2012-09-30  渓流釣り 

渓魚達ありがとうございました!

私の主に釣りに行く木曽川水系、奈良井川水系が明日から禁漁になります。
1年間無事故で楽しませてくれた、渓流や魚達よ本当ありがとうございました。

そして見守ってくれた御嶽山や木曽駒ケ岳、乗鞍の山々、山の木々、野に咲く草花、どれだけ安らぎを頂いたことか、心から感謝申し上げます。

西野川で釣った魚の腹ワタを出していると、いつも上空で ”ピーヒョロロ” と鳴いて流れた内臓を捕って行ったトンビ君、だいぶ昔だが「西野太郎」と命名しました。
太郎よ! ジジがもし元気なら来年もまた行くからなぁ~!

これは昨年11月初めの御嶽山
489_convert_20120930115823.jpg

今日、釣り道具を片付けている最中に、仕掛けなんか保管してある箱の中をのぞいたら、以前からの鑑札が目にとまりました。
30年間以上の木曽川漁協の年券が主です、奈良井川は組合員ですから少ないですが、昔の人間は何でも取って置く癖がありますからおかしいですね。

486_convert_20120930111505.jpg

ウエーダーやベストも洗濯しました。

487_convert_20120930111602.jpg

余ったミミズも来年の解禁に向けて、入れ物さら土中に埋め、バナナの皮を時々与えて育てます。
ミミズの育て方は、このブログ月別記事の7月に2回に分けて載せてあります、あまり参考になりませんが、ご覧下さい。

488_convert_20120930111639.jpg

ブロ友のみなさん、訪問者のみなさん今季の渓流の釣行の記事はここで終わりますが、これからもいろいろ更新していきますのでよろしくお願いいたします。

  ありがとうございました。                                                 
2012-09-29  渓流釣り 

今年最後の釣りになるか?

土、日は混むと思い、昨日行ってきました、水が少ないです、釣り人もいない、大物狙いで堰堤に入ったが全くアタリもない。
仕方ないので、比較的大きな源流に入りました、ここは上に林道が通っているから、なんとなく安心、このごろクマの出没が多くて、2日前にも私の近くの中学校の近くに現れ、射殺したそうです、私のよく釣りに行く木曽川水系は特に多いそうですから心配です。
仕掛け3m、ハリス0.5、オモリB、数回流してみて今日は瀬に出ていないのでオモリを2Bにして淵の奥へ、まずは最初の1匹、まあまあですね!
今日は、開けた渓だからナタの代わりにタモ持参、炎天下網の影が魚に、撮影に苦労します。

465_convert_20120928173707.jpg

463_convert_20120928183655.jpg

渓相も良いですね。

482_convert_20120928173759.jpg

467_convert_20120928173908.jpg471_convert_20120928174014.jpg

この流れを見ているだけで、心がなごみます。

481_convert_20120928174045.jpg

483_convert_20120928174227.jpg

480_convert_20120928195157.jpg

ふと、上を見ると、なんと! 4mも上の木にヌメリスギタケが!

484_convert_20120928174256.jpg

つりざおの穂先から3本位抜いて、ゴム紐をワッコにしてエイヤツ! 川に流されたものもありますが、これだけ採れました。

485_convert_20120928174327.jpg

少し遅い感じもありますが、裂いてみて中は黄色、大丈夫。

今夜はキノコうどん!


                                                
2012-09-27  その他の趣味 

若いころこんな趣味も!(拓本2)

拓本の記事、釣りが忙しく少し間を開けましたが、また、書きます。
拓本と言えば詩歌など石に刻まれた、いわゆる凹状の物に紙を当て、霧を吹き付け石に押し込み密着させ、墨を付けたタンポでたたくことによって、押し込んだ部分は、墨がつかず白く残る、簡単にいえばそんな採り方をするのですが、道祖神のように凸状の物を採るということは、紙が破けやすく、しわもできやすくて苦労するところです。

そうですね!このブログは釣りがメインですから、魚拓にたとえますと、魚拓は魚に直接墨を塗って紙を押し当てる、直接法と、魚に紙を当て、紙を霧で濡らして魚に密着させ、タンポで墨を付ける、間接法がありますが、道祖神は後者のほうですね。

008_convert_20120916151128.jpgこれは奈良井川の支流、鎖川で釣った48.5㎝のヤマメの魚拓です、20年以上も前のことですが、禁漁まであと半日という時釣れました、デジカメがない時代でしたからこんな形で記録し自慢したものでした。(折りしわがついてて見にくいですね)


さて、道祖神、押し当てた紙の凸部分すべてに墨を付けると、紙をはがした時幅の広い顔になってしまいます、したがって特徴的な部分だけ墨を付ける、そんな技術が必要かもしれませんね。

螻ア蠖「譚大ー丞揩・呻シ誉convert_20120826123304山形村の道祖神、御所人形のようですね。長野県下には道祖神は沢山ありますが、顔が欠けていたり、風化して姿しか分からないものの方が多いですね、比較的顔がきれいに残っているものをご紹介します。













099(1)_convert_20120826124212.jpg100_convert_20120826124256.jpg

105_convert_20120826124447.jpg101_convert_20120826125251.jpg

102_convert_20120826133349.jpg106_convert_20120826133713.jpg
以上、数点ご紹介しました。
あまり面白くないですよね、まだ木曽とか有名な白馬村の青鬼の道祖神など、また、いつかご紹介します。






                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村