2013-07-31  渓流釣り 

雨の日は「省エネ釣法」

7月29日、朝から雨降りです、H氏に電話をしてみました、もちろん「釣りに行かないかい?」
すでに6時半、まだ寝ているというが、声で喜んでいる様子がうかがえます。

8時に我が家に集合、少し遅いが、雨降りの時は、あわてることは無いです、目指す川には、岐阜ナンバーの車が1台止まっていましたが、私の目的の場所ではありません、H氏、筋肉痛で足が痛いから、今日は半長で釣りたいという、81歳無理もないです、それではと岸から釣れる場所を探します、時期的に少し早いかもしれないが、魚が良く集まる堰堤を試してみる事にしました。

濁り具合と水量を見てオモリを調整、遡上ルートを見極め、ブレーキをかけながら流します、名付けて「コイノボリ釣法」ミミズだから出来る技です、来ましたねぇ~、25㎝近い良型がたて続きに5匹、しかし、雨が小降りになり水が澄んで来たら、ピタリと止まってしまいました。
良くあることです、H氏も上流の堰堤に入りましたが、3匹で止まってしまったと帰ってきました。

251_convert_20130729210539.jpg

仕方ないので、まだ濁りの残っている支流に入る事にしました、川に並行して林道が走っていますが、藪が川を覆い竿を出しにくいです、ところが、こんな小さな川でも尺ものが! 少し足りませんか?

253_convert_20130729210636.jpg

0.5号の糸で、1m50の仕掛けでは一気に抜くのは無理か、しかし、川まで降りられない、上から抜くのは切れやすい、こんな時、迷えば必ず切れてしまいます一気に抜く事です、切れましたが勢いで林道にミゴト着地。

254_convert_20130729210607.jpg

昼食後、又、雨が激しくなりました、それでは、別の支流のアノ堰堤にも集まっているかもしれないと行ってみましたら、盛んにジャンプしています、カメラで狙ってみましたがうまく撮れません、このカメラ、ファインダーがありませんので、すぐに画面が消えてしまうのです。

257_convert_20130729210707.jpg

もう、遡上の準備です、相当な数の魚が集まって来ているはずです、高さ数mのこの堰堤だけで、これだけ釣れました。
これぞ、老人向き「省エネ釣法!」

256_convert_20130729210734.jpg

普段は誰も竿を出さないこんな川が、釣れるんです!
出発前、H氏を待つ間、時期、気候の状況、釣果など30年以上も記録してある日誌を、下調べしておいたのがこんな時に役に立ちます。

258_convert_20130729210758.jpg

255_convert_20130729210821.jpg

釣果もそこそこで、良型が良く出た釣りでした。


 







                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
遡上ルートを押さえる「コイノボリ釣法」面白ですね♪
雨降りでも良型がこれだけ釣れれば楽しかったのではないですか?
「省エネ釣法」万歳ですね(笑)
お疲れ様でした♪

山女魚さんへ

こんにちは。
今年の、4月頃から右足にしびれが出て、坐骨神経痛のようです、昨年までは良かったんですが、やはり年々どこか悪くなるものですね、したがって1か所で釣れる場所を探します。

キャリアの勝利

濁り水の鉄則にはまりましたか
流石キャリアの見所ですね

それにしても小渓が多く又魚影が濃いのは羨ましい限りです、
そろそろ遡上が始まる季節に成りましたね
それゆえ食いも良いでしょう、遡上の済んだ後また楽しみでしょう。

釣りお爺さんへ

行動では若い衆にはかないませんので、ヘリクツを言っているだけですが、毎日、日曜日ですから条件の良い日だけ出漁出来ます。
今まで、竿も出さなかった堰堤もしばらく良いですが、遡上に精力を使い果たし魚が痩せてきますので、魚止めの堰堤や滝は考えものです。

No title

おつかれさまです

バス釣りで言う シーズナルパターンですね!

それも30年分。

そのパターンでいつでも釣れるか?

と思いきや そうでもないんですね、これが

最近 釣行記録していないので私も

まとめてみようと思います。

sizentoasoboさんへ

釣り日誌は、キノコや山菜採りも一緒に付けています。
主に知りたいのは場所ですね、釣れた場所は忘れませんが、何時だったかは忘れてしまいますからね。
アユでは「朝瀬、昼トロ、夕のぼり」という言葉があります、時間により居付く場所を大まかに
示しているものですが、これもバスで言うシーズナルパターンですかね。

No title

良型連発ですね。
短時間にこれだけ釣れるとはうらやましいです。
0.5号で尺、やりましたね。
途中で暴れられると切れてしまうので、ためらわず抜いたのが正解でした。
私なんか、がんばって釣っても2~3匹なのに、「省エネ釣法!」でチョコッと釣っちゃううんですから、うらやましい。

佐久っ子さんへ

アレっておかしなもので、切れるかな?切れるかな?と思って不安がっていると切れるものなんですね、暴れる前に駄目でもともと、エイヤーと抜けば勢いで飛んできますね。
濁りや水量それに時期が合えば、これからの時期はあまり歩かなくて釣れますから、年寄りには助かります。

No title

こんばんわ。
遡上ルートで待っていて釣られるとは、探求心がすばらしいですね。釣り教本には書いてない事が学べます。遡上中は遡上に懸命でえさは食べないと思ってました。このような小さな川だと鉄砲水が出ても逃げられるから、調査するチャンスですか。。。。

No title

今晩は。
相変わらずの釣果ですね。
「省エネ釣法」素晴らしいです。こんな小さな川でも信じられないくらい釣れるものなんですねぇ。

kinkan600 さんへ

おはようございます。
写真の堰堤は支流の堰堤ですからチョット違いますが、普通は流芯の横に渦巻く淀みがあるはずです、もちろんここも大切なポイントですが(特に春先は)遡上のイワナは助走が必要なので居る場所が違います。

maburin さんへ

おはようございます。
これからの雨降りの釣りは、歩くのが少なくて年寄りにはいいですね。
だけど遡上で集まる魚はマズイですよ、魚は傷んで痩せています。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村