2013-06-13  渓流釣り 

スギッパ巻きを試す

梅雨なのに渇水状態が続いています、気温も上昇しこれからは毛ばり釣りが面白いですね。
テンカラ釣りはいろいろと解説された本が出回っていますし、科学的に研究された良い竿も開発され、今はテンカラブームと言われるような人気ぶリです。
それはそれとして結構なことでありますが、私には昔からの源流での毛ばり釣りも忘れられないのです。
若かりし頃、使っていた毛ばりがキジの2段巻き毛ばりでした、首回りの羽と頭の小さな羽を組み合わせ、秘伝としてなかなか教えてもらえないものでした、特に妻のおじさん(新宅のおじさんと呼んでいましたが)のは垂涎の的でしたね。
テンカラがはやり出し、手軽にマテリアルが手に入るようになって、毛ばりも仕掛けもテンカラ竿もさらに進化して参りました。
下の写真の毛ばりは、そんな時代の流れの中で、昔の毛ばりを思い出しながら、私が少しアレンジして使っている毛ばりです。

繧ケ繧ョ繝・ヱ蟾サ縺浩convert_20130526130020

杉の葉に似ていることからスギッパ巻きとも呼ばれたのは、もっと雑なものでしたが、2段に巻いた黒系の毛ばりです、これからの時期、私は源流でもテンカラでもこの毛ばりやキジの毛ばりのウエットが中心になります。
先日、山菜採りの帰り少し時間がありましたので、この毛ばり1本にしぼり試してみました。

954_convert_20130612183633.jpg

クリックして拡大してみて下さい、先日のキジの毛ばりとはまた違い、濡れてもハックルが開いたままです。
もう1枚ご覧ください。同じですね、この違いは毛の硬さによるものですが、釣果に影響があるかどうかは分かりません。
感じから言えば、キジの毛ばりの方が少し沈みやすいかもしれませんね、その分イワナには有利かと思うのですが?

955_convert_20130612183926.jpg

1時間ほどでしたので、5匹しか釣れませんでしたが、何故かアマゴが釣れなかったのが気になります。                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
台風が恵みの雨をもたらしてくれそうでしたがお湿り程度でしたね。
スギッパ毛鉤非常に良い感じで力強い気がしますね♪
そして確かにハックルの腰の強さや毛足の長さで魚の出方が変わりますよね。
私の毛鉤は魚を浮かせて釣りたいので細身の針でハックルに張りと密度を持たせるため華奢ですよね(汗

山女魚さんへ

こんにちは。
本当は、山女魚さんのように浮かせて魚との対話を楽しみながら釣る、これがテンカラの醍醐味かもしれませんね。
現役の頃、仕事が終わってネクタイのまま川原に立ち、白系のドライ毛ばりをフワリと水面に落とし飛びつくヤマメを掛ける…
面白さがありました。
毛ばりもこれが1番というものが無いだけに、創意工夫するのも楽しいものですね。

No title

みごとな毛ばりです。
1時間ほどでしたので、5匹しか釣れませんでしたが→1時間で5匹も釣っているんじゃないですか。
釣りもお見事です。
そういえば、雨が降らず川はどこも渇水ですね。
やっと明日あたりから本格的に降り出すようですが、サラリーマンとしては土日の雨は避けて欲しいところです。

佐久っ子さんへ

テンカラは勝負が早いですね、釣れ出すと続いてきますが、釣れないとなるとまったくで、腕ばかり痛くなるし、
歳を取るとゆっくりとポイントを流す、そしてアタリを待つ、この餌釣りが主流になっていますよ、放流のあった川ですので、1カ月位はスレたイワナが毛ばりに反応するのです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村