2017-04-29  山菜採り 

山菜もボツボツ

 膝を痛めたババの回復が長引いています、運動はすべて止めていますが、好きな山歩きが出来ないのは可哀そうですので、林道の脇の山菜でもあったら採ってこようと気晴らしのつもりで出かけました。

 御嶽山、乗鞍岳がきれいに見えます。

48_(3)_convert_20170427193521.jpg48_(4)_convert_20170427193547.jpg

 クレソンのある所を知っていますので少しだけ採ってきましたがコゴミはまだ早くて駄目でした、もっとも沢の奥にでも入ればどうかと思いますが今回は様子見です。

48_(5)_convert_20170427193618.jpg48_(6)_convert_20170427193644.jpg

 ババお得意のホップの芽は林道の道端などにもありますので、一生懸命採っていましたね。

48_(7)_convert_20170427193708.jpg

 その間、私は下の沢が気になりますので「チョットダケヨ」、車にはちゃんと竿と毛ばりが乗っています、昔は、この川の下流の方は良く釣れた場所なんですが、20年ほど前に砂防堰堤が出来てその上流であるこの辺は小さなものしかいなくなってしまい、最近は入った事がありませんでしたが、長靴でも何とか出来そうですのでやってみました。

48_(1)_convert_20170427193735.jpg

 来ましたね、キジの黒毛ばりです、まだ、食いが悪く3匹ほど途中で落ちてしまいましたが居るには居ます、大きくはなさそうですが改めて本格的に入ってみようと思います。

48_(2)_convert_20170427193800.jpg

 さて、上記のホップの芽ご存知でしょうか?
 子供の頃、あまり食べ物が無かった時代、山菜は貴重な食料でしたが、当時、私の所ではこの山菜をワクノテと呼んでしたような気がします、今では少し知られるようになって来て、ホップの芽と呼ばれるのが一般的になってきましたね、信州も中信地方だけでしょうか。
 今が一番採りやすい時期で、地面から弦性の芽が伸びて出てきています、その先端を15cm程摘みとります、大きくなると他の木に絡みついても伸びます。
 大きな木の下というよりも、日当たりのよい林道脇など、まだ、草が青々と生い茂る前の枯れたイタドリやバラなどがある荒れた感じの所を探せばありますよ。
 食べ方は、茹でてお浸しで頂きます、少し苦みがあります、茎は中空です、皆さんも探してみたらいかがでしょうか。

48_(9)_convert_20170428084934.jpg48_(8)_convert_20170428084958.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-04-27  家庭菜園 

長ネギ失敗

 長年、ネギは地元の伝統野菜「マツモトイッポンネギ」を作っていましたが、自家用に採取した種が良くなかったのか昨年は出来が良くありませんでした、品種を変えてみようと昨年秋にネギ苗用に「永吉冬一本太」と言うのを蒔いて見ました、しかし、何故か半分位しか芽が出ず、ネギ苗には少し足りません。
 
46_(1)_convert_20170425095035.jpg46_(5)_convert_20170425095154.jpg

 そこで、本来ならば夏の終わりに来年のネギ苗用に蒔く「マツモトイッポンネギ」を、袋裏の説明では4月でも良いことになっていますので先日蒔いてみました。

46_(2)_convert_20170425095054.jpg46_(3)_convert_20170425095114.jpg

 芽は出てきましたが、果たして冬用のネギとなりますか?

46_(9)_convert_20170425095324.jpg

 トマトの支柱棚を作りました、ここは、南の風当たりが強いので頑丈に作らねばなりません、以前にもUPしましたがこの金具便利ですね。

46_(4)_convert_20170425095133.jpg46_(8)_convert_20170425095302.jpg

 今年もトマト7本作ります。

46_(7)_convert_20170425095241.jpg

 午後、市内の公園のミズバショウを見に行ってきました、霜にやられますと花が茶色くなってしまいますが、今年は大丈夫のようです。

46_(12)_convert_20170425144509.jpg

46_(11)_convert_20170425144537.jpg

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-04-25  渓流釣り 

毛ばりを試す

 毛ばり釣りをやった方は分かると思いますが、毛ばりで掛けた1匹は餌で掛けた1匹より格段にうれしいものです。
 本流はまだ水量が多いので源流に入ります、餌を持っていくとどうしても餌に頼ってしまいますので今日は毛ばりだけです。
 しかし、水量が多いです、残雪もありこれではちょっと難しいですね。

45_(8)_convert_20170424154506.jpg

45_(1)_convert_20170424154533.jpg

45_(3)_convert_20170424154557.jpg

 この様な川です、当然テンカラ竿は振れませんので1mのフロロカーボン1号に0.5号のハリスを50cm位を付けて1号のオモリで餌釣り同様に流します、目印は以前UPしたこちらを使いました。
 イワナの川ですので、餌釣りでミミズの場合はアタリを感じたら糸を緩め完全に飲ませて釣りあげる方法を取っていますが、毛ばりの場合はそんなわけにいきませんので小さく合わせますので落ちてしまうのが多いです。

 何とか1匹ゲット、少し小さいですが嬉しいですね。

45_(4)_convert_20170424154621.jpg

 ようやく2匹目、餌のようには釣れませんがこの時期は仕方ないですね。

45_(7)_convert_20170424154648.jpg

 使った毛ばりはメスキジのお気に入りの毛ばりです、BHのウエット仕様です、写真は濡れた状態です。

45_(5)_convert_20170424154714.jpg

 今日使った同種の毛ばりです。

45_(11)_convert_20170425012123.jpg

 水が多くて老人には危険ですので1時間ほどで止めました。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。