2014-03-23  渓流釣り 

天然ミミズ

行きつけの釣り具店を久し振りに訪れました。
待っていたとばかりにおばちゃんが「天然のミミズが入ったよ!」

どれどれと見させてもらうと確かに昔懐かしい「シマミミズ」、いつの間にか養殖の餌用のミミズをシマミミズとして特に疑問にも思わず使っていましたが、考えて見れば今のは臭いが少ないし、キジの語源とも言われる「黄血」の出も少ない。

ミミズが濁った時の釣り餌に良い一つの原因として「臭い」だと言われています、それを考えるとこのミミズは良いかもしれませんね。

釣り餌はほとんどミミズの私は、さっそく購入し、現在飼育しているバケツともう一つを用意して育てて見る事にしました、はたしてどうなる事でしょう?

若い頃は、とかく釣果にこだわりがちで、竿や仕掛けにも名人のごとく理屈っぽく論じたりもしましたが、釣れる釣れないは道具で解決するものではないと長年釣りをしていますと分かって来ますし、自然と接する喜びや、餌についてもこうしてじっくりと観察したり、考えたりするのも釣りの楽しみであることを感じるようになってくるから不思議なものです。



左がシマミミズ、右が一般的な餌用のミミズです、違いがお分かりでしょうか。





記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません

                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます 混ぜて飼育すれば 交配しますかね?自分も最近 ミミズの使用頻度が多く
なってきています。

No title

おはようございます。
いままで市販のミミズを見た事が有りませんでした(汗)
私がミミズを使う場合は知人の酪農家の牛糞置き場から取ります。
もう少し赤いミミズですが臭いが手に付くと大変です(笑)
でもこの臭いが集魚効果が有る事は判りますね。
ミミズを育ててみるのも色々見えて来て楽しみですね♪

テクニカルゲームさんへ

どういうものでしょうか?
養殖ミミズは養殖に適しているから餌用になっていると思いますので、天然ものは弱いかもしれませんね、私はミミズの場合鍼はアマゴ半スレヒネリを長年使っています、餌自体が大きいのでヒネってあった方がかかりが良いような気がするのです、あくまで自己満足ですが参考までに、
お父さんの介護大変ですね頑張って下さい。

山女魚さんへ

おはようございます。
近くに酪農家があると良いですね、以前は農協のワイン工場のワインの搾りかすが野積みになっていましたのでそこに沢山いたのですが、環境面で厳しくなったのか無くなってしまいました。
餌のミミズも1パック50匹いませんねそれで350円1回に1日やれば2パックは用意しないと、年金は下がるし燃料上がるし厳しくなってきました(笑)

No title

市販のミミズと天然は違っていたんですか?
私は牛糞置き場から取ってきたものを増やしていますが、コチラで市販されているものと違いが無いように思っていました。

飼育には大きな発泡スチロールの箱を使っています。
夏冬の気温にあまり影響されないので戸外に置いています。

maburinさんへ

こんばんは。
私の所は冬に土の中に埋けないと凍結しますのでバケツですが、発泡スチロールだと夏場も良いですね、餌代も馬鹿になりませんからね、それといつでも出陣が良いです。

No title

こんばんは。

私も以前は近所の酪農家の牛糞置き場から貰ってきて使用してました。最近は、辞めてしまったので購入して使用してます。確かに匂いはきつい様な気がしますね。

話変わりますが、山雅調子いいですね!
監督の反さんのやりかたが浸透してきたからですかね!

No title

ひさびさに天然ミミズを見ました。
昔は自宅のゴミ捨て場を掘るといくらでも取れました。
私の釣りは鮒釣りから始まりましたので、当時ミミズは必需品でした。
養殖ミミズと比べたら黄色ぴ液体の臭さは問題になりませんね。
やはりこの匂いが魚を引き付けるのでしょうね。
この黄血かキジの由来だと初めて知りました。

いちコーチ さんへ

おはようございます。
松本山雅良過ぎます、地域の力の入れ方も違ってきましたね、J3の長野も意識していますし、長野と松本は県庁所在地問題で昔からライバルなんです。

佐久っ子さんへ

ミミズ餌の事、キジと呼ぶのは黄色い血が出るからだと言われていましたよ。
あの臭いが良いのかもしれません、昔ニジマスを釣ったときはヤナギムシが最高の餌でしたが、あれも後になって匂ってきましたね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村