2013-10-19  キノコ採り 

秋のキノコ採り 9

キノコも終わり近くになった頃、良く採るのがチャナメツムタケです、キナメ、シロナメと色で呼んでいますが、やはりチャナメツムタケが一番です。
比較的、雑木の枝などが朽ちて落ちたり、倒木などが朽ちた場所などに良く出ますが、クリタケのように朽ちた立木に生える事は少ないですね。
台風の影響で雨が降った後なので期待して入ってみましたが、それほど出ていないです。



湿っていると、まるでナメコですね、別名クリナメコと呼ぶ所もあります。



一つの山だけ見て様子がわかりましたので、早く帰って来ました。



今年は出ないのか、まだ早いのか分かりませんが、しばらく様子見と言う所でしょうか。

画像はクリックで拡大します、もう1度クリックでさらに拡大します                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
キノコも終盤になりましたか?
それにしてもヌメリといいナメコにそっくりですね。
今年はキノコの当たり年と聞いていますが、色々有るので全部の種類とはいかないのかも知れませんね(汗)
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
こちらでは冷たい雨が降っていて、今日あたりコタツを出そうかと思っています。
寒さは嫌いです。
キノコも終盤です、このチャナメは雨の後は光っていて見付けやすいですが、ネバネバして手が汚れて大変です、美味しいキノコですので、漬けておいても一番評判が良いですね。

No title

今日は。
一昨日のキノコですが、ネットでチャナメツムタケの画像をいくつも見て確信しましたので、とりあえず味噌汁で食べました。
食感も良くとても美味しかったです。
ババは恐る恐る少しだけ食べましたが…

残りは取り敢えず冷凍にしましたが、塩蔵の方が良いでしょうか?

maburinさんへ

おめでとうございます。
一つ美味しいキノコが確信できましたね、
冷凍保存はした事が無いのですが、塩蔵にするには私は理由があります、カキシメジと言う毒キノコご存知でしょうか、チャナメの大きくなった物はこのカキシメジにそっくりなのです、しかしこのカキシメジ塩蔵又は水に何日もさらすと毒が抜けるのです、私の一部の地域では食べる習慣がありました、茹でて水に1カ月位さらすのです、私の採ったのは自信がありますが、もうひと方の分が?ですので、それとビク何杯も採りますから漬けるのが本当の理由ですね。
馴れてくると明らかに違いがわかります。

No title

今晩は~
塩蔵するのは茹でてからでしょうか、それともそのままで塩蔵でしょうか。
カキシメジだった場合はどれくらいで毒が抜けるのでしょうか。
今回は大きく開いたものがひょっとしたらカキシメジかもしれないと思い食べるのを止めました。
食べなくて正解だったようですね。

maburinさんへ

おはようございます。
多分それはチャナメだと思います、カキシメジは足や傘の裏に茶色のシミが出ますし、ヌカのような独特の臭いがあります、出る場所も違います。
塩蔵は沸騰したお湯でサット茹でるだけです、
塩は味付けでなく保存用ですから安い塩を沢山入れれば良いです、食べる時塩抜きをしますので1カ月もすれば良いと思います、ただし、この方法はあくまでカキシメジだけのものですし、万が一を考えての事ですから、他のキノコのは該当しません。
当分雨降りで寒くて厭ですね。

No title

雰囲気は大型のナメコですね。
これに大根おろしを添えて。。。。
冬の酒の肴ですね。

佐久っ子さんへ

おっしゃる通り、大根おろしが良く合います、このキノコも樽一杯ほど漬けますが、親戚にあげても好評です、その代り漬けものは一切漬けません、2人暮らしではそんなにいらないのですが、待っている人もいますので…
ジジ、ババの楽しみですよ!
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村