2012-09-10  渓流釣り 

やっぱり源流がいいか?

171_convert_20120907195608.jpg

169_convert_20120908070841.jpg雨降りを待っていたのではシーズン終わってしまう、やはり源流に行くしかない。

最近市内でもクマの出没が多い、考えてみれば、子供の頃からクマの肉は沢山食べたし、この春も義兄の獲ったクマを食べたし…
クマに恨まれていることは事実だ?

仕方ない!いつもの手作りクマ対策グッズで身を固めイザ出発。

182_convert_20120908070543.jpg

やっぱり源流はいい!マイナスイオンが、流れの音が!

185_convert_20120908070734.jpg

187_convert_20120908095228.jpg

189_convert_20120908095303.jpg

25㎝級がよく出ます、この川ではこの位のサイズが限度ですかね。

191_convert_20120908075227.jpg黄色がかったヤマトイワナの典型的な姿ですね、




餌の話をしますね、笑われるかもしれませんが、私は、1年中ミミズです。

アマゴの放流ものを狙う時だけイクラも使いますが、その時だけですね。

川虫がいいことは分かっていますが、捕るズク長野県の方言で惜しまず働くこと)がないからね。





190_convert_20120908082612.jpg

186_convert_20120909083058.jpg

浅瀬は小型が多いが、流れが速く竿の入れにくい、人が嫌がる所がむしろ私のポイント!
流木があるポイントは不思議なことに、1匹は必ずいますね!

184_convert_20120909083139.jpg

ハリは、KATSUICHIのやまめ一番半スレヒネリ6号、ヒネリがあることで長いミミズでも掛りが良いではないかと…

体調との相談で、長時間の釣りはできなくなった。

若いころは牛若丸みたいに石から石へ、今は4足で這いずる様に…、しかし、良いこともあります、それは竿を折らなくなった事。


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり源流釣り

中々りっぱなイワナで、塩焼きにベストサイズですね。
お腹がパンパンで卵をたくさん持っているようですね。
こちらも同じで、釣り易い場所はほとんど荒らされていますので25cmなんてたまにしか上りません。

餌の話ですが、私は一年中イクラです。
本流で大型を狙う時のみミミズです。
夏はイクラの食いが悪いと言われますが、自分がやっている限りでは変わらないように思います。
ただ、チビがガンガン食ってくること。夏は餌を付けてからの持ちが悪いことが弱点です。

ちなみに、この間の放流日、他の人はブドウ虫とクロカワを使っていました。

ズクって佐久でもよく使いますよ。
そう言えば、SBCラジオで「坂ちゃんのズクだせエブリデェー」なんて言うのをやっていたなあ。。。。

佐久っ子さんへ

コメントありがとうございます、餌については、シーズンオフにでもブログ書きたいと思っていますが、イクラについて少し触れますと、年末セールが終わって、安くなったイクラ買っておいて、解禁時にエタノールに1時間位漬けて、少し新聞紙の上でバラして乾燥させて持参すれば、イクラが潰れませんよ。たぶん卵のたんぱく質がエタノールで凝固するのでは?いや…科学的なことは分かりませんよ!
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村