2015-02-28  渓流釣り 

懐かしい本

本棚の整理をしていたら、釣りに夢中だった頃の懐かしい本が出てきました、私の釣りに大きな影響を与えたと言っても過言でない本です。

左の本は桑原玄辰先生の昭和53年初版の本ですが、カバー(ジャケット)のパラリと巻いた毛ばり2本が魅力的で、内容的にも野鳥を主体としたテンカラ毛ばりの事、竿の手作り、などが詳しく書いてあり、私のこの本による影響は大きなものでした。
右の本はその後出版された本ですが、生態、ポイントを中心とした本です。

22+(4)_convert_201502.jpg22+(5)_convert_201502.jpg

この本は綾部丹堂先生の昭和62年初版の本ですが、この本の影響でテンカラのキャスティングを勉強しました。

22+(7)_convert_201502.jpg22+(1)_convert_201502.jpg

下のは、現在はお弟子の方もそうとういらっしゃる石垣先生の本で、平成4年の初版の本です、毛ばりを魚の側からから見た場合どうなのか、それを科学的に研究された本ですので、非常に興味を持って読ませていただきました。

22+(6)_convert_201502.jpg22+(2)_convert_201502.jpg

22+(3)_convert_201502.jpg最後の本は、つり人社の1995年初版の本で、テンカラ釣りの本ではありませんが、私のホームグランド木曽路、中山道沿いその周辺の渓流を、地名や川名の由来、さらには史跡や風俗を掘り下げながら釣り場の特徴を細かく紹介してあり、私も上松以北はこの本に基づいてほとんど歩きました、木曽ばかりでなく奈良井川水系の紹介もあります。
これから木曽川水系をターゲットにしたい方は非常に参考になると思いますが、20年前の本ですから手に入りますかどうか、手に入れば時代は変わっていますが、史跡や風俗は参考になりますのでお薦めしたい本なのですが・・・・。

まだまだ沢山ありますが、機会があったら又ご紹介いたします。






ダイワ(Daiwa) ウェーダー補修ボンド2 739771ダイワ(Daiwa) ウェーダー補修ボンド2 739771
()
Daiwa(ダイワ)

商品詳細を見る


TOPSHELL(トップシェル)透湿防水フェルトスパイクシューズ TS-925TOPSHELL(トップシェル)透湿防水フェルトスパイクシューズ TS-925
()
阪神素地

商品詳細を見る





                                                
2015-02-26  渓流釣り 

餌ミミズの用意

解禁に向けて、冬の間庭の片隅にバケツに入れて埋けておいたミミズを掘り出しました。

私は、最近は餌は年中ミミズです、時期によってはイクラとかカワムシが有利な事はわかっていますが、そんなに沢山釣れなくても良いのです (本当はズクが無いのかも)。

・・・と言う訳でバケツをひっくり返し木箱に出してみました、写真では直ぐもぐってしまうのでよく見えませんが沢山育っています。

これは、秋、禁漁になった時に残ったミミズを園芸用の腐葉土を入れたバケツ(1.5ミリ位の穴を無数に空けてあります)に入れて土中に埋けておいたものです。
今日は、入れ物(バケツ)を2つにして、片方はすぐ使えるものもう一方は小さな物と分けて拾いあげました。
ついでに3箱ほど購入して来て、これも同じように分けておきました。

18+(2)_convert_201502.jpg18+(5)_convert_201502.jpg

買ってきたものの中に入っている粉?は捨てずにビニール袋に入れて保存しておきます、釣りの予定が決まったらこの粉を一握り出して、バケツから拾いあげたミミズをこの上に載せておきますと、ミミズが潜り込みバケツの腐葉土は上に残りますので、それを取り除き捨てて持参します。
バケツの腐葉土のまま持参しても良いですが、手が汚れますのでこの様にしています、粉の作り方は以前こちらにUPしてあります。

右の写真はタマゴですが、購入したミミズの中にもこれからは多く見られるようになりますので、捨てずに飼育のバケツに移しておきます。

18+(7)_convert_201502.jpg18+(6)_convert_201502.jpg

暖かくなりますと、餌も良く食べるようになりますので、私は傷んだり小さな馬鈴薯などを茹でて冷まして餌として与えます、しばらくすると馬鈴薯の皮だけになってしまいますから、好んで食べているのではないかと思っています、生で与えるより茹でたものの方が良い感じがします。
もちろん、以前UPしたバナナの皮もハサミで刻んで入れていますよ。

釣りに行って余ったミミズは捨てないで、蓋の付いた小さな桶などに小さな穴を無数に空け、腐葉土かピートモスなどを入れてその中で飼っておくと急に釣りに行く場合なんか便利ですよ、夏は日の当らない涼しい所に置くのが良いです、餌は新鮮な野菜なんかより腐り易い状態の物が良いですね。













                                                
2015-02-24  花と庭木 

ようやく春の気配が!

この頃の暖かさでようやく我が家の庭にも春が来ました。

足の調子が少し良くなりましたので、家の周りを少し歩いてみましたら、日当たりのよい場所に真っ先に咲く可憐な花、スノードロップが咲き始めました。

25+(3)_convert_201502.jpg

この花は球根です、土壌が合うのか放っておいても、毎年花を咲かせてくれます。

25+(1)_convert_201502.jpg25+(2)_convert_201502.jpg

25+(5)_convert_201502.jpg午後、畑の様子を見に行ったら、ブドー園の下にオオイヌノフグリも咲いていました。
ケイタイのマクロで撮ってみました、この位ならまあ良いでしょう。








いよいよ春が近付いてきました、山に川に心が躍ります。















                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品