2014-11-11  その他の趣味 

柳生十兵衛の眼帯

天保通宝です、昔、収集仲間から分けて頂いたものですが、ずっしりと重量感がある大きな貨幣ですが、流通当時も現在もあまり価値が無いようで、価値が無いので柳生十兵衛が眼帯代わりに使ったなどの話を聞いた事がありますが、面白い発想ですが、それは無いでしょうね。

56+(29)_convert_201411.jpg

63+(5)_convert_201411.jpg一般的には、柳生十兵衛は刀の鍔などを眼帯にした絵が良く見られますが、あんな重い物を果たして眼帯に出来る物かどうかも疑問ですね。

写真は脇差の鍔で刀のよりちょっと小型ですが、使うとしたらこんな感じの物ですか?
小柄と笄の穴に紐を通せば付けられない事はないですが、天保通宝では穴1つこれでは無理でしょう、小説上の話でしょうからどちらでも良い事なんで、眠れないほど考える事でもなさそうです。

そして、この天保通宝ですが、なりは大きくても役に立たない価値のない人の事を天保通宝と呼んだ時代もあったようです、重さは約20g大きいですね。

そんな評判の良く無い天保通宝ですが、個人的には骨董価値が無くても、大きさ、重量、デザインなど好きです。

こちらのは少しだけ価値がありそうですね。

56+(30)_convert_201411.jpg56+(31)_convert_201411.jpg56+(32)_convert_201411.jpg56+(33)_convert_201411.jpg

画像では大きく見えますが、一分銀が約8グラム、一朱銀が約2グラム位で小さなものです。

記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

一文銭に続いて100文銭が出てきましたね~。
当時の価値とは別で、コレクター価値が現在価値なので、見栄えのする天保通宝も侮れないかも知れませんよ。
昔はコイン骨董屋での換金方法が主で身も蓋もありませんでしたが、今はネットオークションがあるので換金目的を全く離れて、ほんの少しづつをオークションお遊びと割り切って出すのも楽しいかも知れませ値。

マンボウさんへ

おはようございます。
今はネットで買えますし、高価なものは止めて古いものを手にとって昔を想像するのも楽しいものです、天保通宝は安いものですが、ピンバッチを買うより面白いかもしれませんね。

No title

おはようございます。
古銭あまり知りませんが天保通宝良い形ですね♪
でも一分銀や一朱銀の方が価値が有るのは判りますね(笑)
柳生十兵衛や伊達正宗などの剣豪が眼帯にしていた
映像は有りますが確かに重そうですよね(汗)
本当だとするとやはり強さを誇示するためでしょうかね。
いやいや遠き昔を想像してしまいますね♪

山女魚さんへ

おはようございます。
昔の物引っ張り出して、いろいろ思い起こすのも楽しいものです、シーズンオフだから出来る事ですね、おかげさまでネタにもなりますし(笑)
それでも3日に1回位の更新にしないと大変です(涙)

No title

おはようございます。
いろいろ出てきますねぇ~
天保通宝は各藩で密鋳されたようで多くの種類があると聞きましたが、密鋳元によっても価値が違うのでしょうか?
明治初期まで出回っていたようですから、市中にはまだまだ保管されている方が多いんでしょうね。

maburin さんへ

こんにちは。
価格の事は良く分かりませんが、近代に近付いていたのに小判形にしたのは何故でしょうかね、外国の貨幣も目にしていた時代のはずなのに、見て楽しむだけですよ。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村