2014-07-17  釣り道具 

鮎タモの石突を作る

アユ釣りの必需品であるタモは、20年ほど前にネズミサシの木で作った40㎝の物を今でも使っています。

若い頃、めちゃくちゃアユ釣りに凝ってしまい、冬は近くの山を駆け巡りネズミサシの木を探しては、タモを幾つも作りました、今では、2つだけへたくそで釣れなくなったアユ釣りに時々使っています。

先日、解禁に向けて道具を準備していましたら、袋タモの柄に工夫して差しこんであった廃品利用の石突き部分が割れていました、戦意喪失したアユ釣りですのでどうでも良いものですが、まだ行く機会もあろうかと、取り外して鹿の角で作ってみる事にしました。

右が今回修理したものです。

714_convert_2014.jpg

割れたのは、差しこんであった古い市販のタモの柄です。
このタモは、昔懐かしいαBIGの袋ダモです、京タモとも言いますが、1か所で釣れなくなってきた時期、拾い釣りに便利でした。

713+(11)_convert_2014.jpg713+(4)_convert_2014.jpg

使った道具です、5㎜×60㎜のボルトです。

713+(2)_convert_2014.jpg713+(3)_convert_2014.jpg

接着剤と鹿の角です。

713+(5)_convert_2014.jpg713+(9)_convert_2014.jpg

713+(10)_convert_201407.jpg接着する角の角度を考えて切断します。
















713+(12)_convert_2014.jpgボルトよりやや細めのドリルで垂直に穴を空けボルトを半分だけねじり込みます、確定したら一旦抜いて接着剤を流し込みしっかりとねじり込みます。










713+(13)_convert_2014.jpg柄の方にも同様に穴を空けます。
















713+(14)_convert_2014.jpg角の方にねじりこんだボルトの頭はグラインダーでカットし、柄の方にも同様にねじり込んで行きます、完全に密着し位置も確定したら一旦抜いて、接着剤を流し込み完全に接着します。







籐を巻いてあった柄は、籐をほどかず全く無傷のまま接着する事が出来ました、少し荒れていた籐の部分にウレタン塗料を塗って完成です。

713+(16)_convert_2014.jpg713+(19)_convert_2014.jpg

713+(15)_convert_2014.jpg

先日、実戦に使ってみましたら、角の出っ張り部分が片手でベルトに差しこむ際に若干引っかかりますので、現在は写真の物より少し削って低くしてあります、ただ、この袋タモは深い所に立ち入った場合、水の抵抗を強く受けますのでこの出っ張りが抜けるのを防ぐ利点もあります。

追記
作り方に付いては当ブログの自然木でタモを作るで、渓流タモですが、6回に分けてUPしてありますのでよろしかったらご覧ください、ただ、渓流タモと違う点は塗装は自然木の木目をそのまま出す為と丈夫さを重視して、ウレタンのクリアーを使用してあります、それと、アユの場合は繊細な仕掛けを扱いますので、トラブルを防ぐため出来るだけシンプルにして、凝った形は止めてあります。



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりませんが、クリックしてお仲間の記事もご覧ください。


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがの仕上がりです
先日見せて頂いた渓流タモも素晴らしい物でした

テクニカルゲームさんへ

ありがとうございます。
体調のほうはいかがですか、まだまだ暑くなりますお気を付け下さい。

No title

こんにちは
ネズミサシのタモ良いですね♪
鹿角の石突きも簡単に書いていますがセンター合わせるのが難しい筈ですよね。
それにしてもネズミサシの処理綺麗に仕上げていますね♪

山女魚さんへ

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます。
おっしゃる通り片方が出来上がっているものに合せるのですから苦労しました、マグレと言いますかうまく合ってしまったのでラッキーでした。

No title

今晩は。
相変わらず綺麗で丁寧なお仕事ですね。
私は全て袋タモを使っています。
深い所への立ち込みはしませんし、始終ポイントを替えていますので袋タモが最適ですね。

No title

こんばんは。

骨折した時の髄内釘みたいな繋ぎ方ですね。仕上がりもメチャカッケェです。

No title

前回の渓流タモと言い、いつ見ても良い出来ですね。
鹿の角の突起部分が持った時の回り止めになり、使いやすそうですね。

maburin さんへ

おはようございます。
先日、少し使ってみましたがポイント変えるには都合が良いですね、ただ、どこに入っても釣れませんね記事には出しませんでしたがボーズでした(笑)

マンボウさんへ

おはようございます。
以前は斜めにカットしてボルトで留めていましたが、このほうが丈夫ですし見た目が良いですね。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
骨の中心は荒く滑らかでないので少し気になりますが、下向きの部分ですから、まあ~いいか! と、うまく行ったと思っています。

No title

おはようございます。
かっこいいたもになりましたね。
角を追加すると気品が出たような感じです。
使うのがもったいない。
渓には動物の骨はよく見ますが、角はめったに見ないですね。

匿名さんへ

コメントありがとうございます。
最近は鹿の駆除が盛んですので、比較的手に入るのでは、それか牧場の柵などの周辺にも生え変える為に角をぶつけるのか落ちている場合場多いですよ。
角を使いますと重くなりますので、部分的に使うのが良いと思います。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村