2014-01-31  出来事 

狩猟の思い出

この時期はブログネタが無いものですから、思い出話を一つ。

狩猟のシーズンですが、今は、私の身内でも猟をするのは義兄と妻の従兄位になってしまいました。
猟友会も後継者不足で有害鳥獣の駆除に困っているようです。

私も、二十歳の頃は、父親、叔父、兄や本家の従兄など皆「鉄砲撃ち」だったものですから、子供の頃から猟に興味を持ち、とりあえず空気銃が欲しくて仕方がありませんでした、免許は丙種で、簡単に取れましたので最初は中折りの空気銃でした、その後貯金を貯めてライフルスコープ付きの空気銃を買いました、1日ががりで松本の野口銃砲店まで行き買いましたが、十字の照準ですから命中率が格段に上がりました。

しばらくは、それで満足していたのですが、やはり猟銃が欲しい、これを察したのか親父は高齢で猟を止めた友達から1丁譲ってもらってきてくれたのです、外国製のレミントンでしたがこれがシロモノで弾を込めて引き金を引くと目の前から火花が出るのです、恐ろしくてこれは廃銃、次はSKBの元折れの12番でした。

弾は自分で作るのですが、真鍮の薬きょうにまず発火金を入れ雷管をかぶせ止めますが、暴発する恐れがありますので神経を使いました、次に火薬を入れ新聞紙を丸めて蓋をし、バラ玉入れ最後にボール紙を丸く打ち抜いたもので蓋をして弾の出来上がり、これを腰のベルトに差し込んで出かけたものです、その後、何年かして弾は使い捨ての物になりました。

次の写真は、職場のみんなとウサギ狩りの写真です、当日は、後に私の妻となる家に集合しました、猟と山仕事を生活の糧にしていた義父や義兄など一族の手伝いを受けてのウサギ狩りでした、職場のみんなもほとんど素人で、手にぶら下げているキジやヤマドリそしてウサギなどはほとんどその連中が仕留めたものです、写真のメンバーも私ともう一人しか今は生存しておりませんが、これから始まる宴会前の懐かしい記念写真です。

ほとんどが村田銃でした。 右端がジジです、50年位前ですね。

この谷も、今は道も広くなり車で市街地まで20分程度で出られるようになりましたが、子供の頃は山を越えて木曽谷に出て汽車で市街地まで出たものでした。








中学生の時、叔父たちが獲ったクマです、皮は貴重な現金収入だったようで、解体後は傷つけないように板に隅だけ引っ張るようにして釘で止めて乾燥させておくと業者が買いに来ました、本家の垣根に立てかけてありますがものすごく大きかった記憶があります。





















にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                
2014-01-29  毛ばり 

毛ばりのボディ材 1

以前、天蚕でテンカラ毛ばりの胴を巻く記事を出しましたが、その後、山など歩いた時採って来た天蚕を、真綿にしてみました。

早い時期に見付けるともっときれいな色なんですが、木々の葉が落ちて雨などにさらされると色あせてしまいます。











穴を開けて中のサナギを取り出しきれいに洗います。













熱いお湯でマユをほぐします。














子供の頃、自分家で飼っていたお蚕の繭で、母親が真綿を作っていろいろに使っていましたが、どうやって作ったのか全く記憶がありませんので、適当にやってみました。









これだけ取れました、十分な量ですね。















巻いた毛ばりは以前、UPしてありますので良かったら見て下さいこちらです。 



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                
2014-01-27  釣り道具 

デジカメホルダー

ブロガーにとってデジカメは必需品ですね、風景や花などは一眼レフなどで時間をかけてゆっくり撮ればいいのですが、釣行などの場合、内ポケットに入れたデジカメがなかなか取り出せず、シャッターチャンスを逃す事があります。



そこで、手袋したままでも、さっと取り出してさっと仕舞える、それには、箱型の形のしっかりしたパンとしたものが良いのでは? と思いとりあえず木箱で作ってみました。



内側には布を貼り、縁は布テープを貼ってみました、なかなかうまくいきませんが、試作品と言う事で見て下さい!



ウレタンを塗ってひとまず完成。

少し短めにして首にぶら下げます、多少重みがありますので片手でも抜き出せます、このカメラは、防塵、防水、防ショックとなっていますが、カメラにもストラップを付けて首からぶら下げるなり、箱につけるなりすれば安心ですね。

058_convert_20140116095949.jpg

さて、実際に使ってどんなものでしょうか?

これでは高級感が無いし、ブラブラして邪魔ではないか?… など問題点もありますが、よければ厚い皮でオーダーメイドという手もありますが…

デジカメのケースは市販で良いものもあるのは知っています、いわゆる普通のケースでは駄目なんです、パット出してパット入れるにこだわっていますので、その点をご理解願いたいです。
まぁ~どちらでも良い事なんですが!


ご検討下さい!!


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村