2014-12-22  出来事 

松飾り

正月まではまだ間がありますが、門松用の松を取りに行ってきました。
玄関用1対と神棚用(隣の家のもの)1対、それに姉の家の玄関ドアー用です、枝が3段か5段の物が必要ですが、一般の家では3段が良いとされています。

72+(6)_convert_201412.jpg72+(7)_convert_201412.jpg

暖かい日を狙って飾り物を作りました、ワラをすぐって水に浸けて、木槌で叩き柔らかくします。
少し青刈りの物が新鮮ぽく見栄えが良く出来上がります。
ワラは知り合いが持ってきてくれますが、今はコンバインで収穫と同時に短く切って田んぼに撒いてしまいますので、機械の入らない端の部分を刈っておいてくれるのでありがたいです。

82+(1)_convert_201412.jpg82+(2)_convert_201412.jpg

右からシャモジとチョコを合体したものです、シャモジと言われる部分は本来はしめ縄として横に張るのですが、これはドアーなど1つだけの飾りですので丸くしたと考えれば良いと思います、次がゴボーです、そしてチョコ、最後がしめ縄です、12月の28日頃紙垂(シデ)を切って飾り付けます。

(呼び名は私の地方だけで、正式なものではないかもしれません)

82+(3)_convert_201412.jpg

縄はすべて左縄です、通常の逆になわなくてはいけません、ゴボウなどは最初は通常に左縄でなって、その間にもうひとひねりしたワラを挟み込むようにします。

註) すぐるとはワラ把の先を左手でつかみ、右手の指を熊手状にしてすごき、ワラの不要な外皮を取り除くことです。
なうとは編むとの表現とは微妙に違いますが、両手で挟んでよじるようにして縄状にすることです


記事内の画像はクリックで拡大します










にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。



                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

季節に合った手工芸ですね。
チョコというのは初めて見ました。

尾張東部では松飾りの習慣は殆どなくて、昔はよく見かけた門松も極僅かになり、伊勢しめ縄が多く、それすらも減って役所配布の印刷の門松が多数派になっています。

それにしても、見事な縄仕事ですね。
イベント会場で縄をナッタことがありますが、なかなか上手くナヘナカッタ事を思い出します。

No title

おはようございます。
毎年ですが綺麗なしめ縄を作りますね♪
それにしてもワラをとって置いてくれるのは有難いですよね。
秩父ではこれほどのしめ縄を見た事は有りませんでしたね。
「すぐる」と「なう」などは使って喋っていました。
くるり棒とかワラを打つ木槌は使った思い出が有りますね♪

マンボウ さんへ

おはようございます。
昭和30年代はどんどん派手になり、山の木が荒らされると言うので、やはり松の絵など印刷した紙を行政から配られたものでしたが、数年で消えてしまいました、伝統行事を形を変えること自体が間違っていたのでしょうね。

山女魚 さんへ

おはようございます。
松飾りの呼称も同じ市内でも違いますね、私の生まれた所は、木曽よりも上高地方面旧安曇村や大町方面の文化が多いです、当時の松本藩の影響でしょうか、近くに桜沢という地名がありますが、木曽路の塩尻よりですが、どうも堺沢がなまったようですね、いわゆる尾張藩と松本藩の堺だったようです。
木槌は昔を思い出しての自作です。

No title

おはようございます。
綺麗なしめ縄ですね。
こんなに色々な種類があるんですね。
松の枝の段数といい知らないことばかりで、勉強になります。
松は河川敷で適当に切ってきますし、しめ縄は百均で済ませてしまう我が家とは大違いです。

maburinさんへ

こんにちは。
松飾りも地域によっていろいろあるようですね、私のは親のやっていたのを見よう見まねで作ったものです、公民館などで講習会もあるほど最近では飾る人が多くなりましたが、ドアーの家が多くなりましたからきれいに出来た飾り物が多くなっては来ています。

門松

門松を飾る民家が少なくなりましたね
もっともしめ縄を作る事が出来ない人も多く成り
ました、
餅藁も其れなりに早くから準備する事も無くなり
門松も少なく成ったのでしょう。

釣りお爺さんへ

こんばんは。
門松というより飾り物が多くなりました。
ドアーの家が多くなった為もあるでしょうが、伝統的な文化が装飾だけに変わっていくのは仕方ないとはいえ寂しい気がします。

左縄

こんばんは。
中学生のころ渓流釣りを始めて、長靴の滑り止めにと今は亡き祖父からワラジの作り方を教わったことがありますが、今ではすっかり忘れてしまいました。しめ縄は毎年親父が作っていますが、ハックルさんの記事を読んで今のうちに教えてもらっておこうかと思いました。
ところで、しめ縄はどうして左縄なのでしょう。

リコプテラ さんへ

おはようございます。
しめ縄作りは私の地区では公民館などで講習会を開いているようです、文化と言えば大げさかもしれませんが残したいものですね。
何故左縄? 農作業で物を縛る時は豆結びでは時間の無駄でしたから、くるくるとよじってネッカウ縛り方が主流でした、親父の言っていたのを思い出しましたが、左利きの人のなった縄はくるくるとよじる時にほどけてしまうから駄目だと言っていましたから、縁起ものですから縛れない物の方が良いのかもしれません、これ、私の推測ですが。

No title

お飾りもばっちりですね。
流石にこれは自分にはできませぇ~ん(笑)
しめ飾りも自分で作ると一段といい年になるように感じます。

No title

あれれ・・・・
解禁までのカウントダウンが始まっていたのですね~
気が付きませんでした!!

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
山の中で育ちましたので、すべて親の見よう見まねです、その事が今になって役に立って?います。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
欲をかいてアソシエイトをサイドバーに貼ったのですが、全く効果無いので退会して、サイドバーが空きましたので貼りました。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます