2014-10-30  その他の趣味 

銭形平次の投げ銭

古銭の収集に興味があった頃、比較的手に入り易い古銭に、寛永通宝など真ん中に正方形の穴が開いたいわゆる「穴あき銭」がありました。
収集といっても人から頂いたり、仲間と交換したりの範囲で楽しんだだけですので、貴重なものはありませんし、私にはそんな知識もありません。

56+(26)_convert_201410.jpgこれは一番ポピュラーな寛永通宝ですが、この様な穴あき銭、銭形平次の捕り物の時、腰にぶら下げた銭束から1枚抜き出し、悪人に投げつけたという銭で、時代劇俳優の大川橋蔵の名場面でした、しかし、この銭10円玉より軽い位のものなのに投げてそれが当ったら、悪人がひっくり返るのですから、何とも非現実的な話ですが、それでも面白くて良く映画を見に行きました。







次のはそれぞれ違った種類ですが、コインホルダーの上からの写真ですので鮮明ではありません。

56+(1)_convert_201410.jpg56+(2)_convert_201410.jpg56+(3)_convert_201410.jpg56+(4)_convert_201410.jpg

56+(5)_convert_201410.jpg56+(6)_convert_201410.jpg56+(7)_convert_201410.jpg56+(8)_convert_201410.jpg

56+(9)_convert_201410.jpg56+(10)_convert_201410.jpg56+(11)_convert_201410.jpg56+(12)_convert_201410.jpg

56+(13)_convert_201410.jpg56+(14)_convert_201410.jpg56+(15)_convert_201410.jpg56+(16)_convert_201410.jpg

56+(17)_convert_201410.jpg56+(18)_convert_201410.jpg56+(19)_convert_201410.jpg56+(20)_convert_201410.jpg

56+(21)_convert_201410.jpg56+(22)_convert_201410.jpg56+(23)_convert_201410.jpg56+(24)_convert_201410.jpg

56+(25)_convert_201410.jpg56+(27)_convert_201410.jpg私の持っている物は、本家の機織り小屋で、おばが機を織る時に何かを数える為に使ったらしく糸に通してあった物や、妻の実家の土蔵の土間に落ちていた物などが沢山ありましたので、収集仲間と交換したものばかりで、買った物ではありませんので大したものはありません。



56+(28)_convert_201410.jpgこんな趣味もいつしか興味が無くなって、30年も経ったころ、何とも偶然というか、不思議な事で手に入った1枚があります、それがこの「文久永宝」です。

10年ほど前の事ですが、市内の旧中山道奈良井宿から木祖村に出る為の鳥居峠がありますが、この峠をババとウォーキングをしていた時、あまりにもキノコがありそうでしたので、ちょっと道を外れて付近を探していた所、ちょっと崩れた所にこの1枚が落ちていたのをババが発見、1枚だけでは不自然ですので、付近に銭がザクザク入ったカメなんか埋けてないかと、杖で妖しい所を掘ったりして一生懸命探しましたねぇ~、


しかし、この1枚しか見つかりませんでした、江戸時代、峠越えの旅人が落とした物でしょうが、山賊にでも襲われた時に落とした物か、あるいは用足しの時でも落とした物か、いろいろ想像するのも楽しいものです。

調べてみましたらあまり価値のある物ではありませんでしたが、欲の皮が突っ張った思い出になった1枚です。

この穴あき銭、一般的には1文だそうで、6つ並んだ六文銭は、信州ゆかりの真田幸村の真田家の家紋で、旗印でもおなじみですね。

余談ですが、昔、納棺の時、六文銭の紙を棺の中に一緒に入れましたが、これは三途の川の渡し賃が六文だったからだとか?


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
2014-10-28  キノコ採り 

キツネノチャブクロ

ホコリタケが一般的な名前ですが、キツネノチャブクロというメルヘンチックな面白い名前で呼ばれている所もあって、私はこちらの名前が気に入っています、古くなると真ん中に穴があき、つつくと煙のような胞子を出します、ホコリタケの名前の由来でしょうね。

食べられるのは白色の時だけで、上部が黒くなってくれば駄目です、割ってみて中が白ければ良いですね。

52+(9)_convert_201410.jpg

上部のぶつぶつを包丁の刃で横にこすり取り除きます、まるでマッシュルームです、以前、すまし汁にして食べてみました、1回食べただけですが、話のタネになりますので皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

比較的山に近い草むらや道端に生えています。

52+(10)_convert_201410.jpg

クリタケの遅いのもありました、これでは駄目ですね、キノコは調度良い時期に出あうのはなかなか難しいですね。

52+(8)_convert_201410.jpg

このキノコはシモフリシメジです、こちらではクロンボと呼びますが、ホンシメジを超える美味しさだと言われていますが、最近はなかなか採れませんね。

52+(2)_convert_201410.jpg

裏側はこんな状態です、10年ほど前にものすごく採れた年があって、ババとカッパを着てまで採りに行った事が懐かしいです。

52+(3)_convert_201410.jpg




記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
2014-10-26  出来事 

犬の遠吠え

気が小さいのに、曲がった事が大嫌いで負けず嫌い、見栄っ張りで几帳面、かてて加えて高所恐怖症…、こんなジジィが大日本帝国?に向かって、ごちゃごちゃ言っても仕方がありませんが、最近の政治には本当に頭にきます。

53+(1)_convert_201410.jpg先日も思い余って、地方紙の読者の声的な欄に投稿しました、この欄には時々投稿する常連になってしまいました、もちろん校閲?もありますからすべて採用ではありませんが、せめて一言、言わないと気が済まないから困りものです。

もちろん、批判的な記事ばかりでなく、感動した事や激励的な事なども載せて頂いています。

そうは言っても、今の時代、こうやって子供の世話にもならず、好きな釣りをしながら、贅沢とはいかないまでも生活できる事には感謝しなければなりません。

これも、戦争と言う膨大な犠牲を払って、戦争の愚かさを身を持って知り、県命になって働きようやく成し得た平和であって、その事はいつまでも忘れてはいけない事だと思います、ところが、最近、平和ボケと言いますか無関心と言いますか、どうも変な方向に進んでいるような気がしてならないのです。

記事を読んで頂けるなら紙面をクリックし、さらにもう1度クリックすれば拡大します。




にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます