2017-06-21  山菜採り 

ミズとイワナ

 ババの膝の調子があまり良くないので今年の山菜採りは控えていますが、釣りに出かけようとすると一緒に行くという・・・・、森林浴とかマイナスイオンとか言うのですッ。
 山菜があって、イワナが釣れて、そんなうまいわけにはいかないのに、魚はどこでも釣れると思っているから困りものです。
 水辺にある山菜、今日はババがその「ミズ」を採っている間にチョックラ釣りと言う計画です。
 この、ミズ(ウワバミソウ)はこちらではあまり食べる習慣がないし、小さなものは一面にありますが大きなものは少ないですね。
 秋田県の山菜として人気のあるミズのように、コブまで付くのはほとんどないですが、松本の姉の所では好きだと言うから採って行こうと思うのです。

 ちょっと早すぎますかな?

10_(9)_convert_20170619171241.jpg

 この川は急流で昔は荒れたのか堰堤が幾つもあります、高い堰堤ですので魚の上への移動は無理だと思いますが、大荒れの後などたまに大物も出る川です、岸にはフキやミズがありますが川に降りれば上がるのが苦労するため採る人はいないですね、今日は水が少ないです、釣れるのは小さなものばかり。
 18cm以上の物をから揚げ用に数匹釣って止めることにしました。

10_(1)_convert_20170619170947が.jpg10_(2)_convert_20170619171008.jpg


10_(4)_convert_20170619171051.jpg10_(7)_convert_20170619171159.jpg


10_(5)_convert_20170619171114.jpg10_(6)_convert_20170619171137.jpg

 岸に鳥の羽が散らばっています、何かに襲われ羽だけが残ったのでしょうか、よくある光景ですが、良く見ますと何とも言えない色のブルーがくっきりと縞にになっているカケスの羽です、テンカラ毛ばりを巻けばどんなになるのか、以前、1回だけ巻いて見ましたが1枚の羽だけでしたので部位が良くなくイマイチの出来でしたが、今回のは良いでしょう。

10_(8)_convert_20170619171220.jpg10_(11)_convert_20170619171322.jpg

 大きさも、毛ばりに巻ける大きさですね、いつか気分が乗ったら巻いてみます。

10_(15)_convert_20170619172808.jpg

 帰りに前回UPした大会の残りをやってみます、暑いし、車でババが待っていますし、風が強いので集中できず、1匹はバレてしまい戦意喪失、この1匹で止めました、もう一つの目的はテンカララインのテストです、昔から使っているサクラのマスターラインのレモンがもう市販されていないので、ナイロンのテーパーラインを使ってみました、しかし、慣れないためか組み糸の方が私には向いています。

10_(10)_convert_20170619171301.jpg

 本日の釣果? シオデは釣っている間にアノ人が採ったものです、ミズもフキもこれだけ持って行ってやれば十分でしょう。

10_(12)_convert_20170619171342.jpg10_(13)_convert_20170619171404.jpg10_(14)_convert_20170619171427.jpg

 尚、前回の記事、迷惑なアパートについて大勢の方から激励のお言葉やアドバイスを頂きありがとうございました、とりわけ公共建設事業にかかわる大阪の先生から適切なアドバイスを頂き、その事を胸に置きながら対応しましたところ態度が急変、何とか窓に完全な目隠しを付けさせる事とエアコン、ボイラーの排気音等につきましても、入居後の影響を引き続き考慮する事で話しがつきそうです、持つべきものは釣り好きのお仲間の皆さん、醍醐麻沙夫の名言に「魚を釣りたい一心が、魚以外の実に多くの物に私を逢わせてくれた」まさにその通りです、本当にありがとうございました。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます