2014-07-13  渓流釣り 

台風一過のイワナ釣り

台風8号は各地に被害をもたらしました、被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
幸い私の所は予報に反して大雨も降らず風も吹かず、普段とはあまり変わらぬ状況でした、有り難い事です。

そんな11日の朝、突然H氏から電話です 「午前中だけでもちょっと行ってみないかい?」
被害に遭われた皆さまに対して不謹慎とは思いましたが、台風一過のバカ釣れは以前にも経験していましたので思わず 「行きますか!」

ところが現場に着いて川を見ると全く普段と変わっていません、せっかく来たので「岸から釣法」の長靴姿のH氏を残して私はこの川の小さな支流に入ってみました。

水は少ないですし、ニゴリもありません、薄暗いこの藪の中は少し躊躇しましたが、例のナタガマを腰に入りました。

002+(1)_convert_201407.jpg

藪の中、這いずるような釣り、お得意の絶対転ばない「四っ足釣法」、仕掛けは定番の120cmでは長すぎますので80センチ位に。

002+(2)_convert_201407.jpg

釣れたイワナの写真もストロボ発光、源流にしてはまずまずの型です。

002+(4)_convert_201407.jpg

小さなイワナに悩まされながらも良型もぼつぼつ、最初の砂防堰堤です。
手前の黒い影、一瞬イワナの群れ?
でも、違いました。

002+(6)_convert_201407.jpg

やはり台風の影響があったのでしょうかこの堰堤だけで4匹。

002+(8)_convert_201407.jpg

H氏をあまり待たせてはいけませんので、ここで止めましたが帰りが大変、クマザサをかき分け山道まで上がったのは良いですが、すでにこの山道も背丈以上の藪となっており、いや~大変でした。
H氏と合流してハラダシ。

002+(9)_convert_201407.jpg

H氏も数匹は釣ってあった様子、恐るべき「長靴釣法」。

002+(10)_convert_201407.jpg

午前中だけの釣りでした、午後は畑の草退治。



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりませんが、クリックしてお仲間の記事もご覧ください。
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
短時間の釣行でも素晴らしい釣果ですね♪
秋田県の方でバッタを使った仕掛けが短いと聞いた事が有りますが80㎝の仕掛けですか(汗)
Hさんもも凄いですね。
でももっと凄いのは画像に赤丸が入った事ですね(笑)
お疲れ様でした。

山女魚さんへ

おはようございます。
ある程度釣るとなると、気持ちの悪い場所にも入らないとね!
里川はクモの巣がいっぱいで面白く無いですし、河原は葦が生い茂って竿が入らないし、これからの釣りは苦労します、赤丸苦労して入れました(笑)

No title

おはようございます。
四つ足釣法、80cm仕掛け、堰堤だけで四匹も、流石です。
でも長靴釣法で釣れる川は良いですねぇ~
私のところはクモの巣だらけでした。

maburinさんへ

こんばんは。
里に近い川はクモの巣が多いですね、源流に行くに従って無くなります、長靴で釣る事の出来る川もありますが、普段は全くアタリもないのですが、どうかすると突然釣れる事があります、里川は葦が生い茂って竿を出せないところが多くなりました、これからは巨岩の源流釣りが多くなります。

里川

台風の被害も無く良かったですね
此方も助かりました、

それにしても長靴でズボンも汚れないとは
里川も魚影が濃いのですね、放流も有り釣り人は喜んでますね。楽で良いな~。

No title

こんばんは。

台風一過、行って見えましたか。
水も濁りが全くなくて、愛知以上に雨量が少なかった様ですね。この辺りでは、木曾の口元に集中して降ったんですね。
それにしても80㎝提灯は驚異的技術ですね。私も極短提灯を試したことがありますが、そこまで短くすると流し幅が殆どないので、竿だけで制御しなければいけないので相当難しくて諦めました。

藪コギと洗濯、お疲れ様でした。

釣りお爺さんへ

おはようございます。
放流は年2回ほどあるようですが、源流への放流は全くないようですね、里川は大水が出ると岸や堰堤から釣れる場所がありますので長靴でも釣る事が出来ますが、これからは萱が茂って駄目ですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
おっしゃる通り仕掛けが短い分流すのは長くて1m位ですね、イワナと分かっていますのでアタリがあると完全に糸を送り出し完全に飲ませてから竿をたたみながら引き寄せます、穂先だけ異常に柔らかなものに替えて魚に異変を感じさせない工夫もしています。

No title

こんばんわ。
ナガタマを使わず良かったですね。
やはりドキドキしますよね。
熊は見たことないですが、鹿とイノシシはしょっちゅうですね。
あれでも近くで見るとびっくりします。
そんな中の釣りはスリリングですね。
写真のような岩魚の群れに出会いたいな。
ウグイの赤い腹の群れは見たことあります。
びっくりしました。
80cmの仕掛けに竿先は柔らかいのですね。
工夫されてます。

No title

何か自分のブログを見ている気がします。
私は糸の長さが50cmくらいです。
それでも枝や蜘蛛の巣に引っ掛かり、四苦八苦しています。
蜘蛛の巣があるという事は先行者がいないとの事で、それはそれで良いのですが、一度絡まった蜘蛛の巣を釣り糸から外すのは厄介です。。

kinkan600さんへ

おはようございます。
穂先だけを柔らかくするのは、岩影で目印が見えない場合穂先の微妙な動きを察知する役割もあります、竿自体は硬調の8・2調子です。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
クモの巣は厄介ですね、ポイントの上にある場合はナタで棒きれを作り、気付かれないように払ってからやりますが、意外とそんな場所は魚が居付いて居ませんね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます
アマゾンお買い得商品