2017-08-25  花と庭木 

何気ない花

 春先、山菜採りに行ってお昼を食べている時、ババがエビネの葉っぱに似ていて面白いからと採って来て庭に植えておいた野草が咲き始めました、調べてみますとシュロソウのようです、特別目立つ花ではありませんが良く見ると美しいですね、山野草の面白さです。
 たしかに改良された花は美しく見事ですが、こんな小さな花にもちゃんとした名前があるのも嬉しいですね、ちなみにこの花の花言葉は「静かな人」だとか、これをババが見つけて育てたのですから何ともヒニクな事です?、花言葉はババには教えないでおきます、イヤミになりますからね。

31_(2)_convert_20170818111613.jpg

31_(3)_convert_20170818111722.jpg31_(1)_convert_20170818111800.jpg

 


 山野草と言えば思い出があります、私ども夫婦の生まれ育った谷の山頂付近に池があるという話は、子供の頃親から聞いていて、一度位登ったような気もしますがはっきり覚えておらず、この地を離れて40年近く経った60歳過ぎた時、登ってみる事にしたのです、今から15年も前です、標高1,900m位の山でしょうか、林道が切れたところに車を置いて笹藪の中を登りました。
 1時間ほど登って藪が切れて少し開けたなと思ったところに確かに池がありました、きれいな花が一面に咲いていて滅多に人が近づかない神秘的な雰囲気を感じましたね。
 それがこの池です、大休止(軍隊用語で休憩の事)の時の写真です、隊長が嬉しそうに写っています。
 花の名前は後で調べて分かりましたがミツガシラだそうです。
 お寺の住職が神池と言う名の池だと言っていましたね、過疎化が進んでいるこの集落、もう訪れる人もいないでしょう。

31_(31)_convert_20170818134513.jpg31_(25)_convert_20170818121125.jpg

 それからすっかり山野草に興味を待ってしまったのです。
 山野草は有名なものでなくても控えめに咲く姿が好きです、例えばこの花、ノギランの仲間のようですが、ちょっと見ただけではただの草しか見えませんが、良く見るときれいです、当時のカメラはマクロ機能が無かったのでこれがアップ最大です。

31_(23)_convert_20170818123323.jpg31_(24)_convert_20170818123353.jpg

 それからは、頻繁に二人で山歩きをしていろいろな山野草を集めました、当時は山野草ブームでもあって開田高原の道端で販売している事もあり、がむしゃらに集めて家の周りに棚などを作って楽しみましたが、冬の管理、土壌、夏の暑さ等々なかなか育てられず、それなりの設備がないと山野草がかわいそうだと思い、庭に植えて育つものだけにして止めてしまいました。
 がむしゃらに採取してきた当時の事を思うと罪悪感でいっぱいです、開田高原の原っぱの一角に咲いていたピンクの薄いホタルブクロは家で増やすことが出来ましたので、二年ほどして、釣りに良く行った冷川の付近に植えてきました、せめてもの罪滅ぼしのつもりでした。
 
 小さな花を控えめに咲かせ良く見ればきれい、山野草のそんなところが私は好きですね。


「拍手」はコメントも出来ます、「ランキング」も参加してみました、ポチッと押して頂ければ嬉しいです
                                                
2017-07-26  花と庭木 

あゝ無常!

 坐骨神経痛を発症してしまいました、これから釣りの本番に突入と言うのに何という事ズラ!
 原因は剪定です、脚立の上での作業は腰に来ます、もともと脊柱管狭窄症で腰の痛みは絶えませんが、今回はひどいですね。
 先の事を考えて動けるうちにと庭木の伐採はしてきましたが、残ったコウヤマキ、これは手のかからない樹ですので、せめて頭だけでも止めてしまおうと脚立の上から高枝切りを差し出して始めたのです。
 
23_(1)_convert_20170725094257.jpg23_(9)_convert_20170725102755.jpg

 ところがこの高枝切り全く役にたちませんね、ノコギリを装着しましたが、写真のように刃の部分が出っ張っているため他の枝に当たり駄目です、仕方ないので丈夫な支柱にノコギリだけしっかりしたゴムバンドで止めて何とか切る事が出来ました。
 マツクイムシにてっぺんをやられたマツは、形は崩れてしまいましたがもう少し様子を見る事にします。

23_(8)_convert_20170725094430.jpg23_(7)_convert_20170725094405.jpg

 腰がねじれても痛くないのかきれいに咲いているネジバナ、うらやましいのでよくよく見てみました、ラン科なんですね、色も何とも言えない美しさです、出しゃばらず咲く花は好きです、拡大して観てやって下さい。

23_(3)_convert_20170725094500.jpg23_(6)_convert_20170725094526.jpg

 何もやる気がしません、こうやってみんな老いて行くのですね。


 なんだか今日はスメタナの「モルダウ」が聞きたいですね、この曲、ブロ友の幻の渓流師さんのブログのBGMに使われていて私はお気に入りでした、今日はユーチューブに投稿された合唱で聞いてみます。






クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-05-29  花と庭木 

オダマキ特集

 いま、我が家の庭の花はオダマキが多いです、今回はオダマキだけを載せてみました。
 
 ミヤマオダマキです。

62_(1)_convert_20170528104436.jpg

 カナダオダマキです、もう終わりでこれ一輪だけが残っていました、姿は完全ではないですね。

62_(10)_convert_20170528131745.jpg

 後はそれぞれ名前があるかと思いますが、ババに聞くのもナンですので、私はセイヨウオダマキと一括りの呼び方をしています、ブナンです。

62_(2)_convert_20170528104552.jpg

62_(3)_convert_20170528104659.jpg

 これは一見カナダオダマキに似ていますが、これから咲きますがもっと大きくてきれいです。

62_(9)_convert_20170528131707.jpg

62_(4)_convert_20170528104721.jpg

 一昨年、隣の家の松の木が突然枯れ始め、上部の枯れた部分を切り取りましたが、どうやらマツクイムシのようで、ついに我が家の松にも感染してしまいました、本家の山から掘り出し我が家に来て45年ほどになりますが、いよいよ駄目ですね、せめて新芽の出ている部分だけでも今年は育ててやりたいと思っています。

 私も高齢となり手入れが大変ですので、昨年秋もつつじを6本ほど切り、少しづつ庭木は減らしてはいますが、僅かに残ったこのチャボヒバの剪定、午後から始めて夕方までかかりました、片手だけのハサミでチョキチョキですから大変です、腰、肩、明日から大変なことになりそうです。

62_(6)_convert_20170528104851.jpg62_(11)_convert_20170528131807.jpg



クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-04-23  花と庭木 

いよいよお手上げ

 歳とともに庭木の剪定が出来なくなりました、小さなものは切り倒して大分少なくはなりましたが、形の出来た庭木はなかなか切り倒すのは出来ないものです、脚立に上って少しづつやれば良いとは思いますが、脚立の上の作業は腰に来ます。
 コウヤマキがどんどん伸びてしまいました、今ある高枝切りは2m、脚立に上っても上手くいきません、そこでもう1台3mの物を購入しました。

43_(1)_convert_20170420091616.jpg 黄色の金具は切り取る枝が逃げないのと切ったものを落ちないように挟む仕掛けですが、剪定の場合かえって邪魔になりますね。







43_(2)_convert_20170420091642.jpg 今回この道具に着目したのは、普通の高枝切りだと下から作業しますので、樹冠のテッペンが切り取れなくてエンピツみたいな形になってしまいますが、これだと首の部分の角度を変えられますので頂上も出来ると思ったのです。



43_(3)_convert_20170420091706.jpg しかし、考えが甘かったですねこんな小さな刃です、枝状の物を切るのは良いですが、玉仕立ての物にはとても駄目ですね。







43_(4)_convert_20170420091730.jpg 何とかコウヤマキの形は出来ましたが大変でした、もちろんノコギリは枝が一緒に揺れてしまい切れませんね。








43_(5)_convert_20170420091752.jpg まだチャボヒバがありますがこのハサミでは到底無理でしょう、使い捨ての道具でしたら経験でその木に合ったものを探しますが、めったに買うものではないだけにこのハサミはどういう物に適しており、こういう物は駄目ですとか表示が欲しいものですね。
この高枝切り、柿とかリンゴなど採るには良さそうですね、私以外に使う者はいないのに、また要らない道具が増えてしまいました。


 ババ担当の花は真っ盛りです、これからは花でも植えて楽しむのが良いでしょうね、近所に新しい家がどんどん建っていますが、木を植える家はほとんどないですね、時代は変わりました。
 わが家の周りに咲いている花を撮ってみました。

44_(2)_convert_20170422112436.jpg44_(1)_convert_20170422112415.jpg44_(3)_convert_20170422112458.jpg

44_(4)_convert_20170422112522.jpg44_(5)_convert_20170422112552.jpg44_(6)_convert_20170422112616.jpg

44_(7)_convert_20170422112635.jpg44_(8)_convert_20170422112700.jpg44_(9)_convert_20170422112722.jpg

44_(10)_convert_20170422112744.jpg44_(11)_convert_20170422112809.jpg44_(12)_convert_20170422112831.jpg

44_(13)_convert_20170422123809.jpg44_(14)_convert_20170422123835.jpg44_(15)_convert_20170422123858.jpg

44_(16)_convert_20170422123921.jpg44_(17)_convert_20170422123943.jpg44_(18)_convert_20170422124033.jpg

44_(19)_convert_20170422124105.jpg44_(20)_convert_20170422124133.jpg44_(21)_convert_20170422124201.jpg

44_(22)_convert_20170422124308.jpg44_(23)_convert_20170422124242.jpg


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2016-10-18  花と庭木 

秋本番

 朝夕の冷え込みが厳しくなってきました、家庭菜園もカボチャ、ユウガオ、キュウリなど地這いのものはすべて撤去、この部分は敷きワラを短く切って敷いてありましたので、それだけは土にすきこみます、私の耕運機は小型で踏まれた土は深く耕せませんので、マンノウでおこしました、腰が痛いので大変ですが、片付いたところから少しずつやります、全部片付いたところで最後に耕運機をかけ今年の農作業は終わりとなります。
 マンノウでおこした大きな塊のまま冬越しした方が、土の深い所まで寒風にさらされて害虫が死に、春先までそのままの方が良いという人もいますが果たしてどうなんでしょうね。
 白菜、大根、ネギだけは最終の収獲となります、長雨の為かダイコン、ハクサイが不揃いです。

68_(1)_convert_201610.jpg68_(8)_convert_201610.jpg

 家の周りの花も少なくなってきました、これから後は菊に変わりますが、マリンゴールドに蝶が寄ってきます、独特の強い香りで虫よけになるという花なのになぜでしょうね。

69_(1)_convert_201610.jpg69_(2)_convert_201610.jpg

 今盛りなのはホトトギスです、この花の模様が鳥のホトトギスの胸の羽の柄に似ていることから付いた名前のようですね、私の所では子供の頃「ホッチョカケタカホトトギス」と鳴くと言われていましたが、何の事だか解らずいましたが、調べてみますと姉をささいな事で包丁で殺してしまった妹が、悔やんでホトトギスに姿を変え「包丁かけたホトトギス」と鳴いているのだとの話もありますね、さらには「特許許可局」なんてのも面白いですね。

69_(4)_convert_201610.jpg

 ジニアも百日草と言われるだけあって長く咲きます、花の種類もいろいろあるんですね。

69_(7)_convert_201610.jpg69_(8)_convert_201610.jpg69_(9)_convert_201610.jpg




                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます