2016-01-31  出来事 

洗馬焼?

 洗馬焼とは? よほど陶芸好きの人でないと知らないと思いますが、私の近くに洗馬(セバ)という地区があります、昔は中山道塩尻宿と本山宿の間にあった宿場ですが、大火事にあって現在は昔の面影はありません、洗馬の地名は木曾義仲が馬を洗ったという事から付いたと言われています。
 そして、安藤広重の木曾街道六十九次で、「洗馬」という題で、奈良井川に浮かんだ舟と、月夜の情景が描かれていますが、今の奈良井川では舟など考えられませんが、謎は多いです。

9+(2)_convert_201601.jpg

 洗馬焼は、江戸末期、松本平の生活雑器として焼いたと言われていますが、明治の後期に木曾谷を通る中央線が開通し、鉄道輸送が盛んになり、良質の瀬戸焼(セトモノ)がどんどん入るようになり廃業に追い込まれたのだそうです。

 今では、その洗馬焼も塩尻市内の「信斎焼」・「入道焼」とともに収集家、愛好家が多いですね。
 そこで、我が家にもそんな感じのする「カメ」がありましたので、本で調べてみましたが、洗馬焼に間違いないと思うのですが、カメだとそんなに価値のあるものでもないので、鑑定は受けてありませんが、いつか市内の歴史資料館で鑑てもらおうと思っています、 最初の写真がそのカメです。
 
 下の写真が本に掲載されているものですが、 皆さんの鑑定はいかがでしょうか!

9+(1)_convert_201601.jpg9+(3)_convert_201601.jpg

 ちなみに、この洗馬焼は後期は信斎焼ともいわれ、滋賀県の信楽焼の陶工・奥田信斎が技術を伝播したと言われています、現在は窯跡も復元されているようですし、家から車で10分もかかりませんので、桜のきれいな頃にでも見にに行こうと思っています。

窯跡の近くの東漸寺です、一昨年、携帯で撮ったものですので画像がイマイチです。

10+(7)_convert_201601.jpg









                                                
2016-01-28  毛ばり 

よれよれ毛ばり

 オリンパスTG-3のカメラにLEDライトガイドを付けて撮影したテクニカルゲームさんの記事に刺激され私も購入しました。
 このカメラは、顕微鏡モードで接写が出来ますが、フラッシュの位置と被写体にズレが出来るため影などが入り良い写真が撮れないこともありましたが、これをセットすることで、被写体に均等に光が当たりきれいに撮れます、これ自体が発光するのではなくフラッシュの光源をレンズ周りにうまく取り入れて分散させるという目からウロコのアイディアだと思いますね。

 下の写真は通常の撮影ですが、その下からはLEDライトガイドを使いました。
8+(10)_convert_201601.jpg

 私は、野鳥の毛ばりが好きです、以前、義兄から貰ったスズメの羽がありましたので巻いてみました、巻き方は前にUPしてありますので、省略しますが、使うところと言えば翼の羽ですね、部位によっていろいろの形が有りますが、工夫すればそれぞれ使い道はあります。

8+(1)_convert_201601.jpg8+(2)_convert_201601.jpg

 この羽の場合は、片方だけを使いますので短い方をカットします、切れるカッターかはさみで切り取ります。
 羽の髄と言いますか、芯と言いますかこの部分は硬いので、カッターの柄のところなど滑りやすくて硬いもので、潰すようにこすりますと少し柔らかくなり巻きやすくなります、巻く部分は約2㎝位です、少し爪でしごいて羽をバラバラにします。

8+(3)_convert_201601.jpg8+(4)_convert_201601.jpg

 ハネが柔らかいので、ボデー上部にウエイトを巻きウエットとして使います、見た目は悪いですが、意外と面白い毛ばりです。
 
 写真については、被写体にむらなく光線が当たりきれいに撮れますが、その分コントラストが少し弱いかなと・・・ハワイトバランスなど設定にまだ未熟なところがありますので、少しづつ勉強していきたいと思っています。

8+(11)_convert_201601.jpg





                                                
2016-01-26  渓流釣り 

予備竿

 私は、渓流竿は「鎧峰」2本と予備竿2本をうまく回して使っていますが、薮沢などに使う短い竿が欲しくなりました。
 小渓流でも5.4mの竿を使うのが持論なんですが、最近は、本格的な釣りよりも、山菜採りなどのついでに小さな源流に入る事が多くなりましたので、4.5mの竿が無いものかと探していたところ、ヤフオクに格安の竿がありました。

 天平超硬調53ZZです、穂先の折れたジャンク品ですが、新品です。
 もともとそんなに高額な竿ではありませんが、通常販売価格の半額以下で落札しました、穂先の回りリリアンが欠損しているだけですので、補修は可能です、野口さん8人にお出まし頂きました。
 振ってみましたが、流石に超硬調、源流向きです、45-49-53のズームで、ズーム嫌いの私ですが、45にセットすれば良いし、古竿を利用して「握り」を作れば、ズームですので調子を狂わすことなく、軽い45に作り直すことも可能と考えました。

8+(6)_convert_201601.jpg

 穂先は千円位で買えますが、折れている部分が少しだけですので、このまま修理して使うことにしました。
 ヤスリで先端1㎝位を少しだけ削り細くします、リリアンを少しだけホグして差し込みます、抑える糸は毛ばり用のスレッドで巻きました、できるだけ薄く巻く事です、穂持ち(2段目)から抜けるようにしないと手入れの時に困ります、アロンアルファーで止めて完成です、今は、糸がらみが少ないという理由で、回転するリリアンタイプや、アタリが伝わりやすいと金属の回転トップなどが主流ですが、普通のものでも何ら不便を感じたことがありませんね。

8+(7)_convert_201601.jpg8+(8)_convert_201601.jpg

 出来上がりです、これで超源流は十分です。

8+(9)_convert_201601.jpg

 






                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ