2014-04-28  毛ばり 

ウエット毛ばり

いよいよ毛ばりのシーズン到来です。

私が比較的初期に使うウエット毛ばりを巻きました、ウエットは、釣れるけれど見て合せる面白さが無いと敬遠する人もいますが、とりあえずは釣れない事には話にならないし、ガツンとくるあの感じを味わいたいのです。

伝承風のごくシンプルなグリズリーとクジャク胴.

521.jpg

520.jpg光の関係でハックルが多いように感じますが、現物はもう少しスッキリしています。













519.jpg

518.jpgお得意のスギッパ巻き(杉の葉に似ている事からいつごろか分かりませんがそう呼ばれていました)です。

私の若い頃はキジの羽でしたが、巻き良い羽が手に入るようになってからはこのスタイルが多くなりました。

羽の量が多すぎると言う人もいますが、何が良いのか結論を出せないのも、また、テンカラ釣りの面白さですね。

テンカラは、沢山釣ると言うより釣りを楽しむ面が多いので、それぞれ思い思いの毛ばりで楽しめばいいのでは…、ちなみに私はウエイトを巻いた毛ばりはヘッドを赤く、ドライの毛ばりは黒にするなど分けています。

野鳥の毛ばりも魅力がありますので相変わらず巻いています、興味のある方は吉江釣具店でご覧頂けます。


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
いつもながら素晴らしい毛鉤ですね♪
私はドライオンリーなのでウエットを巻く事が少ないですが深場の場合はウエットを使いますね(汗)
スギッパ巻きの毛鉤を見るとテンカラを打つ私にとってやはり凄く魅力を感じてしまいますね♪
是非真似をさせて頂き今年はウエット毛鉤で楽しめたら良いと思っています。
野鳥毛鉤でも当然遊びますよ(笑)

No title

やはり 杉っ葉巻きでしょう
ハックルの量も この位が好みです
逆光や白い石の多い渓では 最強ウェポンとなりますよ。。

No title

おはようございます。
アップで見ると、毛バリって本当に綺麗ですね。これだけ綺麗だと、使わずに手元に残しておきたくなりません?

山女魚さんへ

こんばんは。
テンカラの師匠の山女魚さんに褒めて頂くだけで光栄です、最近は年齢的に手軽な餌釣りになってしまいましたが、手先と屁理屈だけはまだ出来ますので、大目に見て下さい(笑)

テクニカルゲームさんへ

こんばんは。
実戦行動派のテクニカルさんにそう言ってもらえばうれしいです。
テクニカルさんもハックル量が多いのが好みと前におっしゃっていましたね。
提灯テンカラが多い私はどうしてもこうなってしまいます。
大きな川でフライみたいに振るテンカラは正直まだ経験が浅く、大会の残り物を釣る位しかやっていませんが、放流モノは目立ったものの方が釣果があったような気がします。

まんぼうさんへ

こんばんは。
まんぼうさんは毛ばりはやりませんか。
釣りをやっている以上、必須科目です(生意気言ってごめんなさいね)
釣り、山、まだまだ楽しみが山沢山で良いですね、
ジジはもう下降線、少しでも役に立つ事があれば良いのですが?

No title

いよいよテンカラが始まりますね~
私も行きたいのですがもう一つの楽しみの畑が忙しくっていましばらく我慢です・・・

No title

いつもの事ながら良い出来ですね。
魚もこれなら絶対だまされるわ。
もし、いただいたとしても、もったいなくて使えませんね。
紫綬褒章の対象になるかも。。。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
畑、雨が降らず乾燥しきってなにも出来ません、まだ苗の植え付けは霜が恐ろしくて出来ませんし、ぼつぼつ山菜採りにでもと思っています。

佐久っ子さんへ

毛ばりも見ているだけで楽しさもありますね。
多分それは他の装飾品と違って、釣りというロマンを感じるからだと思います、釣りには使わないが各地の毛ばりを収集して楽しんでいる人もいるらしいです。

No title

今晩は。
エサ釣りを終わって帰るころになると盛んにハネが見られ、テンカラでもと思いますが、そこまで体力が持ちません。
ついつい釣果重視のエサに走ってしまいます。
テンカラの竿も毛バリもあるのですが・・・

maburinさんへ

おはようございます。
私も最近はそうで、どうしても確実な餌釣りになってしまいます、長時間が無理になったので後でやろうと思っていてもついそのまま帰ってしまうのです、仕方ないですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品