2017-01-30  毛ばり 

モジャモジャ毛ばり 2

 ヘヤーズイヤーを使った、モジャモジャ毛ばりを今度はフライで良く見かけるニンフ風に巻いてみました。
 テンカラ毛ばりしか巻きませんので、フライをやっている方から見れば笑われるかもしれませんが、面白半分に巻きました、フライで良いのならテンカラでも良いかもしれませんが、沢山巻く気はありませんあくまで試験的です、シーズンオフにはこんなことをして楽しんでいるのです。
 フライのマテリアルが揃っているわけではありませんので、山鳥の尾っぽを使います、これなら沢山あります、これをテールと背中に使い川虫のヒラタ風のイメージです。
 鍼は#12、ビーズヘッドは大きめを使います。

10_(1)_convert_2017012.jpg10_(2)_convert_2017012.jpg

 スレッドで下巻きし山鳥の尾っぽの羽を数本むしり取ってテールとします、次にダビング材の押さえにコパーワイヤーを数センチ付けておきます、細い銅線でも良いですね。

10_(4)_convert_2017012.jpg10_(5)_convert_2017012.jpg

 ヘヤーズイヤーを肩の部分まで巻きつけ、コパーワイヤーをヘッドに向って螺旋状に巻いて抑えとします、肩の部分に少し多めの山鳥の尾っぽをスレッドで止めその上に多めのヘヤーズイヤーを巻き付け、取り付けた山鳥の尾っぽをヘッドの方に被せ、BHの所でスレッドで止めます。

10_(7)_convert_2017012.jpg10_(8)_convert_2017012.jpg

 先端をカットして、ニードルでヘヤーズイヤーを少しかき出し、形を整え完成です。

10_(10)_convert_2017012.jpg

 もう一つ、肩の部分を虫っぽくするため、古いカセットのテープを使ってみました、上記の方法ですので説明は省きます。

10_(11)_convert_201701.jpg10_(12)_convert_201701.jpg10_(13)_convert_201701.jpg

10_(14)_convert_201701.jpg10_(15)_convert_201701.jpg10_(16)_convert_201701.jpg

 いまいちか? テールが多すぎた。
 カセットテープより、すじの入ったビニールなど4ミリ幅位にカットして使えば面白いものが出来るかもしれませんね、皆さんも何か工夫して作ってはいかがですか。

10_(17)_convert_201701.jpg

12_(7)_convert_201701.jpg





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
2017-01-29  その他の趣味 

夜明け前

 「木曽路はすべて山の中である」から始まる島崎藤村の「夜明け前」の長編小説は有名ですが、藤村の生まれ故郷の木曽郡山口村馬篭宿は地理的な不便さもあって、2005年に越県合併で岐阜県中津川市に編入されてしまい、長野県民としては非常に残念でした。
 
 木曽福島に夜明け前の原稿のレリーフがあると聞いていましたが、見ることなくいましたところ近所の木曽の小学校の校長をなさった方から拓本を頂くことが出来ました、それも30年以上も前のことでいまだに表装してありませんが、今回の片付けで出てきました。

6_(3)_convert_201701.jpg

 木曽路といえば、当市の贄川に「是より南木曽路」の碑があり、藤村の生まれ故郷の馬篭には「是より北木曽路」の碑があります。
 木曽路も塩尻市の奈良井宿までは奈良井川沿いで、この奈良井川は犀川、千曲川、信濃川と名前を変えて日本海に流れ出ていますが、鳥居峠を越えると木曽路も木曽川沿いとなります、もちろん木曽川の名前で太平洋に流れ出ます。
 木曽路は日本海に流れる川と、太平洋に流れる川と双方の川に沿って走っているのです。

 先日、拍手コメントに嬉しいコメントを頂きました、思うように体が動かず少し落ち込んでいたところでしたので元気を頂きました、木曽川水系の釣りを愛し、楽しんでいる者として嬉しく思い、皆さんにも見ていただきたくご紹介します。

 「いつも読ませていただいております。何とかお元気でお願いします。小生はまだ年金生活に入ったばかりの若造ですが、貴兄のブログに羨ましくもあります。信州のイワナに魅せられ、釣友と2年前から開田方面に釣行しております。なかなか思うようにはいきませんが、天空爺で楽しく青んでおります。もちろん釣友もテンカラです。春が待ち遠しいですし、今年も信州へ出かけたいと思っております。釣り好き老人を応援してます。」 

 非公開で頂いた場合、返信機能がありませんので多分返信の手間を気遣っての投稿だと思いますが、勝手ながら公開させていただきました。
 宮城様、木曽川水系は支流も多いし魚も濃いです、釣ばかりでなく自然を満喫するだけでも良いと思います、是非お出かけください、山菜やキノコを採るのは最近はなかなか地元の人達の理解は得られませんが、写真はいくらとってもいいので木曽路を堪能していただきたいものです、私も、ババに車に乗せて貰ってでも竿を出してみたいと頑張るつもりです、ありがとうございました。





クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
2017-01-26  毛ばり 

モジャモジャ毛ばり 1

 私はどちらかというと毛ばりをきちんと巻いてしまう傾向があって、野趣に欠けると自分でも思っています、今回はフライのダビング材がありましたので、ボディに使ってみました。
 
 最近お気に入りのビーズヘッド2.3mm、鍼はウエット用の#12、BHだけではバランスが良くないかと軽めのレッドワイヤー・010を使ってみました、下巻は簡単に出来る自己融着テープです。

9_(1)_convert_20170120143643.jpg9_(8)_convert_20170120143931.jpg

 テープは引き伸ばしながら巻きます、レッドワイヤーの段差を埋める為に好都合です、ヘヤーズイヤーをスレッドにより付けながら巻き、荒巻で押さえます。

9_(2)_convert_20170120143703.jpg9_(7)_convert_20170120143911.jpg

 ハックルは沈みやすいメスキジ。

9_(3)_convert_20170120143722.jpg9_(4)_convert_20170120143743.jpg

 出来ました、これでほつれる事は無いと思いますが心配でしたら、尻尾の端と脇にセメントを滲ませておけばいいと思います。
 これなら簡単で良いですね。

9_(6)_convert_201701.jpg






クリックして頂ければ励みになります
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品