2014-12-09  釣り道具 

イワナをさばくナイフを作る 2

まだ完全に研いでありませんがこんな感じに出来上がりました。

79+(6)_convert_20141207191141.jpg具体的書いて行きますが、私も初めてなので参考にはなりませんが良かったら見て下さい。

付いていた柄を外しサビなど簡単に落とし、刃こぼれがありましたので研いで見ました(写真左下)、刃こぼれは直してもまだ鋼部分も十分に残っていましたので一安心です、柄を付ける作業になりますが怪我をしないようにテープで覆います。








77+(13)_convert_201412.jpg77+(7)_convert_201412.jpg

鹿の角は先端の尖った所以外は、ご覧の通り芯にスが入っています、まづ、「中心」(ナカゴ)を差し込む穴を空けます、中心の厚さが2.5㎜ですので、穴あけは3㎜のドリルで向きを考えながら、真ん中に一本空けます、写真のように線を引き、取り付けた場合の刃と柄のバランスを考え、狂わないように空けるのがコツです、あとは2㎜のドリルで少しづつ巾を広げ、時々差し込んで様子を見ながら徐々に深くして行きます。

出刃包丁の場合は「柄元」と言って刃の部分まで完全に差し込まず、1㎝位間を空けます、この包丁は握ったままでの作業より刃に指を添えて作業するにのが使いやすいためで、ちゃんと理由があるらしいのです。

77+(19)_convert_201412.jpg77+(18)_convert_201412.jpg

木の柄の場合、中心を焼いて差し込む事が多いですが、これは出来ませんので、2液の接着剤を使用しました、穴の中に竹串で接着剤を入れ、中心にも塗って差し込みます、写真でお気付きの方もいらっしゃると思いますが穴空けの際に出た粉を取っておいて最後の隙間に接着剤で練って埋め込みました、汚さない為柄の方もテープを貼っておきました。

接着剤ですが、硬化が早いものは作業しにくいので1時間後から硬化が始まるものにしました。

77+(15)_convert_201412.jpg77+(16)_convert_201412.jpg

一応出来上がりましたが、まだこれから柄の型を少し直し、磨きをかけます。
刃物の方は少しサビがありましたので、「平」の部分は水ペーパー#240から#400最後に#800で仕上げます、「切刃」は大体形が出来ましたのでさらに細かい砥石で仕上げ研ぎをします。

80+(7)_convert_201412.jpg

口金はいろいろ探しましたが、松本の専門店まで行くズクがありませんので、角に1㎜程の深さの溝を掘り、銅線を籐を巻く要領で巻いて裏でハンダ付けしました、角ですから必要ありませんがこれがあると格好が引き締まりますね。

80+(4)_convert_201412.jpg80+(3)_convert_201412.jpg

80+(2)_convert_201412.jpg80+(1)_convert_201412.jpg

写真では大きく見えますが、こんなに小さな物なのです、私のブログにリンクされているブロガーは料理好きの方が多いからこんなのあれば都合が良いと思いまよ。

80+(6)_convert_201412.jpg



記事内の画像はクリックで拡大します



にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。





                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

飾り口金含めて上手くできて、流石です。
よく見ると鋼を合わせた霞仕上げの線も見えてカッコいい和包丁です。
サイズも、渓魚を捌くには丁度良いですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
本当は合せ鋼より本焼きのしかも直刃でなくのたれが好きなのですが、万を超えますのでこれで試してみます、今度作る時はもっと格好良く角もそのつもりで選びますが、その必要もないとも思いますし…。

No title

おはようございます。
口金を入れた事で引き締まりましたね♪
センターに穴を開ける角度は難しいですよね。
ここが狂うと後の木阿弥ですからね(笑)
そりより良い天然砥石をお持ちですね♪
私も石が好きなので良い天然砥石が欲しいのですが
良さそうでも塊が入っていたりでなかなか見つける事が出来ませんね(汗)

山女魚さんへ

おはようございます。
もう少し格好の良い角を使えば良かったと後悔しきりです、刃の方から直線で来て尻でグット下がったのが良さそうですね。
重みが加わっていい感じなんですが落とすと大変だと思います足にグサリの可能性もあります(怖)

専用の刃物

魚を処理する刃物は大切ですね
私もその都度悩んでますが
市販のカッター刃物を使ってます
外道です、

砥石で刃を立てるて難しいですね
考えてるのは専用の刃物として
ハサミを上手く利用出来ないかと思ってます
グリップの角がカッコ良いね。

釣りお爺さんへ

こんばんは。
ハサミの腹出し用のナイフ昨年作りましたが、失くしてしまい、もう片方で作っています、ハサミも良いものだと良い鋼が入っていますので良く切れました、ただ片刃の為腹出しの時横にそれる傾向がありますので今度は両刃に直しています。

No title

今晩は。
こだわりの口金が付いたことで一段と引き締まり、見た目もそうですが、使い勝手も良さそうで、流石ですねぇ~
あとは鞘も作るのでしょうか?
コチラもこだわりのものが出来るのでしようか・・・

使いやすそう

こんばんは。
なるほど、鹿の角って芯にスが入っているんですねー。知りませんでした。
鹿角のグリップは握りやすそうで、すばらしい仕上がりですね!
普通の出刃では小さい魚はさばきにくいので、おっしゃる通りこの位の出刃があると重宝しそうです。渓流に持ち歩くにはサヤが必要ですよね。

maburinさんへ

おはようございます。
普通の出刃と違って小さく薄いので、アジなど捌くに適しているように作られていますから、当然イワナなど3枚にするには適しているではないかと思っています、鞘はもう完成していますが簡単なものにしました。

リコプテラさんへ

おはようございます。
鹿の角もこの太さの部分が少なく恰好悪く出来てしまいました、本当は刃の棟の延長で真っ直ぐ来て握り尻の部分で下がっていれば恰好が良いのですが山なりになってしまいましたね。
この包丁は携帯はしません、携帯用の物はベストに入る物を今製作中です。

No title

おはようございます。
見事な仕上がりですね~
鹿角の柄は、風合いがいいですね!!

かんぺ~さんへ

こんにちは。
アゴの部分カットしたとのこと、ずいぶん思い切った事しましたね、あれはあれで使いみちがあるんですが、たとえばジャガイモのへこんだ部分をほじりだすとか、でも切れる割にはそんなに高いものでもないしマイナイフを作るのも良いですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます