2013-01-29  釣り道具 

渓流タモを考える 2

渓流のタモについて2回ほど書きましたが、実際に作ってみたい人のために参考になればと、作るための道具など少し紹介します。

このタモ、私にとって今まで最高の出来ではないかと思い、もったいなくてまだ使わず飾ってあるものです。

068_convert_20130124124956.jpg

簡単な作り方の紹介です

取ってきた木は生のうちに皮を剥き、枝の部分は折らないようにおおざっぱな円形にして紐で縛り、半年から1年乾燥させます、その時切り口にガムテープなど貼ってヒビ割れを防ぎます。

乾燥がすんだら、ナイフやヤスリで取っ手など削り太さや形など決めます。
サンドペーパーは徐々に細かくして、最後は200番位までにしないと塗料を塗った時ヤスリの傷が目立ちます。
布のサンドペーパーがへこんだ部分にもうまく入り込み味を出しますよ。

それが済んだら使うのがこの道具です。
この汚いヤカン、口の所を細く潰します、蒸気が集中的に出るようにするためです。

063_convert_20130124112004.jpg064_convert_20130124112030.jpg

もうお分かりだと思いますが、この汚いヤカンを火にかけその蒸気で枠を円形にしていく訳です、手でやるとヤケドします、その時にこんな道具を作っておけば便利です。
枠に挟んで少しづつ無理しないように曲げていくのです。

065_convert_20130124112245.jpg066_convert_20130124112102.jpg

この時に、長く乾燥させた事が生きてきます、気の短い仲間はろくに乾燥もしなくて曲げましたが、形が戻ってしまいましたよ、接着部分も剥がれてしまいました。

塗装は、うるしの「透」を使いますが、何回も塗ると赤みが多くなりますので、私は「こげ茶」を少し混ぜました。
塗っては600~800番の水ペーパーで研いで、又塗る10回以上はこの繰り返しです、最後に「透」を薄めにして塗って終わりです。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお~
ぜひ作り方をアップしてほしいと思っていましたが、期待にこたえてくれました。

枝を曲げるために1年も準備期間がいるんですね。さすがです。
そして大切なのは道具なんですね。
蒸気で曲げるのはわかります。竹スキーもそうやって作りますものね。
曲げる木の棒、鉄筋用でおなじものがありますね。

塗装は研磨と塗り重ねが大事なんですね。
根気のいる作業です。
それだけの期間と手間を重ねてこれだけのものができるとはやはりハックルさんの仕事はすごい!

redeyesさんへ

豚もおだてりゃ木に登る!

いま、昔を思い出してビクを作り始めています、たぶん出来ずに挫折…
門松の竹が大量に処分されようとしていましたので、頂いてきたんです。
貧乏性でいやですね!

勿体無い

おはようございます。
丁寧に時間をかけ作ったタモ使うのも勿体無いですよね。
それにしても本当に綺麗なタモですね♪
私はタモを持たないので渓流魚の勝ち逃げが多いです(笑

山女魚さんへ

さっそくのコメントありがとうございます。
山女魚さんはリリース派でしょうから、私は食べる派なものですから、必需品です、大会の残りなんかテンカラで釣るとタモを腰に刺したままその中へ直接…なんて事もやったものです。

No title

こんにちは!
タモを作る行程はさぞかし大変なんだろうなあと思っておりましたが、いやはや時間が掛かるモノなんですね!
道具へのこだわりも・・・
やっつけ仕事が多い私にはなかなか真似が出来ません。

maburinさんへ

こんにちは!
これは昔やっていた事で、今では到底出来ませんね。
釣りもあと何年出来るかわかりませんし、ブログのために思い出して書いているだけですよ。
今日は良い天気でしたね!
こんな日は気持ちが良いですね。

No title

ハックルさん、素晴らしい道具ですね。
タモもすごい綺麗です。
自分もこんなタモに憧れて手を出してみたものの…。
なかなか上手くいきません。
せっかちなものですから(笑)



たも

いやいや、年の功。。。失礼
我々にはマネできません。
面倒くさくなって、できあいの物を買ってしまいます。

でも、こうやって説明していただくと、釣りをしながら木の枝を捜してしまいそうです。

RYO★SUKEさんへ

RYO★SUKEさんの記事にタモの記事があったもので気になっていました、
あせらずゆっくり作りましょう。

佐久っ子さんへ

なかなか両側に均等に出ている木は無いものですが、釣りの帰り道など気にかけていると案外あるかもしれませんよ。
それにしても、もうすぐですね16日は休みですからいいですね。

No title

自分は折れたところを継ぎ接ぎして、籐で補強して使用中。97年から使っています。ほかに2本あり、かやとねずみさしです。作る楽しみ、修理しても使える良さ。
自然のものは良いですよね。いま、モミの木で鮎タモをつくるつもりで、乾燥中。でも、皮はそのままで、曲げてもいませんでした。ゆでて皮むきは大変です。参考にします。
自分はやっぱり不器用ですから、こういう話を参考にしますね。

テンカライダーさんへ

鮎のタモは40㎝ですからかえって作りやすいですね!
鮎の場合勾配を付けない方が使いやすいし、柄の部分はあまり凝らない方が良いですね!
惜しい事しました、町区の80歳過ぎの人に1つあげちゃった!
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村