2014-10-30  その他の趣味 

銭形平次の投げ銭

古銭の収集に興味があった頃、比較的手に入り易い古銭に、寛永通宝など真ん中に正方形の穴が開いたいわゆる「穴あき銭」がありました。
収集といっても人から頂いたり、仲間と交換したりの範囲で楽しんだだけですので、貴重なものはありませんし、私にはそんな知識もありません。

56+(26)_convert_201410.jpgこれは一番ポピュラーな寛永通宝ですが、この様な穴あき銭、銭形平次の捕り物の時、腰にぶら下げた銭束から1枚抜き出し、悪人に投げつけたという銭で、時代劇俳優の大川橋蔵の名場面でした、しかし、この銭10円玉より軽い位のものなのに投げてそれが当ったら、悪人がひっくり返るのですから、何とも非現実的な話ですが、それでも面白くて良く映画を見に行きました。







次のはそれぞれ違った種類ですが、コインホルダーの上からの写真ですので鮮明ではありません。

56+(1)_convert_201410.jpg56+(2)_convert_201410.jpg56+(3)_convert_201410.jpg56+(4)_convert_201410.jpg

56+(5)_convert_201410.jpg56+(6)_convert_201410.jpg56+(7)_convert_201410.jpg56+(8)_convert_201410.jpg

56+(9)_convert_201410.jpg56+(10)_convert_201410.jpg56+(11)_convert_201410.jpg56+(12)_convert_201410.jpg

56+(13)_convert_201410.jpg56+(14)_convert_201410.jpg56+(15)_convert_201410.jpg56+(16)_convert_201410.jpg

56+(17)_convert_201410.jpg56+(18)_convert_201410.jpg56+(19)_convert_201410.jpg56+(20)_convert_201410.jpg

56+(21)_convert_201410.jpg56+(22)_convert_201410.jpg56+(23)_convert_201410.jpg56+(24)_convert_201410.jpg

56+(25)_convert_201410.jpg56+(27)_convert_201410.jpg私の持っている物は、本家の機織り小屋で、おばが機を織る時に何かを数える為に使ったらしく糸に通してあった物や、妻の実家の土蔵の土間に落ちていた物などが沢山ありましたので、収集仲間と交換したものばかりで、買った物ではありませんので大したものはありません。



56+(28)_convert_201410.jpgこんな趣味もいつしか興味が無くなって、30年も経ったころ、何とも偶然というか、不思議な事で手に入った1枚があります、それがこの「文久永宝」です。

10年ほど前の事ですが、市内の旧中山道奈良井宿から木祖村に出る為の鳥居峠がありますが、この峠をババとウォーキングをしていた時、あまりにもキノコがありそうでしたので、ちょっと道を外れて付近を探していた所、ちょっと崩れた所にこの1枚が落ちていたのをババが発見、1枚だけでは不自然ですので、付近に銭がザクザク入ったカメなんか埋けてないかと、杖で妖しい所を掘ったりして一生懸命探しましたねぇ~、


しかし、この1枚しか見つかりませんでした、江戸時代、峠越えの旅人が落とした物でしょうが、山賊にでも襲われた時に落とした物か、あるいは用足しの時でも落とした物か、いろいろ想像するのも楽しいものです。

調べてみましたらあまり価値のある物ではありませんでしたが、欲の皮が突っ張った思い出になった1枚です。

この穴あき銭、一般的には1文だそうで、6つ並んだ六文銭は、信州ゆかりの真田幸村の真田家の家紋で、旗印でもおなじみですね。

余談ですが、昔、納棺の時、六文銭の紙を棺の中に一緒に入れましたが、これは三途の川の渡し賃が六文だったからだとか?


記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
私も銭形平次はよく見ていましたね♪
でも子供心に投げた銭は誰が拾うのかが気がかりでしたね(笑)
秩父にも銅が取れたので和同開珎が作られていたらしいのですが実物を見た事は有りません。
やはり本物を見ると昔の人々の暮らしを想像しますよね♪

No title

おはようございます。
凄い種類があるんですねぇ~
周囲にそういう環境があれば私も収集に走っていたと思いますね。

銭形平次の投げ銭、腰から瞬時にもぎ取って投げていましたが、どうしてすぐにもぎ取れるのかいつも不思議に思っていました。どんな方法で吊り下げていたのでしょうねぇ~

山女魚さんへ

おはようございます。
ネタが無くなりましたので、たわいのない物を出してしまいました、 和同開珎があれば最高でしょうが、日本最古の貨幣でしょうから高いでしょうね、
この銭どんな時に使ったのかななんて想像するのもロマンがありますね。

maburin さんへ

おはようございます。
山の中の集落でしたから、古い家ならたいがいあったではないかと思いますよ、機織りの糸の数を数える為の覚えに使ったとか、新貨幣になって全く価値のないものになったのでしょうね。

No title

おはようございます
開元通宝や乾隆通宝等 俗に言う宋銭も入っていますね 和同開珎も二種類あるみたいで
全く値段が違うみたいです。

No title

おはようございます。

古い蔵の壺や、鴨居の上を覗くと錆びついた古銭を見かける事がありますね。
穴あき銭を手にすると投げてみたくなりますが、我々の世代には大川橋蔵の初代-銭形平次の影響は絶大です。

テクニカルゲームさんへ

こんにちは。
もう忘れてしまいましたが、当時それなりに調べたと思います、あまり印象にない所をみると価値は無いでしょうね。

マンボウ さんへ

こんにちは。
全く使えない物になってしまった為ですか、古い家なら無造作に置いてあったですね、今はほとんどないでしょうが、金銭的な価値は無くても面白いものです。

No title

こんにちは。

銭形平次、懐かしいですね。大川橋蔵でなく、私の時代は長谷川一夫でした。長谷川一夫と山田五十鈴の映画は全部見ましたよ。

あと驚いたのは、画像をクリックすると画像が拡大することでした。FC2ではできないと思っていましたが、どのような設定をすればいいのですか?
教えていただければ有難いです。

尾崎勝利 さんへ

こんばんは。

テレビでも良く放映していましたね、水戸黄門と同じで必ず正義が勝つ、ハッピーエンドですから気楽なものでした。

No title

こんばんわ。
古銭収集の話もさることながら、ババさんとの話は夢が拡がります。
どうしてそこのあったのかロマンがあります。
周辺に埋蔵金がやはりあるかも(笑)

kinkan600 さんへ

おはようございます。

古銭収集は価値はともかくロマンがありますよね、奈良井宿から藪原宿の間に鳥居峠があって交通の難所でした、ちょっと崩れかけた急斜面でしたが、上の方を探しましたが解りませんでした、金属探知機かなんかでないと無理かもしれませんね。

No title

こんにちは、尾崎です。

画像拡大のご回答を頂き有難うございました。
丁寧で分かりやすいの助かります。

ただ、まだ出来上がっておりません。これから一つ一つ潰して完成させたいと思います。

表示可能になりましたら、すぐにご連絡致します。

まずは、回答到着の御礼まで。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
ジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます、▼を押してください、例えば「本」を選ぶと渓流釣りの本が紹介されます。