2014-05-19  花と庭木 

ミドリ摘み

毎年の事ですが、今年も我が家の庭の赤松の「ミドリツミ」をしました。

もう少し後でも良いのですが、小さい内が片付けも楽ではないかと勝手に理屈を付けて始めました。

675_convert_2014.jpg「ミドリツミ」とは新芽を樹形を考えながら摘み取る作業です、放置しておきますと新芽の長さ分だけ枝が伸びます、赤松の場合は枝を途中で切ってもそこからは新芽が出ませんので、剪定バサミでチョキチョキと言う訳にはいかないのです。





674_convert_2014.jpg枝先から何本も新芽が出ますので樹形を考えて、残したり、摘み取ったりするわけです。












676_convert_20140512123245.jpg690_convert_2014.jpg

半日かかって今回はこれで終了ですが、剪定はこれで終わりではなく、完全に伸びきった枝は、秋に古い葉をむしり取るいわゆる「モミアゲ」の作業があります、込み合った枝をスッキリとさせ日光を入りやすくする為でもありますが、松の木は「形を見る」部分が多い為、庭師の腕の見せ所でもあるのです。

松の剪定には、大きな剪定ばさみやバリカンを使いませんので時間もかかり、松の木を植えると金がかかると昔から良く言われたものです。
私のは自己流で、それなりに楽しみながらボツボツとやっています。


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の家の松もボーボーです
剪定は今の時期が最適でしょうか?
庭の除草剤散布やら 体がもうひとつ欲しいです。

No title

おはようございます。
赤松の枝は切ると新芽は出ないのですか?
知りませんでした(汗)
それにしても新芽の摘み取りは腰が痛く成りそうですね。
年2回の摘み取り松を綺麗にしているのは並大抵な事ではないですね。
お疲れ様でした。

テクニカルゲームさんへ

秋だけの家が多いですね、松は手間がかかりますね、私の所は小さな庭ですから楽しみの範囲です、それでも年々出来なくなりだいぶ切ってしまいました。

山女魚さんへ

おはようございます。
クロマツは出ますが、アカマツは駄目ですね、普通の段ものは刈りこんで玉を小さくする事が出来ますが、赤松は伸びた枝を刈り込むわけにはいきませんので新芽を摘んだりして1つ下の脇から芽を出させて、「切り戻し」の方法をとって樹形を維持するのです、私の所は1本だけですが多かったり高かったりすると大変です。

No title

おはようございます。
松って大変なんですね。
剪定バサミでチョキチョキという訳には行かないんですね。
我が家の庭になくて良かったです。
最も植える場所もありませんが。
アカマツがあるとアミタケなんかが庭で採れると言うことはないんでしょうか?

庭の手入れって大変なんですね。

家にも有りましたが、父親の代になってからはそのままです。そんなに広くはないですが、昔ながらの家なので多少の庭木は有りますけど私には出来ません。

以前、叔母が祖父が他界してから庭木が駄目になっていくのを嘆いていました。

庭師に頼んでもお金がかかるので多分そのままですね。

家の裏の100年超え銀杏の木が大きすぎて落ち葉を掃除するのでさえ億劫なので。

maburinさんへ

こんにちは。
家の周りも住宅ラッシュで昨年だけで隣組3件も増えました、皆、50坪くらいの土地で駐車場だけで庭を造らないようですね、税金は安いし草むしりはしなくて良いし、が理由のようですが、今になればその方が良かったかと思います。

いちコーチさんへ

こんにちは。
確かに若い人が庭の手入れをする人は少ないですね、それだけ仕事も忙しい事もあるでしょうが、余暇の過ごし方も変わって来たのでしょうね、
隣も老人ホームに入って空き家なんですが、それでもシルバーの剪定を頼んでいますが1日位で3万円位掛るそうです。
なまじが庭がある為解体費用が大変だったとの話も良く聞きます、変な時代になったものです。

No title

こんばんは
緑摘みをした後の手のネバネバは大変でしょうが、頑張っておられますね~。
イチイの生垣も品があっていいですし、高野槇のローソク仕立ては初めて見ましたがナカナカ良いですね。手間がかかって大変ですが、年月とともに形が出来ていく様は楽しいですね!

マンボウさんへ

おはようございます。
若い頃、山から石を運び出し、実家から木を持ち込んだりして自分だけで作った庭でしたが、なかなか出来なくなり後継者もいないので、今は半分以下にしてしまいました。
時代が変わって室外より室内へと憩いの場が変わって来たのでしょうね。

ハックル70

ハックル70さんが自分で作った庭ですか。段作りや玉柘植にも几帳面さが顕れています。愛着ひとしおですね。
私も今から40年近く前に、(当時は)若妻と二人で山砂を入れ、木を入れて、洋庭と家庭菜園(後に花壇)を作りました。が、6年前に洋庭を潰して離れを建てて今はありません。今になって菜園部分だけでも残せなかったか等と思っています。
“今になれば・・・”のくだりは、そんな事は無いと思います。その時の楽しみ、手入れの楽しみ、懐かしむ楽しみが有ります。替えられない楽しみだと思います。

マンボウさんへ

こんばんは。
そう言ってもらえれば、嬉しいですね、当時それなりに一生懸命であった事が、今になって無駄であっても、若妻と共に楽しませていただいた事に感謝しなければね、ありがとうございました。

No title

こんにちは
先日の背景はハックル70さんのを使わせてもらっています。m(__)m

松の手入れ・・・・何でもできちゃうんですね!
尊敬してしまいます。凄い。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
驚きました、高ボッチ高原1600m位の山ですが家から15分もあれば車で行けます、写真愛好家のスポットとは聞いていましたので、嬉しかったですね反対側のアルプスの方が良いかもしれませんね、私も壁紙にしています。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村