2014-04-14  釣り道具 

目印

渓流釣りの目印、私は毛糸状の極太のオレンジを使っています。
…で、その付け方ですが「二重に結ぶ」「電車結び状に結ぶ」などいろいろな方法がありますが、私は簡単で現場でもすぐ付けられて、外すことも出来るこんな方法で行っています。

分かりやすいように白い糸でやります。














実際には糸を張った状態でもできますが、分かりやすいようにこんな形にします。













目印を通します。















少し糸を引きます、これでは移動しないじゃん?…と思いますが…
ところが上下いくらでも移動させることが出来るのです。











糸を強く引きますと、目印が反転して移動させる事が出来ます、外すときは、目印を両端に引っ張りますと今度は糸が反転して、目印を抜くことができます。

アユの細糸の場合は無理ですが0.4号以上だと簡単にできますが、細糸でも柔らかく通してから反転させますと出来ます。



実際にはこんな風に付けます。






多分「そんなこと知っている!」という方が多いと思いますが、ネタが無いので記事にしました。



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おうはようございます。
以前は私も同様にしていましたが、目印を強く締めすぎて糸が縮れてしまったり、目印が動かなくなったりしたことがあり、今は二重結びにしています。
色はやはりオレンジが一番目立ちますね。

目印

目印の付け方は色々有りますね
やはりオレンジ色が見やすいでしょう

私は面倒でも自宅で編み込み式で目印を付けてます、細糸も出来るし、自由に移動も出来ますので
但し現場では無理で同様の方法です。

maburin さんへ

こんにちは。
細糸はパーマになってしまいますね、私もアユは編み付けにしています。
色はやはりオレンジが無難ですね、いろいろ必要ないですね。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
私はハリス部分を一度に大量に作りますし、根がかりは危ないので回収が出来ない場合が多いし、太糸が多いので手軽なのでやっています。
アユはこの方法では無理ですね。

No title

こんばんわ。
小生、GWに息子とマス釣場でエサ釣りに
再挑戦です。
昨日は仕掛けセットを買いました。
この方法もやってみます。

Re: はじめまして

はまかぜさんへ

ご訪問いただきありがとうございます。
私は高齢につき若い頃のようにはいきませんが、今になっても釣りをしていて良かったなと思っています。
開高健先生の「永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」と中国の古い言葉を引用したお話、全くその通りだと思います。
まず、お近くの漁協を調べて川の状態を教えていただいたらと思います、こんな年寄りでもイワナ釣れますから
すぐに上手になりますよ、管理釣り場があれば近道ですが、
それと、これからは山菜の時期、山野草もきれいですしあわてずゆっくり近くの野山を歩いてみたらいかがでしょうか、私も明日ババと山菜とイワナ釣りをと思っていますが、今日家庭菜園の耕耘機で疲れていますので腰が立つかどうか(笑)

kinkan600さんへ

こんばんは。
エサ釣りも良いものですよ、テンカラとはまた違った仕掛けや餌など工夫するところがいっぱいありますから面白いです、息子さんも喜びますよ。

No title

こんばんは
目印の付け方は色々有りますね。
昔は鳥の羽を染めたものがありましたよね。
それからセルロイドの矢羽根が有ったりしました。
私は輪を作り道糸と一緒に2回巻き付けています。
でもハックル70さんの方法は簡単そうですね♪
今度真似させて頂きます。

No title

やはりオレンジですかね、黄色に慣れているのですが時に見ずらい時間があります。

簡単で良いですね、こんど試してみます。

山女魚さんへ

おはようございます。
矢羽根のは失敗した思い出があります、売っているのは色々なのがセットになっていますので、オレンジしか使わない私は特注で100枚頼んだら1万円かかってしまいました、目印に1万はちょっとね(笑)

幻の渓流師さんへ

色々試しましたが、オレンジが一番良いような気がしますが、濁りのある時は駄目ですね、緑の蛍光色と合わせて使っています

No title

おはようございます。
目印はオレンジが見やすいですよね。しかし、私はズーット同じ方法で使っていましたので、これを機に見直してみようと思います。昔、休日しか渓に立てなかった時代に、激戦区では夜明けと同時に入渓するのが当たり前の時代。その時に活躍していたのが黄色系。明るくなるにつれて見やすかったのがオレンジ系。そんなんで、黄色とオレンジの両方を付ける習慣をズーットズーット続けていました。今は夜明けに入渓なんて事は無いので、一度、黄色抜きを試してみようカナ。

マンボウさんへ

おはようございます。
いや~全く私と同じで、現役の頃は暗いうちに渓に入りますので青系の蛍光色が良かったですね、日があたってくると駄目でした。
私は、目印原則1つにしています、万国旗みたいに付ける人もいますが、何の為の細糸か?と言いたくなります。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます