2014-11-24  家庭菜園 

野沢菜漬け

塩尻峠の頂上近くに 「野沢菜の紫ならんとして冬に」 の句碑があります、俳人山口青邨が冬が近づき霜が降りると、野沢菜も先の方が少し紫がかってくる情景を詠ったものです、そして野沢菜漬けもこの頃が柔らかくなり良いとされています。

60+(4)_convert_201411.jpg

70+(2)_convert_201411.jpg

葉っぱの先が少しだけ変色してきています。

70+(3)_convert_201411.jpg

「お葉(菜)漬け」と言えば、上高地の入り口に稲核という地区があり、そこに伝統野菜 「稲核菜」がありました、山伝いに伝わって来たものでしょうか、子供の頃の漬け菜はこちらの方が多かったように思います、野沢菜より少し小さめの菜でした。
しかし、今は 野沢菜が一般的になってきました。
我が家の野沢菜は、ジジ、ババだけですのでほんの少しだけ作っただけです。

収穫しました、これだけあれば十分です、これから洗って漬け込みます。

70+(4)_convert_201411.jpg

枯葉や余分な葉を落とし根元をきれいに洗った後は、樽に1列に並べて薄っすらと霜が降りた位の塩を振り、これを繰り返しながら詰め込んでいきます。

71+(1)_convert_201411.jpg

重石をします、重石も手作りです。
しばらくして、完全に水が上がったら干し柿を剥いた皮など入れて本漬けをします、1カ月もすれば美味しい野沢菜漬けが出来上がりです。
もちろん細めのものは浅漬けでもおいしいです。

71+(2)_convert_201411.jpg

記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。

                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
この前の地震にはビックリしましたが被害は有りませんでしたか?
此方でもかなり長い時間揺れていました。

昔も今も紫は高貴な色として珍重されていますよね。
秩父にはしゃくし菜漬けが有りますが野沢菜漬けは有名ですよね。
でも私はしゃくし菜漬けより野沢菜漬けの方が好きですね♪
それにしても重石は黒く硬い質の石で作られていますが
これ位が丁度良い重さなのでしょうね。
漬け上がりが楽しみですね♪

山女魚さんへ

おはようございます。
地震には驚きました、私の近くもフォッサマグナの近くですし、すぐ近くは牛伏寺断層もありますので心配ですね。
野沢菜はどこでも今では一般的な漬け物になりましたね、子供の頃はナッパにお茶、干し柿や栗などコタツで食べた事が懐かしく思います。

No title

如何にも美味しそうな色をしていますね。
一昨年初めて野沢菜を漬けて美味しく出来上がりましたので、昨年もと思いましたがコチラでは大量に手に入らないため、少しだけ浸けたところ美味しく出来ませんでした。
やはりある程度の量がないとうまく漬からないんでしょうかねぇ。
今年もぜひ漬けたいとは思っていますが、コチラではなかなか手に入りません。
先日身延山へ行った際に山梨で探しましたが、見つかりませんでした。長野に行く機会があれば探したいと思っています。

maburinさんへ

おはようございます。
長野県でも、木曽方面は赤カブいわゆるスンキ漬けが盛んですから、ないかもしれませんよ、もう終盤に近いですから市場にもでないのでしょうか。
少量でも刻んで醤油で漬けたのも美味しいですよ。

No title

おはようございます。見るからに旨そうな野沢菜。
若い時に友人のロッジで居候をしていたころにたくさん食べました。ご飯は野沢菜があればばっちりでした。
ここ数年は美味しいのを口にしていません(^_^;)
急に食べたくなりました。
野沢菜のおやきも浮かんできました(笑)

幻の渓流師さんへ

こんにちは。
野沢菜は春先まで経ちますと若干酸味をおびてきます、山菜も出始めますので、古い野沢菜を刻んで油で炒めたのがオヤキの中に入っている野沢菜の原点です、今は貧しかった時代の山菜やこの様なものが評価されて来ているのは嬉しい事ですね。

稲核菜?

こんばんは。
過去ログも見させていただきましたが、いろんな野菜を作られてるんですね−。スーパーで買う必要はなさそうですね(^_^)
稲核菜というのは知りませんでした。今もあるんでしょうか。
色鮮やかな野沢菜漬け(私は浅漬けくらいが好きです)、美味しいですよね。

リコプテラ さんへ

こんばんは。
稲核菜は今はあるでしょうか、今は伝統野菜が見直されていますから、地元には残っているかもしれませんね、野沢菜にしても昔のはカブがもっと大きくて、棒切れを刺して遊んだりしましたが今のは小さいですね。実家の方に行けば畑は一杯ありますが、過疎化が進みほとんど耕作放棄地です、今の場所に出てきて約50年、近くの畑を借りて家庭菜園を楽しんでいます。

No title

おはようございます。

恥ずかしながらこの歳になるまで漬ける前の野沢菜は見たこと無かったです。

野沢菜漬けは、長野方面に行くと必ず買いますね。
若い頃は葉のほうが良かったけど最近は専ら茎ですね。

少し大人になった証拠ですかね?

いちコーチ さんへ

こんにちは。
冷たい雨降りで毛ばり巻くズクも無く、もっぱらコタツの中です。
各家庭で漬ける野沢菜はいろいろ特徴があって味も違いますね、手前味噌と同じでしょうか、売っているのは食べた事がないですが、以前お土産店で見た時は異常に青く違和感を感じましたね、
やっぱり適期に収穫したものが1番だと勝手に思っています。

No title

始めましたね。
長野県と言えば野沢菜。
家によって味も違いますし、柿の皮も皆さん使われるようですね。
と言いながらも、実は家では野沢菜漬けは作っていません。
私は好きなんですけどね。
あまりお茶も飲まないので、もっぱら食べたくなったら買っています。
でも、家庭で作った野沢菜漬けの味は格別です。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
やっぱり信州と言えば冬はコタツで野沢菜とお茶でしょうね、それに干し柿や煮豆、最近は塩分取り過ぎと評判が良く無いですが美味しいですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村