2015-01-23  毛ばり 

体節に似せる

私のテンカラはどちらかと言うと長く流さず、瞬間的な釣りが多いので毛ばりにそんなに神経質になる事は無いのですが、いろいろ巻いているうちにどうしても細かい部分まで拘るようになり、それがまた楽しさとなっています。

特に胴は何回巻いても納得いかない部分です。
私はクジャク胴が多いですが、何回か打ち込んでいるうちにクジャクの繊毛が取れて芯だけになり、私にはそれが何とも言えなく良く感じられ、いっそ繊毛をむしり取って巻けばどうだろうと多くの毛ばりに巻いています。

それがフライではストリップドピーコックというマテリアルの一つだとは最近知りました。

前回、その作り方を書きましたが、わかり易くドライを巻いてみましたのでUPします。

このピーコックの作り方はこちらにあります。

10+(12)_convert_201501.jpg

わかり易く少し大げさに巻きましたが、こんな感じになります、ハールの方は少し黒っぽいので、見やすいようにアイの方を削ったもので巻きました、フックサイズ#14、ハックルはホフマンのコックハックル、グリズリーを黒に染めたものです、染め方は以前UPしてあります。

しかし、こんなこと言っちゃナンですが、テンカラ毛ばりは、そこまで気を配って巻いても、正直、釣果にはあまり関係ないような気がしますね。
それでも、いろいろやって楽しむのも良いじゃないかとも思いますし、眠れないほど悩む問題でもないしね。







                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
この毛鉤に鹿毛のテールとウイングを付ければ完全なメイフライですね(笑)
鹿の毛は中が中空なので浮きやすのですよね。
やはりフライはマテリアルが豊富なので巻く楽しみが多くなりますよね。
私もテンカラ毛鉤巻きが飽きるとついフライを巻いてしまっています(汗)
解禁までもうひと踏ん張りです色々空想しながら巻いて遊びましょうね♪

山女魚さんへ

おはようございます。
今朝も雪か積り除雪に大変です。
あまりハイカラなものに手を出すと、私の本来の野鳥による昔からの毛ばりが駄目になってしまいますので、浮気はこの辺で止めにします。

No title

おはようございます
おっしゃる通りですね あれやこれやと思いをはせ巻いている時が楽しいのです
しかしこの雪には参りました 今日はデイケアの日なので車椅子を押せれるように朝からてんてこ舞いです。 

No title

初めてメールいたします。新潟県の飯田と申します。釣り好き老人さんのブログをまいにち楽しみに拝見いたしております。また釣り好きさんの、びく、たも、毛ばり、はたまた釣り方、マナー、80歳釣り師との人生の付き合い方まで、参考に拝見させていただいてます。自分もいつかあなた様のように、釣り糸をたれ日々を送れたならどんなに幸せだろうと、思うときしばしばです。体に気をつけ長く連載をお願いいたします。またばばさまにも、新潟からも返信が来たよとお伝えください。新潟の私は上越市に住んでます。雪深く、春はまだまだ遠いさきのようです。

飯田様へ

おはようございます。
嬉しいコメントありがとうございます、励みになります。
新潟程ではありませんが一昨日から昨夜にかけて雪が降り片付けで腰が痛いです。
これからもよろしくお願いいたします。

テクニカルゲーム さんへ

おはようございます。
今朝の雪は重くて大変でした、暖かくなる予報ですが融けてもその後の凍結が大変で、しばらくはコタツの番をしています。

虫っぽい

こんばんは。
ストリップドピーコックは、フライの世界では先人のおかげで周知されてますが、これをご自分の経験で編み出すとは恐れ入りました。
この胴のシマシマ模様が、いかにも虫っぽいんですよねー。

リコプテラ さんへ

こんばんは。
テンカラ毛ばりの場合、あまりいろいろ付けませんので、その分胴の形が気になります、とりわけ尻の方のまとめには苦労します、ズン胴の形が多いのがテンカラ毛ばりですが、尻をキュッと締めたかったのです。

No title

こんばんは
#14、このくらいのがいいですね!!
#10~#20くらいまでの針をそろえてはみましたが、使うのは12、14、16くらいでしょうか・・・

かんぺ~さんへ

こんばんは。
ウエットの場合は#12を多く使いますが、ドライの場合は#14位ですが、メーカーによってまちまちですね、あまり揃えてもテンカラの場合あまり意味がないような気がします、今は在庫整理です。

No title

イワナの出方に思いを馳せながらの毛バリ巻き、楽しいでしょうねぇ~
あと五週間ですね。

No title

こんばんわ。
本当にきれいです。
丁寧に作ってます。
小生はしっぽの仕上げができません。
多分手順が悪いのだと思います。
やはり吉江さんへ行ってGETしないと。(笑)
完成品でテストです。

No title

こんばんは。

最後に、「そこまで気を配って巻いても、正直、釣果にはあまり関係ないような気がしますね」と言われてますが、そんな事は無いでしょう。

でも、この数年思うんですが釣果だけを考えるなら、一番大事な事は魚の居る川を知っている事で、次に大事な事はその時期に魚の居るポイントを知っている事で、最後が餌,道具,腕の気がしています。
やはり、川と自然と話をしてこその釣りですね。

No title

やはりこの仕上がりを眺めると見事です。
自分で巻かない時よりもすばらしいバランスと感じています。従来購入して毛バリ釣りをしていたので直観は鋭いと思っています。
確かに釣果はさらに多くの要因が関わりをもってのものでしょうがやはり巻くからには目標にしたいです。
雪かき大変でしょうが体調には気を付けてくださいね。
自分も中越に居た時期があるのでご苦労お察しします。

maburinさんへ

おはようございます。
この寒さだと解禁はどうですかね、年々出掛けるのがおっくになってしまいました、木曽川の年券もどうしようかと思っていますし、ウェーダーも古いから買い替えようかどうしようかと悩んでいます。

kinkan600 さんへ

おはようございます。
貴殿ののも良いじゃないですか、それで十分だと思いますが、確かに毛ばりは簡単ようでいて胴が難しいですね、このやり方尻尾の先の締めに良く使います。

マンボウ さんへ

おはようございます。
私もおっしゃる通りだと思います、その証拠には釣り雑誌などで爆釣の紹介があって行ってみても釣れませんね、放流モノを釣るなら放流しやすい場所、たとえば川原まで車が入れるとか、橋の下ですね、私などもう歩けないので数本の川しか行きません、あの淵の石の蔭に1匹いるとかわかってしまう位になってしまいます。道具や格好など釣果にはほとんど関係ないですね、餌も特別な時期でなければ1つを信じて使う事ですね、餌によってはオモリや流し方が全く違いますからそれが分かっていれば別ですが…
ですが、若いうちはあちこち歩いて楽しんだり、道具に凝ったりして楽しものも良いと思います、釣果ばかりが釣りでは無いですから。

幻の渓流師さんへ

おはようございます、
やっぱり胴の形で格好が決まります、ずん胴の形になり易いですが、例の素材をグーンと伸ばし細くして白系の糸を巻き込んでおいて、尻尾の先から体節らしく巻き戻して来るこれで決まりです。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村