2014-02-25  出来事 

シートカバーを作る

以前、ババが勤めていた店が閉店になった時、売れ残ったハギレを買ってきてありましたので、車のシートカバーを作る事にしました。


下のは以前作ったものです。

袋縫いにしてかぶせれば良いと思いますが、座席の厚みが一定でないのでどうしてもシワがよります、立体的に作るにはやはり厚みにの部分はマチを入れて縫い合わせる事が必要になります。

各箇所、新聞紙で型を取り作りました。




今回は軽トラの分を作りました、このシートは、頭の部分が差しこみになっていますので別に作らなければなりませんが、どうしても下で絞る形になってしまいますので苦労しました。

布がほつれやすい生地なので、断ち目かがりを多用しての作業です。



新聞紙の型紙より少し大きめに縫って、裏返してシートにかぶせて見てみます、そして、たるんでいる部分を安全ピンで細かく止めて行き、それに沿って縫い直すという作業を何回もやって出来上がりました。
シートがほとんど左右対称ですから出来ますが、若干違う部分は注意が必要ですね。



これでも一応、縦と横の柄を合わせうまく出来たつもりです、男の私が作ったと言っても誰も信用してくれませんし、へたをすれば変人扱いの目で見られてしまいます??

昔、壊れたミシンを修理していたら、「これなら俺にも出来るぞ!」とズボンの裾上げなどやっているうちに変人になってしまったらしいのです。



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません

                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
裁縫もされるのでか? 車のシートの縫製とは凄いですね♪
確かにシートは厚みも有るし複雑な立体ですよね。
それに素晴らしい出来映えではないですかビックリしました。
これではハックル70さんが縫ったと言っても信用されないですよね(笑)
私は夏場に安売りしているTシャツを買って前シートだけにかぶせて終わりです(汗)
またハックル70さんの片鱗を垣間みました♪

山女魚さんへ

おはようございます。
恥ずかしいのでUPためらっていたのですが、ネタが無くなって、変人に手を付けてしまいました。
純正だと高いのでならば作ろうと…
貧乏はいろいろ知恵を与えてくれます(笑)

縫製

上手くシートカバーが仕上がりましたね
形取りしないと複雑な形状で----お見事。

一般のミシンで縫えましたか、工業ようミシンでないと無理かと思い手を出しませんでした

妻が手作りの工芸品を作っていますので布は色々あります、試してみます。

釣りお爺さんへ

表面と裏面それに厚さとそれぞれ型を取ってやったらぴったりと行きました、下の方はゴムひもでシートの下で絞り調整しました、そんなに厚い生地でなかったので家庭用のミシンでできましたよ。
シートに新聞紙を当てマチバリで止めてマジックで型を取りました。
もう、コリゴリです。

No title

はい、私も信じません。
これは絶対ババさんが作ったものです。
と言うか、現物に合わせて作っているので、市販品よりずっとフィットしていますね。
ハックル70さんって一体どこまで器用なんですか?4

No title

こんばんわ。
見事な出来栄えですね。
どこから見てもプロの仕事に見えますね。
器用なのですね。
いや器用を超えてますね。

No title

いやぁびっくりしました。
私も大抵のものは自分でやってしまいますが、流石に負けました。
ハックルさんに勝てるものってあるかなぁ・・・って思います。

佐久っ子さんへ

やっぱり変人だと思うでしょう(笑)
いろいろ作る事がすきでね、材料買ってきてまで作ろうとは思いませんが、安かったと言ってすご量のハギレを買ってきてあったものですから、コタツのフトンカバーは楽勝でした。

kinkan600さんへ

おはようございます。
単にケチだけです、古い人間は物を捨てられなくて、何か利用できないかと思っていたのがこの結果です。

maburinさんへ

おはようございます。
お恥ずかしいですが、ブロネタが無いものですから、暇な時期はいろいろ考えます、ようやく暖かくなりそうです、それでも今朝は-6℃、日中は6℃位になるとか、嬉しいですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます