2015-01-08  出来事 

クルミ割り爺さん

ジジ流、鬼クルミの割り方です。

91+(10)_convert_201501.jpg

秋に拾っておいた鬼クルミを剥きました、殻のかたい鬼クルミ(和クルミ)は割るのが大変、叩いて割る方法もありますが、殻が混じって困る事があります、そこで最近、私はこんな方法でやっています。

以前作った台が、雪の下にでも入ったのか見当たらないので、再度作る事にしましたのでUPします。

台は、クルミが動かないように厚い板にクルミの大きさの穴を掘ります、使った板は不要になったケヤキの板ですが、建築現場などで、大工さんに木の切れ端を頂いて来る手もありますよ。

91+(2)_convert_201501.jpg91+(3)_convert_201501.jpg

91+(4)_convert_201501.jpgあまり深くてもいけませんが深さ1㎝位でしょうか、写真ではまん丸く写っていますがカメラの角度の為で本当は楕円形です。








台が出来ましたので、割る作業に入りますがその前にクルミを2日位水に浸しておきます、ビニール袋に入れておけばむらなく浸す事が出来ます。

始める前に水を切っておきます、ある程度水が切れたら鉄板鍋で炒ります、すると、ほんのわずかですが割れてきます、ちょっと隙間が出来ればいいのです、焦げるほど炒ってもひびが入らないのは中身に問題があるものが多いですね。

写真では鍋に沢山入っていますが本当は少しづつ入れます、実は写真を撮ろうとしていたら手に震えが出てドバッと入ってしまったのです、この震えなんですが、釣りには適当なサソイになって便利だとからかう人もいます、老化現象+甲状腺機能亢進症なんです、不思議と毛ばり巻きは震えません。

91+(1)_convert_201501.jpg91+(5)_convert_201501.jpg

割れてきた所にナイフを入れて、ゴムハンマーで軽く叩きます、ナイフは両刃のものなら切れなくても良いです、ハンマーは百均にありますよ。

91+(6)_convert_201501.jpg91+(7)_convert_201501.jpg

ご覧のようにきれいに割れます、したがって割れた時に出る殻が混じる事はありません、クルミも穴に入れてある為外に飛ぶ事もありません、私は大きな風呂敷を敷いて、テレビのくだらないトーク番組をキキながらコタツの上でやりました。

91+(8)_convert_201501.jpg91+(9)_convert_201501.jpg

ほじるのは焼き鶏の竹串です、冷めてからの方が大きく取れるような気がします。























                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
クルミは割って食べたり和え物にしたりした事が有りましたが
この割り方は知りませんでした。
写真の様に綺麗に割ると中身も取りやすいですよね♪
少しですがストックが有りますので是非今度挑戦してみますね。
それにしても量が半端ではないですね(汗)

No title

おはようござます。

楽しいコタツ仕事ですね。
割目に刃物でコジていたらグサッ、なんてことも無く、安全で良いですね。
水につけてから乾煎りで、確実に口を開けるのがミソですね。

くるみ和えは鉄板でしょうし、くるみパンも美味しそうです。

山女魚さんへ

おはようございます。
前手間が少しかかりますが、殻が混じらないのが良いですね、以前は無理して割っていましたが、殻を取り除くのに苦労しました、割れ目の入らないのは少ないですが、無理して割らず捨てる事ですね。
量ですか?良く知りませんが冷凍でもするんでしょうね。

マンボウさんへ

おはようございます。
里山歩きをしていますと、意外と落ちていて拾う人も少ないですね、ズクさえ出せばいくらでも拾えますが、そんなに沢山要りますんし、
剥いたクルミは小女子?かなんかにまぶして作ってくれますが、美味しいですね。

No title

クルミは美味しいんですが、殻から取り出すのは大変ですね。
私の家にもクルミの木があり、今年は特に沢山取れました。
私は水道管などを回す工具に挟んで割っています。
量が採れた分、クルミは小型でした。

鬼というだけあって

こんばんは。
鬼クルミの殻は本当に固いですよね。昨年母親に『和くるみ割り器』なるものをプレゼントしましたが、こういう割り方もありましたか。
台木に凹みを掘るとは、なるほどなー、と思いました。普通に台の上で割ろうとすると、転がって危ないですよね。
こんな風にきれいに取り出せると、気持ちいいですね(^_^)

佐久っ子さんへ

おはようございます。
鬼クルミは剥くのが一苦労ですね、それと殻が入るとすり鉢ですっても残ります。
この方法だと手間がかかりますが、きれいに割れますので殻が入る事は無いです。
人に聞いても皆苦労しているようですね。

リコプテラ さんへ

おはようございます。
私も「和クルミ割り器」欲しくて、いろいろ調べましたが、年に1度か2度の事とついつい我慢してしまいました、若い衆はやりませんしね。
最近ではクルミを拾う人もあまりいませんね。

No title

おはようございます。
正にこの方法を先日テレビでやっていました。
適当な板も見つからず今迄通りの方法でやっていますが、今度作ってみようと思っていました。

maburinさんへ

こんにちは。
私は見ませんでしたが、ババが家と同じだと言っていました。
少し準備の手間がかかりますが、後始末は楽ですね、面白くなって剥き過ぎてしまいましたので、冷凍しましたが果たしてどうなんでしょうか?

No title

「不思議と毛ばり巻きは震えません」これこそが熟練の技ですね(笑)
くるみは手がかかりますだからなおさらに美味しいです。
山の幸は山に住む人の特権ですね。
自分は風邪が抜けないのでしばらく養生中です。

No title

クルミは子供の頃に囲炉裏で焼いてから割っていました。
クルミをすり鉢で擂って、うどんの汁に入れていました。
クルミ汁のうどんは子供の頃の思い出ですね~

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
「濁り酒風邪」まだ駄目ですか、大事にしてくださいね。

もうハイカラな物は要りませんね、昔ながらの物で十分です。
甲状腺57歳で発症し、薬で調節していますが面倒な病気です。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
へぇ~、囲炉裏の経験があるんですか?
私も二十歳頃までありましたね、釣ったイワナや獲ったカジカは囲炉裏であぶって、燻製状態にして保存しました。
クルミを擂ってうどんに入れるのは初めて聞きました、栄養価を高める為でしょうね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ