2014-12-24  釣り道具 

ナタの柄も鹿角に (2)

鞘作りです。

普通のナタならば真っ直ぐな鞘を作ればいいのですが、鎌状のこのナタ、すっぽり入る幅広い箱状の物を作れば簡単ですが、それではまるで昔の大福帳をぶら下げているようで厭なので、かりにナタの背が外に出ても刃先を保護できる方法は無いかといろいろ考えました、あり合わせの板を使い作って見たのがこれです。

85+(12)_convert_201412.jpg

まずは、刃の部分の鞘です、ナタの棟が外に出ますが収まればガタつかないように柄の後ろに支えをしました。

85+(1)_convert_201412.jpg85+(3)_convert_201412.jpg

この状態だとガタつかず、ナタも抜けだす事はありません、鞘の中にも刃の当る部分に工夫したのです。

85+(4)_convert_201412.jpg85+(5)_convert_201412.jpg

腰に吊るす為の板を取り付けます、ベルト通しは不要になったベルトを使い、釘を熱して穴を空けました。

85+(8)_convert_201412.jpg85+(6)_convert_201412.jpg

こんな感じになります、オイルステイン系の塗料をボロ切れで擦り込みました、ナタですからきれいに塗装する物ではないと思うのです。

85+(7)_convert_201412.jpg85+(9)_convert_201412.jpg

気に入らない部分をさらに修正して完成しました、当初柄を止める工夫も必要かと思いましたが、鎌状のこのナタ、逆さにしても抜け出ることが無いように鞘の箱の内部に仕掛けを施しました、この状態で腰にブラ下げても抜け出る心配は全くないですね、源流の釣りやキノコ、山菜採りのお供に心強いです。

85+(13)_convert_201412.jpg85+(14)_convert_201412.jpg




記事内の画像はクリックで拡大します







にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
ランキングは参加しておりません。






                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
確かに鎌ナタの鞘だとやはり幅広になってしまいますよね。
これを打破させようと苦心された事がよく分かります。
それに鹿角が重いので重心が気になりましたが
ぶら下げ部分を延長された事で解消されていますね♪
お正月前までに良い感じに仕上がりましたね♪
お疲れ様でした。

No title

おはようございます。
これまた相変わらずの素晴らしい出来映えですね。
もうすっかりマタギですね。

山女魚さんへ

おはようございます。
山女魚さんには私の苦労して思っていた事すべてわかるんですね、恐れ入りました。
おっしゃる通りで2つ目で成功しました、ぶら下げ部分の板に紐の穴を作り、使わない時は紐で縛るのも良いかと思います、この場合ナタに合う紐は何故か真田紐なんですよね。

maburinさんへ

おはようございます。
山に行く時はナタは私にとって必需品で数本持っていますが、キノコ取りは40度もある傾斜の山が多いのでこのナタガマで上の木に引っかけて登るのに便利なんです、もしもの時も殺傷力がありますよね、あっては困りますが…

No title

うひょ~~これは格好がいい!!!
如何にも山師の手作り品ですね、使い慣れた愛着の一本。
仕上がりも味わいのあるものになっているのが素晴らしい&羨ましい。

幻の渓流師さんへ

こんにちは。
おだてられると又何か作っちゃいそうですが、もう無いですね、やるとすれば傷んだ竿をあちこち繋ぎ合せ又使えるようにする事位です、何万円もの竿で格好良く釣っていらっしゃる方には申し訳ないですが、わしゃほどほど釣れれば十分ですので、竿は修理して使います。

No title

こんばんは。

シッカリした鞘が出来ましたね。
これで、自分を怪我させるリスクは減りました。
身近にあるものを組合わせて工夫するのが、いつもながら実に上手いです!
これで春の来る楽しみがさらに増しましたね。

マンボウさんへ

こんばんは。
鹿の角もいろいろ使い道がありました、何十年も放っておいたものもありますが、今になって役に立つとは!
若い皆さんの刺激のおかげです。
ブログのネタ探しだけでもボケ防止になります。

No title

こんばんは
鹿角の柄と鞘の色合いといい、お見事な調和と思います。
柄のところの斜めのカットと柄の後ろの支えがミソなのですね~
ス~ッと滑らせていくと、しっかり固定される仕組みでしょうか??

かんぺ~さんへ

おはようございます。
おっしゃる通りです、昔のナタに刃を保護するため角の出たナタがありました、その鞘が全体を覆う鞘でなかったのを思い出して作りました。
さっと差し込む訳には行きませんが、一旦棟の部分が外に出ますが鞘の中に窪みを作ってありますのでそこに落ち着き柄の方で固定する仕組みにしてあります

創意工夫

こんにちは。
こんにちは。
いつもながら、ハックル70さんが物を作る時の創意工夫に感心します。柄も鞘もオリジナルの鉈、愛着のわく一品ですね。これを持って山へ谷へ、心強いですよね。私もキノコ狩りで急斜面を登る時は、鎌を上の木に引っかけて登ることありますが、こんな形の鉈の方がしっかりしていて良いかもしれませんね。

リコプテラ さんへ

こんにちは。
ナタ鎌といっても単なる鎌状のの物もあいますが、地域柄林業の枝打ち用ですから、重さもナタと同じです、腰に付けるとなんか勇気が出るような気合が入るような気になります、男性特有の物でしょうが、キノコ採りは必需品ですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます