2014-01-16  釣り道具 

ハーフヒッチャー

毛ばり巻きに必要なハーフヒッチャー、私はこんなものを使っています。

ご覧の通り、鉛筆形のボールペンの芯を抜いたものです、価格は0円!












この様にヘッドから差し込んでハックルを均等に振り分ける時に使います、もちろん、ヘッドのスレッドをヒネリガケで止める時にも使います。










面白くも可笑しくもない、ただ、これだけの事です!!!






記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
ハーフヒッチャーは有ると便利ですよね♪
フライを巻く道具は面白いのが色々有りますがどれも高いですよね(汗)
私はフライをしていた頃の物をが有りましたがボールペンとは考えましたね。
代用の道具を考えたら楽しいですよね♪

山女魚さんへ

こんばんは。
あるもので代用する、便利な道具で満ち溢れそれが技術かのように解説している人もいますが、こんなやり方も楽しいものです。

No title

今晩は。
ハーフヒッチャーにしろ、ハリ外しにしろ、身近なもので道具にしてしまう発想は素晴らしいと思います。
見習うことばかりです。

No title

こんばんわ
ハーフヒッチャーは小生も持っています。
でも使ってないですね。
アイの方向からいれて、針先にハックルを押し倒してスレッドを巻きやすくするのは判りますが、ハックルは均等になりますか?
逆さ毛ばりを作るときは、手でアイ側へハックルを倒すしかないですよね。
ハーフヒッチャーを買わずにボールペンで代用できるのではと発想するところがすごいですね。
このような話題は小生は好きです。ありがとうございます。

maburinさんへ

おはようございます。
結局は貧乏性と言う事ですよ(笑)
今までは、テンカラの毛ばりと言っても簡単なもので十分良かったし、今は人様に使って頂く立場ですので気にするようになっただけです。

kinkan600さんへ

おはようございます。
そうですね、サドルなんかで巻けばきれいに巻けますのでおっしゃる通りなんですが、毛足の長い野鳥の場合、ヘッドの部分を長く取って巻きこみます、アイの部分まで巻いた羽はそこで簡単に止めてハーフヒッチャーで押さえて羽の配分をするのです、まだスレッドで押さえてない状態なのです、配分が終わったら左指でしっかり押さえスレッドでしっかり巻くのです、
私の爺さん毛ばりを見て下さいヘッドの長いのがお分かりでしょうか、これは毛足の長い野鳥をアイの方から巻きこんで短くするためなのです

No title

面白くも可笑しくもない、ただ、これだけの事です!!!

とんでもない!
毛ばり製作者から見ると、きっとヒットですよ。
ハックル70さんって知恵袋ですね。

佐久っ子さんへ

いえいえもっと使いやすいものが市販されているんですよ。
ただ、金がないだけなんです、年金は年々下がるし、跡取りはいないし大変ですよ。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ