2016-12-30  出来事 

’16年を振り返って

 2016年も終わりとなります、振り返ってみますと今年は体調面であまり良い年とはいえませんでした、4月半ばに腰に痛みを感じ診察の結果は脊柱管狭窄症、合わせて五十肩、歳を考えると完治は無理ですのでうまく付き合って行くより仕方ないですね。
 ブログも手抜きが多くなってきましたが、カテゴリ別に一年間を振り返ってみました。

渓流釣り
 禁漁間近になって、なかなか釣れないアマゴの尺が上がりました。

61_(1)_convert_201612.jpg

毛ばり
 今年は、源流のチョウチンテンカラに、ビーズヘッド毛ばりの良さを再確認した年でした。

25_(11)_convert_201612.jpg

釣り道具
 タモは3つだけ作ってみましたが、昔のようにうまくいきませんね。

31_(5)_convert_2016122.jpg

キノコ採り
 キノコはイグチ系が不作の年でしたね、個人的にはコウタケが多く採れました。

76_(7)_convert_201612.jpg

山菜採り
 幻の山菜、シオデは沢山採れました、山のアスパラガスと言われています。

25_(15)_convert_201612.jpg

燻製
 鹿肉では良くやりますが、久しぶりにイワナの燻製もやってみました。

49_(4)_convert_2016122.jpg

家庭菜園
 今年は雨が多く、水の心配をする必要が無くて助かりました、野菜の不作で価格高騰の年であったようですが、家庭菜園ではいつものように穫れた感じですね。

28_(6)_convert_2016122.jpg

庭木と花
 足腰が弱って手入れが出来なくなり、庭木は大分伐採しました、この花は秋咲くホトトギスです、これからは花中心の庭になるでしょう。

69_(5)_convert_2016122.jpg

出来事
 昨年、兄2人が他界し、今年は法事が沢山ありました、四十九日、一回忌、お彼岸、新盆、あら御霊、と、それぞれ行いますので大変でした、ぼつぼつ生前退位を考えて後半は、娘にも代わりに出てもらいました、まだ、来年はそれぞれ三回忌があるのです。

27_(6)_-_コピー_convert_20161222141124


 今年は、寄る年波には勝てず、アユ釣りは止めにしましたし、渓流釣りもいつもの年の半分位になってしまいましたが、それなりに楽しみ、何よりも事故もなく無事過ごせた事に感謝しております。

 ブログでは、皆様方から沢山のご訪問、コメントなど頂きお礼申し上げます、これからはどうしても机上のブログが多くなるかもしれませんが、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
 

 それでは皆様、良いお年をお迎えください。








                                                
2016-12-27  出来事 

鬼クルミの割り方

 正月のお餅にでも使おうかとオニクルミ割りをしました、やり方はいろいろあると思いますが、叩いて割ってしまうと殻などが混じって困ることがあります、私のやり方は中味を掘り出すのに少し厄介ですが、殻が入らないのでいつもこの方法でやっています。

100_convert_201612.jpg

 以前にもUPしてありますので、今回は動画で紹介したいと思います。




 私は、こたつの上でやりますのでショックをやわらげるため、少し厚めのケヤキの重い木がありましたので、そこに少し窪みを作ってクルミが動かないように工夫しました、ナイフは両刃が良いと思います、ゴムハンマーは今では百均に売っていますよ。
 









                                                
2016-12-25  出来事 

堆朱の広蓋

 最近は、先の事を案じてか身の回りの整理をいろいろ始めていますが、先日UPした雛人形を片付けている時、座敷の廊下の奥に立てかけてあった広蓋が気になっていました、広蓋(ひろぶた)と言ってもわからない人もいるかと思いますが、縁の付いたコタツ板と言えば分かると思います、冬はコタツが暖房の手段であった昔は、人寄りの時はすべてコタツでしたので、冬場の人のおもてなしに欠かせないのがこの広蓋でした。
 今でしたら、ストーブなどがありますから冬でもテーブルで済ますことが出来ます、若い頃、家1軒持てば必要なものと思って大枚をはたいて買ったものです、近くの木曽平沢は、日本でも有数の漆器の生産地として古くから有名ですので良いものがあるのです。
 
 子供達に残してやればと思い聞きましたが、「それこそ要らない!」 頭に ”それこそ” が付きました、時代は変わったんですね。

98_(2)_convert_201612.jpg

 堆朱(ついしゅ)のと言うのは、黒のうるしを凸状に散りばめ、それに次々と変わった色のうるしを重ね塗りをし、最終的に研いで平らにして模様を出すというものだと聞いていますが、その手間は大変な物でしょうね、家にも大小これだけありました、右の写真の模様は電灯の光でまだらに見えますが、本物はもっときれいなものです。

98_(1)_convert_201612.jpg98_(3)_convert_201612.jpg

 子供や孫が小さな頃は、1枚だけは使っていましたが、こぼしても布団が汚れず重宝しましたね。
 誰もいらないと言いますから、これからはもったいないなどと思わず、どんどん使う事にします、次第に子供に戻っていくジジ・ババには軽いし都合が良いですね。









                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村