2014-08-27  釣り道具 

渓流竿の修理

私は、年間30日以上は渓流釣りに出掛けるので竿の消耗も激しいです。
源流釣りが多いので竿の伸縮が激しく、繋ぎの部分が摩耗して、古くなるとスッポ抜ける事があります、今回は、そんな場合の一時的な補修です。

3年ほど前のシマノ「鎧峰」ですが、丈夫で良い竿です、それでも過酷な使用頻度のため、ついに、先日の雨の日にスッポ抜けてしまいました。

本来なら、寿命でしょうが年金生活ではそう簡単に買い変えは出来ませんし、使えさえすれば、私は、あまり竿には拘りませんので、この竿に限らず今までの竿も、いつも修理して使っていました、以前は、瞬間接着剤、マニュキア、ウレタン塗料、などを接続部分に塗って摩耗した部分を補っていましたが、最近では車の補修に使い、残ったタッチアップペンを使っています。

014+(6)_convert_201408.jpg014+(2)_convert_201408.jpg

長持ちはしませんが、手軽で速乾性ですので簡単です、塗った後は繋いでみて長さを確認し、この研磨剤で調整します、サンドペーパーの細かいものでもかまいませんね。

014+(3)_convert_201408.jpg014+(5)_convert_201408.jpg

口金の部分も剥がれていましたので、マスキングテープを貼って塗りました、この竿の場合口金と言っても飾りですので、見た目だけの物ですが…

014+(1)_convert_201408.jpg014+(4)_convert_201408.jpg

出来上がりました、これでまた数回の釣行は大丈夫でしょう。

言っておきますが、これは一時的な補修です、完全に元のようになるのは不可能ですので、ご承知置き下さい。
塗る場所も、太いものは接続部分のメスの方の内側に塗るのが竿自体は長持ちします、そこまでしなくても買い替えが一番良いのは当然です。

記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます
銘竿鎧峰もここまで使い込まれれば 本望でしょう
私の周りの餌師も大半がこの竿ですよ
 

No title

おはようございます。

鎧峰のアーマーコートが摩耗してすっぽ抜けるほどに使えば償却は十分で、これからは付録分を使い倒しませう。
もっとも私のように黄色いポリエステルテープでヒビ割竿補修までするとカッコ悪いですが。
難しい事をやらなくても、車のタッチペンなら手間も掛らず何より乾燥が早いのが良いでしょう。
塗った後の研磨調整が腕の見せ所ですね。

No title

おはようございます。
大事に使っていても徐々に不具合が出て来てしまいますよね。
使い慣れた竿は手の延長ですから納得出来る範囲でしっかり仕上げていますね♪
実は私も次のブログは竿の補修なのです(笑)
お手軽な補修方法もこれまた楽しいですよね。
それにしてもタッチペンを使うとは思いもよりませんでした(汗)

No title

おはようございます。
竿もここまで使ってあげれば嬉しいでしょうね。
私は年間で10回程度とここまでは摩耗しませんが源流の釣りはやはり痛みが多いです。
このタッチペン補修はインプットしておこっと(^_^;)

No title

おはようございます。
やることは皆さん同じですね。
私はあまり竿の手入れをする方ではありませんが、短仕掛けですので頻々に伸縮し、摩耗が激しくて修理することが多くなります。
竿のこだわりはありませんが、すっぽ抜けでは釣りは出来ませんからね。
以前は釣り保険があり、新品購入が良くありましたが、それもなくなり、また年金生活ではモノを大事にするしかないですね。

テクニカルゲームさんへ

こんばんは。
この竿は良いですね、源流派の私にはズームとかいろいろな難しい事は要らないです、いわゆる竹竿の感覚が身体に染みついていますので、丈夫でしっかりした竿が良いですね。

マンボウさんへ

こんばんは。
生活が困窮してまいりますといろいろな事に知恵が働きます、タッチペン乾燥の速いのには驚きました、今日も行ってきましたがまだ十分使えます。

山女魚さんへ

こんばんは。
源流釣り、特に藪の中の釣りは竿の伸縮で魚を掛けたり取り込んだりしますので、繋ぎ部分の摩耗が激しいですね、減ってしまったのは元には戻りませんので手軽な方法で1回でも長く使えるように工夫しています。

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
わざわざ買う事は無いですが、車の補修に使った残り物です、隠れてしまう部分ですので色は何でも良いのが良いですね、しばらくの釣りには十分耐えられますよ。

maburinさんへ

こんばんは。
源流の短仕掛けですと竿の伸縮が激しいのでどうしてもつなぎの部分が痛んできます、永久的ではありませんが、数回の釣りが出来ますね、もう格好なんかどちらでも良いので安上がりで楽しんでいます。

No title

竿が擦り切れるほど使い込むとは、さすがですね。
私は今年57日釣りに行っています。
減流がほとんどですので竿も1年しか持ちません。
お金がないのでカインズホームでの安物です。
安いと言っても釣りには全く影響はありません。
長時間使っていると、抜けてしまう場合と、内側の部品が剥がれてしまう場合があります。
抜けてしまう場合は、同じく瞬間接着剤を塗って太さを調整しています。
タッチアップペンが使えるとは知りませんでした。
内側が剥がれてしまう場合は、以前にダメになった竿で使える物があれば交換しています。
それよりも多いのが、転んで折っちゃう事ですね(笑)。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
年々釣行回数も少なくなってきました、現役の頃は仕事が終わってネクタイ姿で渓流に立っていた事もあるんですよ。
私も、竿は継ぎっこはぎっこのも場所によって使います、仕舞寸法が長いのは細い部分が隙間に落ち込み竿を割ってしまいますね、良くあります。
昔は萱の根っこに足を取られよく転び竿を折りました、今は瞬間に竿を放る事にしています、それより転ばなくなりました、なんせ、4つ足釣法ですからね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村