2015-01-04  山菜採り 

'14年を振り返って 2

新年になりましたがこれからが寒さのピークに入ります、しかし、確実に春は近付いています。
そこで、もうすぐ訪れる春を先取りし、カテゴリ「山菜採り」の中から少しだけUPしてみました。

ノカンゾウです …   詳細は「こちら」

87+(8)_convert_201501.jpg

フキノトウです …   詳細は「こちら」

87+(9)_convert_201501.jpg

ホップの芽です …  詳細は「こちら」

87+(10)_convert_201501.jpg

コゴミです …  詳細は「こちら」

87+(11)_convert_20501.jpg

タラの芽です …  詳細は「こちら」

87+(12)_convert_201501.jpg

ウドです …  詳細は「こちら」

87+(13)_convert_201501.jpg

アオサンショウです …  詳細は「こちら」

87+(14)_convert_201501.jpg


                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
フキノトウ、タラの芽、ウド、コゴミだけは分かります(^_^;)
しかしながら取ったことがあるのはフキノトウとタラの芽だけ
山菜の天ぷらは大好きですが自分では取れません。
この写真で春が近く感じますね。

No title

おはようございます。
正月を過ぎると春の気配が感ずる事が増えて来ますよね。
私は山がうっすらと白く見える時期の景色が好きですね♪
その頃になるとやはりタラの芽ですよね。
今は山菜ブームによってほとんど採れませんがやはり体が欲しがりますね(笑)
今年も採る行くのを楽しみにしています♪

No title

おはようございます。
ノカンゾウは、こちらではアマナといいますね~
父親から昔は食べたと聞きますが、私は釣りに行って現地調達で食べる程度です。
ホップは食べたこたないですね~
フキノトウは、既に畑の隅に硬い頭を出していました。
春が待ち遠しいですね!!

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
山菜採りとキノコ採りは、ババも同じ趣味ですので良く行きます、食べられる山菜って沢山ありますね、そんなのも食べるのも楽しみのひとつです。
は~るよこい、は~やくこいの感じです。

山女魚さんへ

おはようございます。
山菜の時期にはまだ間がありますが、釣りでフキノトウなど見ますと良いものですね。
あと2カ月でその時期になりますが、待ち遠しくてUPしてしまいました。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
ノカンゾウ、とヤブカンゾウは微妙に違うようですね。
私の生まれた所ではトテコッコと言っていました、花がニワトリのトサカに似ている為でしょうね、
確かに食べる習慣はありませんでしたが、山菜の本で知りました、少しなら美味しいですが、あまり沢山は要りませんね。

No title

今晩は。
年が明けると待ちに待った渓流釣りの解禁も目の前、山菜もフキノトウをはじめとして次々と出てきますね。
今年はコゴミを是非とりたいと思います。

maburin さんへ

こんばんは。
先日、マタギのテレビの放映番組がありましたが、コゴミを乾燥させて保存食にするというものでしたが、詳しくはわからなかったですが、興味のあるところです。

No title

山の恵みも色々ありますね。
私が採るのはフキノトウとタラの芽ぐらいです。
しかし採れる量はハックル70さんの半分にも及びません。
奈良井川・木曽川水系の解禁は3月1日なんですか。
私のカウントダウンと数値が違うので気が付きました。

ホップ?

こんばんは。
ハックルさんほど本格的ではありませんが、私も時期になると山菜採りも楽しんでいます。ここ数年、タラの芽は思うように採れなくなり、代わりにコシアブラを天ぷらにすることが多くなりました。
今回登場している中で、ホップの芽だけは知りませんでした。ホップとはビールの原料に使われるあのホップと同じものでしょうか。
今シーズンは、ぜひ試してみたいと思います(^_^)

No title

こんばんは。

山菜取りの予習にいいですね。
一通りリンク先も見て覚えたつもりですが、イザ渓に行くとすっかり忘れて魚に夢中になるでしょう。
本当に物覚えが悪くなって困ったものです。

佐久っ子さんへ

おはようございます。
今日からお仕事ですか?
解禁は奈良井川も木曽川も3月1日です。
以前は2月16日から9月15日まで、20年ほど前でしょうか今のように変わりました。

リコプテラさんへ

おはようございます。
ホップの芽と言っていますが同じ種類ではあると思いますが、山の奥の方の川原や土手など比較的藪の所に絡みついて伸びています、その先端20cm位を食します。
生まれた山の中では「ワクノテ」と呼んでいましたが最近は採る人も現れましたね、ちょっと苦味があるのはホップの仲間でしょうか。
林道の道端など見付けやすく採り易いですよ。

マンボウさんへ

おはようございます。
釣りの最中は、かりにあったとしても採る気にはなりませんね、どうしても釣りに集中してしまいます、群生していたら改めてそれを目的に行くしかないですね。
この歳になってもゆったりとした釣りが出来なくて困ります(笑)

Re: 竹を曲げると割れます

> ハックルおじいさん、コメント欄で失礼します。竹の平ひごを作り、半田ごてに当てて曲げましたが、、直角には曲がるものの、皮の方が割れてしまいます。竹を水に浸けておかないといけないのでしょうか。青い竹を油抜きしたのがいけないのでしょうか。携帯アドレスを書き込んでおりますので、ブログへの公開はお控えください。

コメントの処理の仕方がわからず、今頃になってしまいました、このやり方で届くのでしょうか心配ですが、竹選びですが新竹はいけません2.3年ものの幾分茶色っぽいものが曲げに強いですね、曲げる時鉛筆で曲げる部分に印を付けて、骨組みのしっかりしたものを曲げる場合は、この印より両はし2㎝位放れた所から鏝を直接当てず、徐々に中心に近付けて行きます、皮の油を見ながら慌てずです、薄く削る事も大事です、骨組みの部分の曲げには苦労します、ここが山場です、焦げたものは弱くなりますから止めた方が良いです、頑張って下さい。

ハックルおじいさん、ご教授ありがとうございました。底まで作りましたので、失敗しても何とか頑張って最後まで作ってみます。解禁が待ち遠しいですね。おじいさんにとって安全で楽しいシーズンになりますように\(^o^)/

Re: タイトルなし

> ハックルおじいさん、ご教授ありがとうございました。底まで作りましたので、失敗しても何とか頑張って最後まで作ってみます。解禁が待ち遠しいですね。おじいさんにとって安全で楽しいシーズンになりますように\(^o^)/

御依頼がありました通りのブログのコメント欄に表示させない返信は私には無理ですのでご勘弁下さい。
メールでお問い合わせなら出来るかもしれませんが。

さて、底を作る場合立ち上がりの柱には編み込まず8㎝の薄いもので編んでその上をカバーするように柱を立ち上げます。横のヒゴが数段編み込まれますともうこちらの物です。
上部の口の部分は大きな竹を曲げますが、ゆっくりと曲げ繫ぎ合せは6cm位お互いに削って瞬間接着剤(木工用)で貼り合わせゴムひもなどで止めておきます。立ち上がりの柱は飛び出ていても切ってはいけません、完全に口が出来てから、口の輪を外して3㎜位下で切ります。
早めにやりますとサイズも狂いますし、ビスを止める時割れてしまいます、形がすべて整った時に切る事をお薦めします、横のヒゴも同じです、最終的にカッターで数回擦り折れば簡単に切る事が出来ます。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます