2015-01-31  釣り道具 

ビク作り総集編

大分前ですが、渓流釣りのビクの作り方をUPしましたら、いろいろな問い合わせがあって、驚いています。
画像を送って説明してあげればいいのですが、恥ずかしながらメールに画像の添付の仕方を知りませんので、このブログを使って要点だけ再び説明いたします。

その前に、すでに作っておられるお二人から画像が送られてきましたのでご紹介いたします。
左がつりきちさん、現在は餌箱に挑戦しているとのことです、右側が新潟のI・Tさんです、すでに一部は完成していますね。

・エ・オ縺輔s_convert_20150129185231・ゥ・ゥ縺輔s・胆convert_20150129185316




説明

それでは竹ひごからですが、私は孟宗竹の太くて節の間隔の広いものを使いました、若竹でなく2.3年経った物の方が曲げるとき強いような気がします、色が少し黄色くなったもので判別できます。
ビクのサイズは8センチ×25センチで高さは好みで決めます。
したがって、竹ひごはすべて8センチと25センチで印をつけて曲げます、これは内側でも外側でもサイズを変えてはだめです。
出来るだけ薄く削るのがコツで乾いて来れば意外と厚いものです、縦の柱になる部分や口の周り部分は若干幅広にしますので、竹は太ければそれだけ薄く出来ます。

16+(1)_convert_20150129185356.jpg16+(16)_convert_20150129185426.jpg16+(2)_convert_20150129185452.jpg

半田ごてでうまく曲がらないよ、と言う問い合わせが多いですが、曲げる位置はもちろん鉛筆で印を付けてあると思いますが、幅広の物なら印より2㎝位放れた所から交互にあぶります、コテを直接当てれば焦げてしまいます、竹の皮の方から出る油を確認しながら、コテの温度で徐々に曲げるのです、いきなり中心に当てれば焦げて割れてしまいます、横に差し込む竹幅は8㎜位がやり易いですね、焦せば弱くなります、曲がったらそのまま放置すると戻ってしまいますので、輪ゴムで組み立てまで止めておきます。

16+(6)_convert_20150129185521.jpg16+(7)_convert_20150129185554.jpg16+(8)_convert_20150129185621.jpg

一番の難所底の部分ですが、柱になる7本のうち3本は底は組み込みません、その代わり8㎝の薄い竹を利用して底を作って底を完成し3本の柱はその上から途中から横ヒゴで組み込んで行きます、横ヒゴも一番下からではとても無理ですので幅広の物で両端からはめ込むようにします、一番上の写真左の真ん中辺にあるものがそれです、この部分は細いヒゴで通常のビク作りのように一定の高さまで巻きあげて行く方法もあります、たとえば根曲がり竹みたいなもので下の方だけ巻きあげて行く方法です。

16+(15)_convert_20150129185653.jpg16+(17)_convert_20150129185720.jpg16+(10)_convert_20150129185755.jpg

写真に使ったビクの横ヒゴは隣の家の黒竹を使いました、細いので曲げるには強いですね、ただ、節の間隔が狭いのでうまく合せるのに苦労しました、まるで機織りの苦労でした。

16+(12)_convert_20150129185826.jpg16+(13)_convert_20150129185924.jpg16+(14)_convert_20150129185951.jpg

16+(3)_convert_20150129190023.jpg16+(4)_convert_20150129190057.jpg16+(5)_convert_20150129190123.jpg

口の部分はステンレスの針金に籐を巻いて隙間の目隠しにしました、この辺はアイデァで電線を使っても良いし、止めるのは銅線を数回巻いて、はんだごてで内側で止めてしまう方法でも良いです。

箱の真ん中の、開閉する蓋は面倒ですので無くても良いです、年間1匹だけ飛び出した経験があるだけです。
このビクはすべて私の考えで作ったもので見本があった訳ではありませんので、さらに改良の余地は沢山あると思いますので作られる方は頑張って下さい。

左は以前からUPしている記念の為の保存用です、右は簡単に口の部分は、園芸用の柔らかいカラーの針金で穴埋めした予備のビクですので、実用的だけの物ですので少し雑です。

16+(18)_convert_20150130093755.jpg16+(19)_convert_20150130093823.jpg



なおこの画像はクリックで1350PXまで拡大出来ますので、大きくしてご覧ください。










                                                
2015-01-29  釣り道具 

展示用毛ばりケース

私の所は地方の小さな市で、一つある釣り具店も家内的な店ですので、そんなにお客がある訳ではないのですが、たまにテンカラ毛ばりを欲しいというお客がいるから、巻いてくれないかとのお話が以前からあって、3年ほど前から少しだけ委託という形で置かせていただいております。

今は、話を聞きつけて持ち込んでくる人もいるようですので、ぼつぼつ止めようかと思っておましたら、お店から県外からわざわざ来て下さる方もいらっしゃるから、今年も頼むといわれましたので、しばらくは置かせていただく事にしました。

それならば、もう少しお客さんが見やすく選びやすいようにと、空き箱を利用して展示用のケースを作りました。

今までもありましたが、仕切りが低く混ざってしまう欠点がありましたので、深さ15ミリの仕切りにしてみました。

11+(1)_convert_201501.jpg

建具屋さんのような組子の機械や技術もありませんので、縦を接着剤で底に止めて、その間に小さく切った板をはめ込み接着剤で止めると言う、全くの素人方法ですが、意外と面倒ですね。

この様にして店頭に置いて頂きます。

11+(4)_convert_201501.jpg


正直な所、わずかな売り上げしかなく、材料代にもなりませんが、それでも良く釣れたからお爺さんによろしくと、店にわざわざお礼の電話があった事や、野鳥の毛ばりに興味を持ったなどの話を聞きますと、このままで終わってしまったかもしれない私の毛ばりに、少しでも注目をして頂いたかと思うと本当にうれしくなります。


そんな訳で沢山巻いてもほとんど売れず、無駄になってしまいますので、多くは置いてありませんが、どうか今年も「爺さん毛ばり」をよろしくお願いいたします、ただ、言っておきますが何の毛ばりでも同じですよ、自分で巻くが一番です。














                                                
2015-01-27  出来事 

春はまだまだ遠い

昨日から暖かい日が続きましたが、私の地方はこれからが冬本番、大雪の季節です。

暖かさに誘われて家の周りを歩いてみますと、隣との境に植えてありますアケビの棚の最上部にカマキリの巣(卵)を見つけました。

13+(1)_convert_201501.jpg

昔からの言い伝えに、カマキリの巣(卵)が高い所にある年は大雪になるとか言われています。
本当にそうなら今年はこれから大雪になると言う事ですが、この説が当らない事を望みます。

13+(2)_convert_201501.jpg

ナンテンの実は雪に良く映えますね。

10+(4)_convert_201501.jpg






                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品