2017-07-23  釣り道具 

ちょっとした工夫

 釣りでなくてはならないものは竿ですが、種類も価格的にピンからキリまであります、源流の釣りが多い私はどちらかと言いますとノーマルなものが好きですね、源流でも小さな藪沢は穂先より4~5番くらいまではしっかり伸ばして使いますが、後は軽く伸ばして使います、理由は掛かった時、竿をたたみながら取り込む事があるからです。
 そんな理由もあって源流では竿の伸縮が多く、長く使いますと接続部分の摩耗が生じ、繋ぎ部分のスッポヌケが発生します。
 
 雨の日に多い竿の固着についてはブロ友の山女魚さんから教わった接続部分にロウソクのロウを塗るというものです、この、ロウを塗る方法については固着以外にもこんなメリットがあるような気がします。
 私の現在使っている竿は、シマノ「鎧峰」ですが、もう数年になりますし年間20回位は釣りに出かけますが未だに現役です、買った当初は少し重い感じはしたのですが、頑丈な所に魅かれて購入しました、しかし、さすがに長く使いますと、太い方のスッポヌケが多くなり、その対応策として私は車の塗装の補修に使うタッチアップペンを使っていましたが、これは速乾性で良いのですが、しばらく使いますとやはりすり減ってきます。
 ところが、タッチアップペンで補修した後、このロウを塗ることでスッポヌケが少なくなった気がします、摩擦が少なくなるためでしょうか、そして、スッポヌケがまだ起きていない竿でも塗っておく事で長持ちしますね、確証はありませんが、今年はこの方法で大分助かっています。
 
18_(1)_convert_20170708133936.jpg18_(3)_convert_20170708134022.jpg

 ケーキに付いてくるロウソクです、そして車の傷の補修に使うタッチアップペンです。

18_(4)_convert_20170708134045.jpg18_(5)_convert_20170722104258.jpg

 以上、私のちょっとした工夫をご紹介しました、確実な方法では無いかもしれませんので、同じようにおやりになる場合は自己責任でお願いします。

クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-07-20  毛ばり 

ちょうちんテンカラ用毛バリを試作

 先日、源流の藪沢でちょうちんテンカラをやってみましたが、なかなか合わせが出来ず何匹も落としてしまいました、餌釣りでしたらアル中のかすかな手の震えが適当なテンションとなって良いのですがテンカラには向きません、目から手まで指令が届くのに時間がかかるようです、脳の劣化で反射神経に渋滞が起きているのです、それでも負けず嫌いの癖が出て、ウエット用の鍼だったから軽い合わせでは鍼がかりが悪かったのではないかなどと毛ばりのせいにしてしまうのです。
 
 そこで鍼がかりの良い細身のエサ用の鍼を使って巻いてみる事にしました。
 やまめ一番半スレヒネリ6.5号です、ヒネリは必要ないですが、試験的ですので手元にあるものを使います、フライでは#12~#14の間くらいの大きさでしょうか、もちろんアイ(カン)がありませんので#50のミシン糸でワッカを作り、スレッドでしっかり押さえてアロンで止めます、低粘度のアロンだと作ったアイの方まで浸みて都合が良いです、ナイロン糸1.5号でも作ってみました。

20_(8)_convert_20170714151821.jpg20_(10)_convert_20170715151732.jpg

 渓流竿で餌のように落として釣りますので、鍼に重みを付けます、ビーズヘッド2.3mm、レッドワイヤー.010、試験的ですので雑です、胴は、ストリップドピーコックの赤とゼンマイを使ってみました。

20_(11)_convert_20170715151802.jpg20_(4)_convert_20170714151356.jpg

 ハックルは雄キジの首の部分です、ハックルが大きいように感じますがこれは「爺さん毛ばり」でフツーのテンカラには何ら問題が無い事が分っています。

20_(7)_convert_20170714151525.jpg

 それでも少し小型が良いかとも思いまして、柔らか過ぎてほとんど使わなくていた、この羽を使ってみます、打ち込むのでないのでそんなに傷まないし、かえって良いかもしれません、胴はいつものヤツです。

20_(9)_convert_20170715151839.jpg20_(12)_convert_20170715151903.jpg

 こんな風に巻けました。

20_(14)_convert_20170715151932.jpg

 そして、コックネックは。

20_(16)_convert_20170719155540.jpg20_(17)_convert_20170719155148.jpg

 さて、いつになるかわかりませんが実際に使ってみようと思います、この毛ばりはフトコロが深いし針先が細く鋭利ですので少しの合わせで掛かるハズです、漁師ではないので沢山釣る必要もないし、沢山釣りたければこんな面倒な事をしなくても餌で釣ればいいのですが、思いを込めた毛ばりで1匹でも釣れれば 「 してやったり!」 この快感が釣り人にはたまらないですね、楽しみです。

20_(18)_convert_20170719190539.jpg 最近困ったことが起きています、当市は7万弱の小さな市ですが、市の中心地近くまでクマが出るのです、幸いにして釣りに行く木曽谷の方は出ていないのですが、クマも都市化が進んでいるようです、私の家も駅から1000m位ですから油断できませんね。











クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
2017-07-18  家庭菜園 

作ったは良いがどうする?

 夏の訪れの遅い信州でも、家庭菜園の野菜が次々と穫れるようになってきました。

 春先、ワラを短く切って敷き詰めた這う野菜専用の場所もいろいろ収穫できるようになってきました。

21_(1)_convert_20170716134100.jpg21_(2)_convert_20170716134126.jpg

 小玉スイカは食べごろはカラスが良く知っています、小さなコンテナで防御しますが、しかし、数に限りが・・・・。

21_(3)_convert_20170716134147.jpg21_(4)_convert_20170716134211.jpg

 キュウリは穫れすぎてどうするの? 漬物用においしいからと言われ作ったシマウリだって、 「オラァ~知らねぇ~ジ」
 
21_(5)_convert_20170716134235.jpg21_(6)_convert_20170716134258.jpg

 ボッチャンカボチャもそしてユウガオも、ユウガオは1つの苗から20本は穫れますから40本と言う事になります。

21_(7)_convert_20170716134322.jpg21_(8)_convert_20170716134344.jpg

 オクラも種がもったいないと二本ずつ11穴、これが秋まで穫れますから大変なことになります、モロッコは仕方ないので放置して豆で収穫します。

21_(9)_convert_20170716134407.jpg21_(21)_convert_20170716134856.jpg

 ナス類も穫れ始めました、これは割合と喜ばれますね。
 
21_(10)_convert_20170716134429.jpg21_(11)_convert_20170716134452.jpg

 ピーマン、トウガラシ類です、トウガラシは私の所ではコショウと言います、これは沢山要らないのに3本も。

21_(12)_convert_20170716134519.jpg21_(13)_convert_20170716134540.jpg

 ネギは2種類、そして腰痛対策に試験的袋栽培したゴボー、これは冬用ですから沢山あってもいいですね。

21_(14)_convert_20170716134604.jpg21_(15)_convert_20170716134625.jpg

 ニンジンです、春先の干ばつで芽の出が悪かったのであまり良くないですね、2番目も播きました。

21_(17)_convert_20170716134713.jpg21_(18)_convert_20170716134743.jpg

 モロコシ第3弾の芽が出始めました、第1弾がボツボツ収穫ですが、第2弾が適度な雨で追いつきそうです、馬鈴薯は月末頃掘ります、今年はいつも余るので少なくしました。

21_(19)_convert_20170716134807.jpg21_(16)_convert_20170716134650.jpg

 ツルムラサキです、新芽を20cm位で摘んでおひたしで食べます、次から次と芽が出ますのでこれだけあれば食べきれませんね、鉄分補給に良いとされていますが好き嫌いがあるかもしれません、トマトは7本、追加で別の所に3本ボツボツ色づいてきました。

21_(20)_convert_20170716134834.jpg21_(22)_convert_20170716134919.jpg

 この他、レタス、キャベツなどは近くのJAの直売所で5本位ずつ苗を買ってきて植えます、一度に穫れても困るからです。
 レタスは同じマルチ穴を2回繰り返して使います、殺虫剤と化成肥料を加え穴から手を突っ込んで柔らかくしてしばらく放置しておき順番に植えつけます。


クリックして頂ければ嬉しいです
コメントも出来ます

                                                
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品