2013-08-25  渓流釣り 

大雨の後を狙う

23日は久し振りの大雨です、家庭菜園には嬉しい雨ですが、一晩中降り続ければ被害が出るかもしれないと心配をしていたのですが、24日の朝になったらほとんど止んでいました、ならば、釣りに行くぞ!
いざ!木曽川へ6時半出発、ところが、目指す川はそんなに水が増えていません、あまり降らなかったみたいです、山一つ違うだけでこんなに違うものでしょうか。
それでも普段よりは水量もあり、少しですが水も濁っています、まずは遡上イワナを狙って堰堤へ。

352_convert_20130824181437.jpg

いきなり来ました!久し振りの大物です。

353_convert_20130824181523.jpg

失礼して、身長を測らせていただきました、尺オーバーですね、私はキャッチアンドイートですが、大きなのは美味しくないし、メスのようでしたのでリリース。

354_convert_20130824181600.jpg

その後も、2つの堰堤とその間で良型が釣れます。

355_convert_20130824181641.jpg

356_convert_20130824182403.jpg

357_convert_20130824181739.jpg

アタリが無くなりましたので、腹出しをしてクーラーへ、9時です。

362_convert_20130824182011.jpg

さらに上流に移動しました、今日は休日のためか釣り人が多いです、県外車が多いですね、この場所見るからに釣れそうではないですね、しかし、ここで良いのです。

359_convert_20130824181844.jpg

ところが、タモを車に置いて来てしまいました。

360_convert_20130824181915.jpg

岸がありませんので、3匹ほど放流!

361_convert_20130824181945.jpg

ここでもまずまずの釣果でした、

366_convert_20130824182202.jpg

少し早いですが昼食です、相変わらずカップラーメンと缶詰です、午後はさらに上流に行きたかったのですが、すでに2人釣り人が入っていましたので、ずーっと下流に移動。

363_convert_20130824182040.jpg

ここでも良い型が出ました、久し振りの雨で魚が活性化したのでしょうか。

364_convert_20130824182107.jpg

365_convert_20130824182135.jpg

神経痛が出てきましたので止めることにしました、3時です。

358_convert_20130824181807_201308241921483d9.jpg


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
今回はいきなり尺上ですか?羨ましいですね♪
渓相を見てみると秩父の渓相より白く感じますね。
やはり礫岩が多いようなので水量が増えれば
酸素の量も増えて魚の活性が上がるのも頷けます。
釣行お疲れさまでした♪
神経痛大事になさってくださいな。

No title

大量ですね。
久々の雨で魚の活性が上ったのか、いやハックル70さんの腕でしょう。
木曽川も列車からみると水量が少なく、白い岩が多いのですが、上流に行くときれいな河川ですね。
佐久市の標高は730mくらいあり、釣りに行く場所は800m以上ですので細い河川が多く、今回のような渇水になると急激に釣れなくなります。
こちらで今回釣られた量を釣るのは放流日以外は無理でしょう。
ところで、クマさんはどうなりました?

No title

おはようございます。
いつも大漁ですね。
お写真の時刻を見ても、短期間ですごい数をあげておられます。
同じ場所で、えさは変えずに、ポンポンとぬきあげられるのでしょう。
流れは底石がたくさんあって、見るからに魚が潜んでいそうですね。危ない川にはみえませんね。でもハックルさんの腕ですね、、、、。

No title

この時期の渓魚は丸々と太って、釣るにも食べるにも楽しみですね。
アマゴの中に朱点のないヤマメがいるような気がしますが、混棲でしょうか?

ビックフィッシュ!

おつかれさまです

尺岩魚 おめでとうございます!

リリースはいいと思います。

おいしくないならなおさらいいと思います。

最近岩魚は釣っていないのでよくわかりませんが、

骨酒にしてもおいしくないのでしょうか?

山女魚さんへ

ありがとうございます。
雨が無ければ全く釣れない川ですが、木曽の人達がアメノウオと呼んだ意味が良く分かります、アマゴだけでなくイワナにも当然当てはまるでしょう、今日はイワナ大好きの一人暮らしの姉に届けてきました。

佐久っ子 さんへ

こちらも標高はほぼ同じだと思います、1時間位で行ける渓流は乗鞍方面、上高地方面、御嶽方面、木曽駒方面と一杯ありますが、いつも近くで済ませております、義兄のクマですか?射殺したそうです、冬なら100キロは超えただろうという大きなクマだったそうです、越冬中ならクマの胃、毛皮、肉と利用価値があったようですが今のは駄目なようですね。

kinkan600さんへ

こんにちは。
雨降りの時は、源流にはあまり行きません、いわゆる里川です、ご覧の通り川底の工事があったところなのです、ほとんどの釣り人は避けます、そこが狙い目なんです、川を荒らしてありますから放流も多いのです、数釣りを狙うのならこんな方法もあるのです。

maburin さんへ

おっしゃる通りここは里川ですので、放流が繰り返されていますので、イワナもアマゴもいろいろですね、朱点の少ないヤマメに似たのもおりますし、成魚放流のアマゴは以前はウロコの取れるようなものであったり、今は朱点が異常に目立つものもあります、養漁場によるものなのでしょうかね

sizentoasoboさんへ

骨酒ですか?
好みでしょうが、沢山飲みすぎる傾向があるため避けています、イワナは子供の頃から貧しい山村では動物性タンパクを補うための重要な食材でしたので食べ慣れていますが、
現在では、養殖技術が進んでそんなに貴重な魚では無くなりましたね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ