2013-11-14  毛ばり 

テンカラ毛ばり、天蚕の胴

落葉が終わったクヌギ林などに、薄緑色のまゆ玉が付いているのを見た事がありませんか?

天蚕ですね、あのまゆ玉をお湯でほぐして真綿にして毛ばりの胴に巻けば良いなどと聞いた事があり、昔はゼンマイと同じように巻いたものです、しかし、手軽なマテリアルが手に入るようになってからはほとんど使った事が無かったのですが、今回、巻いてみる事にしました。
もう少し色が緑色だと良いのですが、今回はこれで我慢です。




真綿の場合繊維が強いので、スレッドで押さえるのも荒巻で十分ですね、ハックルはグリズリーを使いました。
写真ではわかりにくいですが、蓄光の様な感じになりますね、試験的ですからちょっと雑ですが、仲間に見て頂いて好評でしたらしっかり巻きます。




渓流を釣り上がって帰る道でも、山菜、キノコ、タモの木、そしてこの天蚕など注意しながら歩きますと、また釣りも一段と楽しくなります。

記事内の画像はクリックで拡大します

にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

テンカラ

テンカラ釣りの毛バリはマテリアルが少なくで良いですね、と思ってますがいかがでしょう、?

フライは種類が多く物によっては高価で困ります
マテリアルの材料は何でもござれで、その点は良くて工夫するのも楽しみの一つに成ってます。

釣りお爺さんへ

テンカラの釣りは一瞬ですから、かなずしも虫に似ていなくても良いと言われています、魚がどのように感じるかは、毛ばりより操作性にあるのではと思っています、したがって毛ばりは何でもいいよと言う人も多いですね、
しかし、そこは釣り人、講釈が入って来ますからね、又それも楽しいものですね。

No title

こんばんは
なるほど天蚕の胴巻きの毛鉤ですか?
聞いた事も考えた事も有りませんでした(汗)
確かにあの緑色と光はかなり視野性が良いですよね♪
毛鉤を見せてもらうとスマートに見えますが水切れと沈み具合が気になりますね(汗)
でも本当に良い色出ていますね♪

山女魚さんへ

こんばんは。
さすがに見ていますね、ちょっとハックルの量が多すぎます、羽はあまり多くない方が食いが良いような気がしますが、沈める場合の黒系はそうでもないし、このバランスが何ともいえませんね、視認性を重視するならこの胴もかなり良いのでは、ただ、もう少し緑の残った天蚕ならば面白いと思います、それと巻きやすさも良いですね。

No title

こんばんわ。
いつもながら上手に巻いておられます。
そうですね。
ハックルが少し多いような気がしますが、
使っていると減るので関係ないような。
故山本素石さんはぱらりと少なく巻いた方が良いと言ってました。
小生は素材がどうというレベルまでいってません。魚は胴を食いにくるのか、ハックルにくるのですか?

kinkan600さんへ

こんばんは。
確かにハックルが多くて、硬い感じがしますね、もう少しパラリと巻いた方が私自身も良いと思う所です、桑原先生の本によると胴の重要性は大きいと言っておられましたが、義兄は最近まで竹竿でしかも見られないようなキジの毛ばり(雑という意味)でもボンボン釣っちゃいますから、その辺は何ともね?
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます