2014-06-04  渓流釣り 

毛ばりを試す

先日、「やぶはら高原いわな釣り大会」があったので、その、残り物を狙いながらも自作の毛ばりを試す目的もあって出掛けてみました。
早く出掛けたつもりでしたが、餌釣りの人はすでに釣り終わった感じです。

放流モノのテンカラ釣りは、早朝より日中から夕方が良いものですのであわてることはないですね、やはり、9時過ぎからぼつぼつと釣れ始めました。

703+(10)_convert_2014.jpg

ふと、下流を見ると、普通は誰も打ち込まない、石だらけの急瀬を見事に的確に打ち込んでいるテンカラ師がいました、その時は分かりませんでしたが後ほど声を掛けられ、何とその方がこちらのブログのテクニカルゲームさんだったのです、しばらくお話しましたが父親の介護の為帰らねばとの事、いろいろお話したかったのですが残念でした。
下の写真は関係ありません。

703+(3)_convert_2014.jpg餌釣りの人達も釣れないのかほとんどいなくなり、周りに気を使うこともなくなりましたので、今日の目的の一つ、放流モノに何の毛ばりが良いか試してみる事にしました。








703+(4)_convert_2014.jpgドライは今回は無理でしょうからウエットに絞りました、最初はスズメの翼羽を巻いたものです、やはり羽根が柔らかいのか水中では開きますが、放流モノには印象が悪いのでは?








703+(6)_convert_2014.jpg次はキジの毛ばり「爺さん毛ばり」です、自分で言うのもナンですが良く出ました、放流モノには最適かと…(あくまで個人の感想です)










703+(8)_convert_2014.jpg最後はスギッパ巻きです、グリズリーを染めた黒ですが、2段に巻いたものです、水中でも外でも形が崩れないのが良いですね、毛ばりの傷み具合がはっきりと分かり交換時期が分かります。

もう少しゆっくりといろいろ試したかったのですが、とにかく暑くて熱中症が心配でそこそこにしました。

703+(13)_convert_2014.jpg下流の方ではグループで来た人達といろいろお話をし、毛ばり談義に花が咲きました、南木曽の方、瀬戸の方、地元の青年はお話を聞くと、私の生まれ育った旧村の出身だとの事、ちょっと声を掛けるとみんな楽しい人ばかりですね。





703+(15)_convert_2014.jpg尾びれを見ればお分かりの通り、釣れたものはすべて放流モノで釣り大会の残りものです。
今日はすべてお持ち帰りです、25匹位ありましたので近所におすそ分けしました。









記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりませんが、クリックしてお仲間の記事もご覧ください                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
放流ものとは言え今回も素晴らしい釣果ですね♪
此方の方はイワナの放流量が少ないですから羨ましいですね。
スズメ毛鉤に爺さん毛鉤、スギッパ毛鉤と比べられながらの釣行は楽しそうですね。
それにしても全て上あごに掛けとるとは流石だと思います♪
本当に熱中症が気になる暑さですから無事が何よりですよね。
お疲れ様でした。

No title

おはようございます。
釣残しでの25匹は流石ですね。
冬場はスキー場でお世話になる木祖村で、今は栗谷経由ですが、以前は木祖村市街地を抜けて行ったものですが、最初の写真はスキー場登り口辺りに見えますが、安全で良い川ですね。
尾張瀬戸からの釣人も見えたとの事なので、私も竿を出したい川ですが、年券9000円は手が出ません。残念!

No title

お疲れさまでした 自分は最近 ハックル多めの
毛鉤が好みです ローバスで昨日染めたのですが 畳の上に こぼしてしまい さあ 大変。

タイイング

巻き巻きした自作品でヒットが有ると気分がよいですね、
益々自信が持て改良して行く事の喜びはベテランの特権でしょう、

「やぶはら高原」----懐かしい響きです
別荘に泊り釣り三昧を思い出しました、
機会が有れば又行きたいですね

山女魚さんへ

こんばんは。
大会の残りですから、行ったり来たり本当の釣りではないので、毛ばりを試す余裕もありました、とにかく暑くて、まだ白系を試してないので又行ってきます、私のはタタキ釣りですからほとんど上顎にかかります、バラすのも多いですね(笑)

マンボウさんへ

こんばんは。
木曽川の最上流に位置します笹川です、ご存知の愛知用水のダム、味噌川ダム(奥木曽湖)の合流点から上流が大会の会場のようですね、私は大会には出ませんが、大会期間が過ぎると年券で釣れますのでありがたいですね。

テクニカルゲームさんへ

先日はありがとうございました。
放流モノの為かハックル多めが良い感じですね!
タタミ替え大変ですよ、私も先日変えましたがその日のうちに出来ましたが高いですね。

釣りお爺さんへ

こんばんは。
以前、会社の別荘にお見えだったとか、別荘は多分境峠だと思いますが、越えますと奈川さらに野麦峠となり飛騨になります、飛騨からこの峠を越えて岡谷の製糸工場まで女工さんが何日もかけて働きに出掛けた、山本茂美さんの「ああ野麦峠」で紹介されていますね。

No title

こんばんわ。
「ああ野麦峠」をネットでみました。
女工さん苦労の哀史ですね。
健康盛りの女性が重労働で命が奪われるとは、本当に苛酷だったのですね。
飛騨古川から岡谷まで140km。山谷ですね。
良い時代に生まれました。
この豊さを次の世代に繋がないと。
釣果ですが、25匹とは小生は経験したこと無い数字です。
多分小生がやったら5~10匹ですかね。
それでも色々発見があるでしょう。
しかし小生にとっては良い時代です。

No title

今晩は。
エサ釣りと違ってゆっくり出掛けられるのが良いですね。
本当に見事に皆上あごに掛かってますね。
自作毛バリをいろいろ試しながらの釣り、余裕が感じられます。
それがかえって釣果にも繋がり、ますます毛バリの創作に意欲が出るというものでしょうね。

No title

ゲ!何と恐ろしや!!!!
通常釣れないスレ残りを短時間で25匹も釣りあげるなんて。。。
テクニカルゲームさんのブログにあるお爺さんに聞かせてやりたい!!!

kinkan600さんへ

おはようございます。
釣り残り狙いですから、釣り人も多く渓流釣りとは程遠いものですが、毛ばりを変えたり写真を撮ったり、放しに夢中になったり釣果はどちらでもよかったんです、「女工哀史」と言われ過酷な労働のように言われていますが、実際は結構、厚遇されていたようです、何故かほっとしますよね。

maburin さんへ

おはようございます。
この様な場合は遅い方が良かったですね、残りものですし行ったり来たり、こんな釣りも面白いものです、毛ばりは皆さんから注目を浴びて、鼻高々に20本ほど皆さんに分けてあげてしまいました、
喜んでもらえば嬉しいですね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
餌釣りの方は朝早い人が良かったようですね、最近のルアーは放流モノなんかはほとんど釣りあげてしまいますね。
恐ろしいものが出たものです。
毛ばりは、ピンポイント狙いでルアーの入らない場所だけを狙いました。

こんにちは(^^)地元の青年です☆
先日は楽しい時間を送らせて頂きました!
自分はまだ毛針はあまり得意じゃないので、またお会い出来る機会がありましたら是非ご伝授ください^ ^

匿名さんへ

山ちゃんだね!
先日はどうも! 少しの時間でしたが、共有するものがあると言う事は楽しいものですね、実は昨日も行ってきました、まだまだ大きなのが泳いでいるのが見えましたよ、工事中の古い橋の下が竿が出しにくい為かそこだけで5匹出ましたが、合せが出来なくバレる度に橋桁に新品の竿を何度もぶつけひどい目に会いました。

御礼

二日には笹川でお手製のフライ、すずめと孔雀をいただき、ありがとうございました。残念ながら写真からは外れてました。実家は木曽で月一程度は帰り釣り楽しんでます。年金暮し又お会い出来るのを楽しみに‼!

しもちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
もう1枚写真があったのですが、少し手振れだったので済みませんでした、赤い帽子の方ですねブログ名を尋ねられたので、あ~この方ネットやっているかもしれないなとは思いましたが、訪問して頂けるとは思いませんでした。
内緒ですがお昼に少し…
テンションが上がり過ぎて、普段はもう少し無口なんですよ、またお会いしたいですね。

返信ありがとうございました

赤い帽子の爺いです。木曽へ行く常は、黒川系がほとんどです。今年の解禁には42cmのヤマトイワナを2,7mの竿、イクラで釣り年会費の元どりか?師匠の各種の知恵頭が下がります。先日のフライを初心者が短い竿で試す為の、使用竿のアドバイスをお願いします。名古屋からすぐに出掛けたくよろしくおねがいします。

しもちゃんさんへ

こんばんは。
ちょっと意味が分からないのですが、2.7mの竿とは渓流竿でしょうか?
テンカラでしたら、3.6m位のテンカラ竿が標準だと思いますが、
渓流竿で試すなら1.5号位の糸に毛ばりを付けて叩くようにポイントに打ち込み2m位流れた所でカラ合せ、竿が重くてうまく行かないと思いますが、
渓流竿で餌釣りが無難だと思いますよ。

No title

ここ数年、笹川のイワナ釣り大会を知った為に、
ルアーで無ければ、放流イワナは釣れないと、
勝手に思っていたところ、今年は連れのフライ竿を借りて、タマタマ釣れてしまった。
これからは、ルアー、フライで素人技を使わずに、
以前からの餌釣りで楽しみます。たまには頂いた毛鉤も、楽しみながらと思います。アドバイスありがとうございました。

しもちゃんさんへ

こんばんは。
放流イワナはルアーが良く釣れるようですね、テンカラでもいいですが、放流モノ特にニッコウイワナには良く反応するような気がします。
テンカラやフライで天然ものを狙うのは、主として魚との駆け引きや、あわせなど楽しむ人がおおいですね。
普段の釣りで釣果を求めるならやはり餌釣りでしょうね。
夕方などちょっとテンカラでやるのもいいものですよ。

アドバイスありがとうございます

拙い質問に、ご丁寧なお答ありがとうございました。
今後もブログ拝見させていただきます。
又、お会い出来る日を楽しみに‼!

No title

16日、笹川へ行って来ました。
何時ものイクラとミミズ、ブドウ虫とトリプルで攻めて見ましたが、当たりゼロでした。
小生も今年のドックでpsa4.6
細密検査を勧められ、生検一泊二日、結果ガン細胞見つからず、でした!まずは一安心です。

しもちゃんさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます、出来れば22日の記事へのコメントでしたら、その記事の末Commrnt::の箇所がありますのでそこをクリックしてコメントして頂けたらありがたいのですが、返信はそちらでしておきます、いろいろ言ってすみません。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ