2013-12-27  その他の趣味 

立体拓本

若い頃の趣味の中に拓本があって、以前にもご紹介しましたが、特に私は道祖神に惹かれ、県下各地を採択に歩いたものです、しかし、立体的な道祖神を平面の紙に写し取るのですからどうしても不自然な姿になってしまいます。
ある時、浅間温泉で会合があった時、ホテルのロビーに立体的な道祖神を額装したものが飾ってありました、これは面白いと思いましたね、仲間といろいろ研究して、出来上がったのがこれです。



まず、道祖神をきれいにし、画仙紙を霧吹きで破れないように貼り付けます、立体的なものですから少し技術が要ります、

この作業は道祖神を傷めないためにも必要です、そして糊を薄めたものを霧吹きで吹き付け、その上に黒く染めた和紙を同じようにできるだけ顔などにシワが出ないように貼り付けます。






最後に銀粉を膠で溶いたものをタンポンに付けてポンポンと叩き現物と同じように仕上げ、完全に乾かしてから剥がし取ります。

立体的なものが入る額を作って、縁を和紙などで飾って出来上がりです。

裏からラッカーなどで固めればさらにしっかりします。



上の写真は剥がした状態のままで、まだ額装してないものです。

この採択方法は、どうしても道祖神のある地元の人々に、心配と疑惑を持たれますので数体で止めにしました。



記事内の画像はクリックで拡大します





にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
そういえば道端で道祖神を見る事が有りますね。
でもあれを立体的にかたどるなんて凄いですね。
凹凸が細かい道祖神ですから難しいですよね(汗)
でもおかげで立体拓本の取り方が理解できました♪

道祖神

長野には色々な道祖神が有りますね
考えましたね、キズも付かず再現できる

仲間でやってましたが立体的な物を再現するに
石膏で型を取り原型に切り替えて鋳込み型を
作り焼成して立体的陶板を作ってましたね。

山女魚さんへ

こんばんは。
普通の拓本だと隅々まで採ると、広げた時に可笑しな形になってしまいますので、平面の拓本の場合は特徴的な部分を採るだけになっていましたが、これだと現物と同じになります、しかし、何やっているのかと疑いの目で見られて駄目ですね。

釣りお爺さんへ

近くの安曇野は道祖神が数多くあります、高遠に腕の良い石工がいたらしく、良いものは高遠ですね、そうですね鋳物と同じ様な原理ですが額装するに、立体的な額で無いと入りませんのでこちらが大変です。

No title

おはようございます。
高校生の頃拓本採りをしましたが、このような立体物はやったことがありませんでした。
出来上がりを平面でしか考えていませんでしたので、立体的に残すことは念頭にありませんでした。
それにしても素晴らしい出来上がりですね。

地元で大事にされているであろう道祖神に、何やら細工をしていると思われることはあるでしょうねぇ・・・

maburinさんへ

おはようございます。
そうなんです、白の紙を貼っているなら拓本と思われますが、黒い紙だと何やっているのか疑われてしまいますね、拓本もある意味では美術的なものですから、この様な採り方は工芸品ぽくなってしまいますので止めました。

No title

道祖神の拓本、高尚な趣味で素晴らしいです。
道祖神は長野県に来て初めて見ました、秋田県には無かったです
信仰は別として関心を持つようになり、松本平に安曇野の路傍に
佇む道祖神に魅せられました。

ことしもあと3日です、来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。

80bさんへ

コメントありがとうございます。
拓本の趣味も続けていれば良かったのですが、今になれば懐かしい思い出です、来年もどうかよろしくお願いいたします
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます