2013-09-05  渓流釣り 

久々の源流釣り

395_convert_20130904191748.jpg

このところ、雨の日の本流の釣りばかりです、雨の日は1か所で数釣りが出来ますので、年寄り向きではありますが、やはり、マイナスイオンいっぱいの源流釣りは楽しいものです。

今日(4日)は、釣れなくても気晴らしになればと出掛けて見ました、気温18℃、寒い位です。
余裕の釣りは写真にも余裕が出ます、良い写真が撮れました。

藪の多いこの沢は薄暗く不気味ですが、いつもより水量が多く次々と掛ります。

396_convert_20130904191833.jpg

398_convert_20130904191936_20130904203118c67.jpg

ずいぶん来ない間に藪がひどくなっています、チョウチンも1m以下にして、藪の中を探ります。

399_convert_20130904192012.jpg

400_convert_20130904192038.jpg

面白くなったので、右手でカメラを構えて、左手で石の脇を流します、うまく行きませんね。

401_convert_20130904192107.jpg

それでも来ました、バレても仕方ないと撮影、余裕です。

402_convert_20130904192135.jpg403_convert_20130904192201.jpg

うん!こりゃ~面白い、だけどズームアップしたら、魚が画面から消えてしまう、竿の方も心配だ、難しい!
それでも又来ましたよ。

404_convert_20130904192232.jpg

405_convert_20130904192305.jpg406_convert_20130904192335.jpg

いよいよ、藪が覆いかぶさり不気味です、クマが怖いですねぇ~「クマさん!食べても年寄りはまずいですよ!」と言いたいところだが、ツキノワグマは肉食では無いのです。

さて、見て下さい、この様なところは絶対いる場所なのですぞ!
しかし、上には木の枝が… ジジはこういう場所が大好き、ミミズ釣法だから出来る技、人の嫌がる所を中心に釣るのです、そうです!ひねくれ者なんです、戦争に負けて狂ったのかも、鬼畜米英が次の日はお友達、ひねくれるはずです。

407_convert_20130904192401.jpg

やはり来ました、下の落ち込みまで落とします。

408_convert_20130904192436.jpg409_convert_20130904192503.jpg

いよいよ本格的な藪になってしまいました、大物が居そうな場所、仕掛けは0.5号の70センチ位。

410_convert_20130904192533.jpg

本日、最大のアマゴです、尺は無理ですが、取り込みが大変でした。

411_convert_20130904192600.jpg

藪の中のピンポイント狙いは一発必中が大切、したがってオモリは2Bです。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
源流は流石に良い雰囲気ですね♪
それにしても仕掛けが70㎝とは完全な源流仕掛けですね。
仕掛けが短いとアタリがダイレクトですからね面白いですよね♪
写真撮りながら釣りをする姿を想像してしまいました(笑)
お疲れ様でした。

No title

トップのイワナ、いい写真ですね!!
水の動きがそのまま伝わってくるようです。

さいごのヤマメも、いかつくて良い顔です。
秋ですね~♪

No title

源流釣りはやはり良いですね。
それにしても70cmのチョウチン釣りで尺近いアマゴですか。ちょっと経験したことのない釣りです。
チョウチンと言ってもせいぜい1.5m位しかやったことがありません。
大物が来ると切られやすいんでしょうか?

産卵前

鉄則通り雨後の釣と産卵前の活性が見事タイミングよく掛かってますね、お見事です、

チョウチン釣りでないと出てこないポイントには大物が潜んでますね、オモリの取り換えは必要です、

私は1~1、5cmですが、短寸にするには竿先にぐるぐる巻きにして対処してます、

又50cm間隔に竿先リリアンに取り付けられる小さいワッパを作り寸法合わせする仕掛けも持参してます、
釣り師それぞれで皆さんも工夫されてますね。

山女魚さんへ

こんばんは!
おっしゃる通りカメラ、ズームにしないと魚に気付かれてしまいますし、片手ですから、それはそれは大変です、傍の人が見ていたら、爺さん気が狂ったと思うでしょうね。

RYO★SUKEさんへ

いつも写真で感心している RYO★SUKEさんにお褒め頂き光栄です、 今まで釣る事ばかりに集中していましたが、あわてずゆとりを持って写真も楽しむ、これからはそんな釣りを楽しみたいと思います。

maburinさんへ

こんばんは。
兎に角、藪の中ですから、釣り上げるというより、岸に引きずりあげると言った方が良いかもしれませんね、遊ばせると切られます、
アタリとかヒキを楽しむ余裕はありませんね。

釣りお爺さんへ

私も、以前アユの天井糸のように長さを調節する仕掛けでやった事もありましたが藪沢の場合、仕掛けの消耗は当然ですので、現場でその都度、鍼を結びますし、仕掛けも作ります。
私の渓流釣りで一番重要視するのはオモリです、厄介ですがオモリは状況に応じて変えるようにしております。

No title

見事な写真ですね。
何か自分の釣りを見ているような気がしますが、私の竿にはなぜかかかりません(笑)
私も時々右手にカメラで撮りますが、これって難しいですよね。
左手でもシャッターが切れるようになっているといいんですけど。。。
ところで、これだけ釣れるのは特別なミミズの付け方でもあるんですか?
失礼!やっぱ腕ですよね。

佐久っ子さんへ

防水のカメラにしたおかげで、水の心配なく使えますから、首にぶら下げて使っていますが、カメラが魚臭くなって困ります。
腕では無いです、誰でも釣れます、藪の中を這いずるように歩きますから、都会の釣り人は敬遠しますので、魚影が濃いですね。
しかし、この川でもボーズの時もあるんですよ、条件の良い時いつでも行けますから、お勤めの方にはお気の毒ですね。

いつみても見事な釣果ですね。

それにしても70㎝の提灯釣りはやったことが無いです。というか難しくて出来そうも無いですね。
オモリ替えはこまめにしてるつもりですがなかなか釣果につながりません。腕が悪いんですね。勉強になります。

他の人も言ってましたが、トップ写真が素晴らしいです!
私は、釣りと写真の二兎を追えないので写真は撮りませんが、今度、挑戦してみたいです。

No title

おつかれさまです

最大のアマゴ 面構え

いいですね!

いちコーチ さんへ

いつもコメントありがとうございます。
藪の中の釣りは完全に鍼を飲み込ませてから抜きます、微妙なあたりを感じたら完全に糸を緩め、周囲を見渡してどこにあげればよいかを定めてから抜きます、魚に違和感を与えないため小さな鍼を使います、私は6号ですこれで尺モノも対応できます。
今回は使いませんでしたが、穂先だけものすごく柔らかいものを使った源流用の竿を作っても良いですよ目印が見えない場合、さおの歪みでアタリを取るのです。

sizentoasoboさんへ

この頃は、釣りより写真の事ばかり気にする様になってしまって、竿を通じた魚との対話がおろそかになっている気がします(笑)

No title

似てますね。
私も首からぶらさげています。
老眼鏡もぶらさげていますので、時々からまって大変です。
水量の多い源流が多くてうらやましいです。
確かに藪の下辺りには意外といますね。
時には50cmくらいにして釣るときもありますが、途中で外れると上に絡まってしまい、結構仕掛けをダメにします。
ヤマメは一度食いを外すと2度目は無いのですが、ハックル70さんは、さすがですね。
最近は時間との戦いで、あせって釣ると本当に釣れません。
土日に畑仕事をまとめてやっており、家でばあさん(私の母)がてぐすね引いて待っていますので釣れても2時間。
往復の時間を考えると正味1時間というところでしょうか。
やっぱりあせりは竿先に表れますね。

佐久っ子さんへ

藪の中でバレると仕掛けが絡んで使いものになりませんね、ちょっとした淵は手前からなんて言いますが、私は最高と思われる場所に最初から投入します、第1投で根がかりなんて事があって良い淵が駄目になる事が多いからです、源流は漁師的な釣りでないと釣れませんね、だから蛇道でも飲ませて釣るのです。

No title

おはようございます。
写真はうまく撮れてますよ。
臨場感がとてもあります。
良すぎてハックルさんの釣り奥義が知れてしまいますよ。
小生はエサ釣りで一匹も釣れなくて引退してしまいましたが、またごそごそとやってみたくなりますね。
あと20日余りなのでちょうちんで一匹、来年につなぎたいです。又楽しいエサ釣りブログお願いします。

kinkan600さんへ

おはようございます。
今日は畑を少しイジッテ、これから仕掛けでもなんて思っています。
最終的にはテンカラに落ち着くとしても、是非餌釣りもやってみる事お勧めします、釣りは腕ではなくて如何に魚がいる場所を見極めるか、それには餌釣りが一番だと思うのですが?
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品