2012-08-26  その他の趣味 

若いころこんな趣味も!(拓本1)

今は、興味が無くなってしまったというか、出来なくなった趣味の1つに、拓本があります。
釣りであちこちの川を釣り歩いた時、ふと道端に祀られている石仏に興味を持ち、菩提寺の住職が拓本研究会の会長であったこともあって、自己流ではありましたが長野県内あちこち、特に絵になる道祖神に集中して、採拓に歩いたものでした。

(歴史とかの知識がないから、単純に顔が整ったものに限って採っていましたから、単なる飾る目的ですね)

螻ア蠖「譚台ク句、ァ豎・呻シ論convert_20120825184535長野県のほぼ中央、上高地の玄関というか入口の山形村にあるこの道祖神、江戸時代の作といわれていますが、生きることに精いっぱいのこの時代にこんな「愛のかたち」が農民に支持されていたなんて、私たちの祖先もなかなかやりますね。
この地区には、ほかにも沢山の道祖神がありますが、もう1体御所人形のような双体道祖神があります、この次にご紹介いたします、ご期待下さい。

注)私が拓本を採りに行ったのは30年以上も前の話、今はカギが掛けられて見ることしかできないと思いますが…










譚セ譛ャ蟶ょ・螻ア霎コ_convert_20120825191112これは松本市山辺の道祖神、杯を交わす祝言の道祖神ですね、とても当時の百姓の衣装ではないが、こんな姿にあこがれていたのでしょうか。

まだ、家には、いろんな道祖神を採ったものが沢山ありますが、ブログで紹介しても評判が悪ければ、と思い、今日はほんの1部にしておきました。








山や、川など自然を愛する人たちにとって、路傍の石仏などにも目を向ければ、自然と親しむカタチもさらに広がるのではないかと思い紹介しました。
完全に表装してありませんので、きれいに紹介出来ませんが、お許しください。拍手があればさらに第2、第3と用意してあります。

                                                

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村