています、時間差栽培と言う事ですかね。

54_(8)_convert_20170514122751.jpg54_(9)_convert_20170514122817.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村