2018-06-25  家庭菜園 

家庭菜園近況

 今年は、今まで借りていた畑が体育館建設に伴う区画整理の為、家庭菜園が出来なくなり諦めていたのですが、ヒョンな事から別の耕作放棄地を借りる事になり、今は一生懸命作っています。
 家庭菜園にはちょっと広すぎて半分は余ってしまいますので、地這いの物を作ることにしています、しかし、予定が無かったので敷きワラなどの調達が出来ず、春先、市販のワラ束を2つ買ってきておきましたがとても間に合いません、園芸直売所など探しましたが今は稲の収穫はコンバインですのでワラも同時に刻んで田んぼに撒いてしまいますので手に入りませんでした。
 思いついたのが川原の葦です、我が家から車で5分の所に奈良井川があります、その河川敷にはいっぱいありますので刈り取って来て敷きました。
 キュウリは穫れ始めましたが、わたしの所は全体的に遅れています。

56_(1)_convert_20180621195039.jpg

 手前はツルムラサキ、右はモロッコです、収穫が重ならないように左の方に少し遅らせて蒔いてあります。

56_(2)_convert_20180621195057.jpg56_(3)_convert_20180621195112.jpg

 モロコシも2回に時期をずらして蒔いてあります、最初のが生育が不揃いです、何年も耕作していなかった土地ですので育ちの悪いものがところどころありますね、オクラはこんなに沢山どうするのでしょうね。

56_(4)_convert_20180621195129.jpg56_(5)_convert_20180621195144.jpg

 ナスは3本、後日2本貰いましたので別の所に植えてあります、右のトマトは4本で挿し木の分が4本、計8本植えてあります、大玉は1本仕立て、ミニはすべて2本仕立てで育てます。

56_(6)_convert_20180621195158.jpg56_(7)_convert_20180621195212.jpg

 ニンジンもこんなになっていますが、間引きはするなと隊長が言っています、何か予定があるみたいです、ネギはもう一通り今年播いた苗が大きくなれば植えます。

56_(8)_convert_20180621195226.jpg56_(9)_convert_20180621195241.jpg

 
56_(10)_convert_20180621195254.jpg前回、ブログにUPしたゴボーの袋栽培です、順調に育っています、少し間引きをしながら最終的には一袋7~8本位がどうだろうか、あくまで予定ですがさてどうなりますか、この他にピーナツ、長芋、ゴーヤ、レタス、アスパラナ、キャベツ、カブなどごちゃごちゃと作っています。









ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-06-06  家庭菜園 

ゴボーの袋栽培今年も始めました

 ゴボーは保存も効きますし冬には欲しい野菜ですが、作っても掘り出す作業が大変です、そこで、昨年肥料袋に土を入れてその中で栽培する方法を試してみました、確かに収穫は袋をカッターで切り裂くだけで済みますので楽でしたが、袋を置いた下の土を柔らかくしてなかったためこんな姿になってしまいました、袋の中は順調に伸びたのですがその下が硬かったため横に根を広げてしまったのです。

 (これは昨年の画像です)
49_(15)_convert_20180601200701.jpg

 今年はその点を考慮して、袋もちょっと長めにして下の地面の土も柔らかくしてあります、肥料袋は40ℓ位のものが良さそうです、袋の破裂や倒壊を防ぐため支柱を4本入れてテープで縛っておきました。

49_(12)_convert_20180601194727.jpg

 品種はこれです、昨年は何だったか覚えていませんがいわゆる長ゴボーですね、ゴボーは移植を嫌いますので直播します、被せる土は少なめが良いようです、不織布など被せて水やりをすればいいのですが、手近の物で新聞紙を使いました、水を直接かけると覆土が少ない為、種が露出してしまう事と乾燥を防ぐためです。

49_(13)_convert_20180601194807.jpg49_(14)_convert_20180601194828.jpg

 十日位で芽が出てきました、もう少ししたらおろ抜き(間引き)をします、様子を見ながら何回にも分けてやった方が良いみたいですね、最終的に一袋何本位にすれば良いかいろいろ意見を聞いてやってみます、これは冬の保存野菜としても使えるようにしようと思っていますので、晩秋に収穫して畑が凍結する前までは畑に寝かせて埋けて置くことにします。

49_(16)_convert_20180603094141.jpg

 ゴボーって太くなって中が中空になっていても硬くならず美味しく頂けますね、太い方が美味しいと言う人もいます。
 このゴボー、戦時中連合軍の捕虜に食べさせたところ、木の根を食べさせたと戦犯裁判で有罪になったとかの話を聞いたことがあります、西洋にはなじみのない野菜だったのでしょう。




 各地で高校総体に向けて各種の競技の県代表を決める試合が行われています、わが孫もバドミントンで出場を狙っています、長野県代表は代表校1校、ダブルス上位2チーム、シングル上位2チームがインターハイに出場出来ます。
 松本空港近くの信州スカパークが会場で、家から近いので応援に行ってきました、今年は孫も主将として責任を果たさなければならず何時もより緊張しているように見えました、初日は団体戦ですが難なく通過、二日目の決勝で優勝を決め長野県代表校となりました、孫はもう一つダブルス個人戦にも出場していますのでこれが大変です、応援にも力が入ります、久しぶりに興奮しましたね、二回、三回と勝ち進み決勝は同校同士の戦いとなり惜しくも1-2で敗れましたがインターハイ出場が決まりました、昨年も出場していますが高校最後の思い出となる試合、よく頑張ったと思わず涙が出てしまいましたね。
 ジジとしては親子二代にわたってインターハイに出場出来た事が嬉しいのです、また泣きそうです、釣りの跡取りは失敗しましたがそれは良いです。
 本当は孫の雄姿を載せたいのですが、選手の写っている画像は公の場所での掲載は禁止されていますのでこんな写真です。

49_(18)_convert_20180605150921.jpg


ポチッ と押してもらえば励みになります、コメントも出来ます
                                                
2018-05-19  家庭菜園 

夏野菜の植え付け

 霜の心配もなくなり、カッコウの鳴き声も聞こえ始めました、種蒔きの時期になったのです、さっそく夏野菜の苗を買ってきました、いろいろの品種があって迷いますね、珍しいものにも挑戦してみたいし、昔ながらの無難な物が良いとも思うし、ババとの意見の相違もあったりして思うようにはいきませんね。
 トマト、ナスなどは接ぎ木の物が病気などに強いので良いですが、値段は普通の物の倍はします。

ピーマン、トウガラシ類です。

43_(1)_convert_20180512153306.jpg43_(8)_convert_20180512153527.jpg43_(11)_convert_20180512153623.jpg

ナス類です。

43_(10)_convert_20180512153602.jpg43_(12)_convert_20180512153643.jpg43_(13)_convert_20180512153703.jpg

トマト類です。

43_(3)_convert_20180512153348.jpg43_(4)_convert_20180512153408.jpg43_(2)_convert_20180512153327.jpg

43_(5)_convert_20180512153430.jpg ミニトマトは挿し木にしてさらに増やすつもりです、一度に沢山穫れても困りますので調度良いですね、挿し木は早い時期に出た脇芽が丈夫だと聞いています、挿し木も活着しやすいですね。



カボチャ、小玉スイカ、キュウリです、カボチャとキュウリは種でも播きます、収穫時期がずれて長く食べられます、小玉スイカはあまり穫れても困りますので一つです。

43_(7)_convert_20180512153510.jpg43_(9)_convert_20180512153545.jpg43_(6)_convert_20180512153451.jpg

 農薬は出来るだけ使いたくないのですが、効果の長い浸透移行性のオルトラン粒剤を植穴処理をして植えつけました、安全性も確認されていますし、一回の使用だけで昨年もアブラムシの発生はすごく抑える事が出来ました。

43_(14)_convert_20180515104019.jpg

 それとちょっとした事ですがこの長ネギです、松本一本ねぎですが昨年の晩秋に収穫、段ボールに入れて物置に置いて冬の野菜として使ってきましたが残りましたので、この春、畑に畝を立てて植え付けましたが現在このように復活しています、強いものですね、そして右の写真です、トマトなどはすくすくと伸びますので支柱への縛り付けなどに麻ひもは欠かせませんが、以外と家を出る時忘れてしまうものです、工夫してこんなものを作って使っています、この他にジョウロ、草かき等も支柱にぶら下げてあります。

43_(15)_convert_20180515104039.jpg43_(16)_convert_20180515104057.jpg



「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
2018-05-02  家庭菜園 

家庭菜園準備完了

 近くの市民農園も畑の準備が始り賑やかになってきました、まずはネギと馬鈴薯の植え付けでしょうか、当地は種蒔きはカッコウが鳴いてから、夏野菜の苗の植え付けは5月半ば頃からでしょうか、遅霜の心配が20日頃まであります。
 私も、慌てる事は無いと分かっていても、暖かさに誘われ堆肥を入れてマルチを敷いたり、ササゲ類やトマトの支柱建てを行いました。

 この畑、家庭菜園にはちょっと広すぎますので、手前は這わせて作るもの、ユウガオ、カボチャ、スイカ、キュウリなどを植えるつもりで広く取っておきました、そして奥の方は特に連作を嫌う馬鈴薯、トマト、ナス、ピーマンなどナス科でまとめます、真ん中はオクラ、モロコシ、葉物、ネギ、ゴボウ、支柱には豆類など弦物などにして、細長い畑を3分割にして完ぺきでは無くても輪作にしようと思っています。

37_(23)_convert_20180428143127.jpg37_(24)_convert_20180428143143.jpg

37_(25)_convert_20180428143200.jpg これはJAの苗の販売の広告の裏に、家庭菜園等でよく栽培する野菜の特徴と管理方法を一覧にした表があり、参考になるかと思って載せてみました、現状では読みにくいですが拡大して見ればよいかと思います、ただ、信州に合った解説かもしれませんが参考にはなると思います。





 





 一つ時代は終わった
 家の南に日光を遮るように細長く建てられてしまったアパートのため、昨年に続いて梅が生らなくなってしまいました、40年ほど前に植えたブンゴです、多い時は30キロ以上収穫をした事もありました、52年前ここに家を建てたときは果樹園や畑の中の一軒家、その後駅の移転とともに急速に市街地となってしまいました、固定資産税ばかり高くなるだけでなんの得もないです、一つの時代は終わりましたね。
 直径10cm以下の剪定木はゴミステーションに縄で縛って出せば市で収集に来ます、粉砕して肥料にするのだとか、太いのは下の義兄にチエンソーで切って片付けてもらいます。

37_(1)_convert_20180428143048.jpg37_(2)_convert_20180428143107.jpg



「拍手」 はコメントも出来ます 
                                                
2018-04-04  家庭菜園 

家庭菜園再開

 今まで借りていた農地の区画整理が始まり家庭菜園が出来なくなりました、腰も痛いし止めようかと思っていたら、かつての同僚が良い話を持って来てくれました。
 我が家から800mほど離れてはいますが、戦時中、光学系軍需工場建設に伴い泣く泣く農地を徴収され、私の近くの不毛の原っぱに代替地として当てられた農家の方々の畑があるのです、家はこの畑からは遠い人ばかりで、道路をトラクターを運転してくるのは難しいし、個々には小さな畑ですので、高齢化に伴い放置してある畑も多いのです、その一つYさんの畑を借りられることになりました。
 幅3間長さ30間の細長い土地です、面積3畝(90坪)だとか。

31_(4)_convert_20180331200512.jpg

 さっそく愛車、「こまめ」の手入れをしました、オイル交換はしたばかりですので補充だけです、4サイクル用10W30です。

31_(3)_convert_20180331200453.jpg31_(2)_convert_20180331200416.jpg

 スパークプラグも交換しました、ネットで注文しようとしましたが、NGKのBM4A 5628 ターミナル一体型がコマメF210の適合プラグなのに何故か箱の写真は分離型になっています、不安なのでネットでは注文せず、ちょっと遠いが専門店に行ってきました、しかし、ここでもこの箱に入っているのです、中味はちゃんと適合するプラグなのに何故でしょうね。

31_(5)_convert_20180331200529.jpg31_(7)_convert_20180331200603.jpg

 ついでにどこかに失くして見つからないプラグレンチと気になっていた携行缶のゴムパッキンも買ってきました、パッキンなど無いと思っていましたが、今は何でも探せばあるものですね。

31_(6)_convert_20180331200545.jpg31_(1)_convert_20180331200359.jpg

 幸い、かつての同僚の畑が隣ですのでとりあえずは大型トラクターで耕してもらい、畑の回りを踏み固め通路を作りました。
 長年耕作していなかった畑ですので、苦土石灰を多めに入れます、まず馬鈴薯からですが土地が広いので贅沢に畝幅100cmで畝を立てました、苦土石灰が馴染んだ頃溝に牛糞堆肥を入れて少し土を被せその低い所に種イモを植えつけます、生育に従って追肥をしながら土寄せをしていく昔ながらの方法です、6列作りましたが、入口から見ればほんの僅かですね、土地は十分余裕がありますので、地這いのもの、キュウリ、カボチャ、ユウガオ、スイカなど作れば良いと思っています、しかし、今年は敷き藁が無いのでどうしようか思案中です。

31_(8)_convert_20180403154415.jpg31_(9)_convert_20180403154436.jpg


「拍手」 はコメントも出来ます
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
信州 に住む後期高齢者の老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾンお買い得商品
日本ブログ村
ランキングは不参加です
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ