2015-04-09  毛ばり 

山鳥の羽

先日、所用があって妻(ババ)の実家に行ったら下の義兄も来ていて、当然話は狩猟やキノコそして釣りの話、上の義兄もすでに鉄砲は止めていますが、口の方はいたって達者、毛鉤はこの谷では名人と言われた新宅のおじさんの直々のリクツを持っています。

もちろんキジの毛鉤は私の師匠でもありますが、山鳥の羽はどうかと言う話になり、リクツ者曰く、赤過ぎて良くないしキジに比べて出が早すぎて合せが難しいとの事。

当時、私の子供の頃のテンカラは竹竿に1ひろの糸を付け、毛鉤で叩くように釣る釣り方でしたが、釣れる時は短時間にビクを重くしますが、釣れないとなると全く反応が無いなど、その日によってムラがありましたね、その原因がわかれば魚など直ぐ居なくなってしまいますが、何年釣りをしていても分からない所に釣りの面白さもあると言うものです。

・・・赤過ぎて出が早い・・・山仕事や猟や漁で生きてきた義父達からの言い伝えが気になる所ですが、当時は貴重なタンパク源でもあるイワナは確実に捕るのが最優先で、現在のように捕食を見て楽しむような釣りは考えもしなかったとも想像できます。

そして、山鳥で良いなら剥製があるからくれる(あげる)で持って行け!

ハイ! 頂いてきましたねぇ~、剥製であろうが獲りたてであろうが魚に分かるはずが無い!
すっかりリクツが移ってしまいました。

それがこれです!

35+(1)_convert_201503.jpg

35+(2)_convert_201503.jpg丸印の部分は私の良く使う丸型の羽の部分です、毛足も調度良く良い感じです。









尾の部分と剣羽の部分です、私はキジだと首と胸の部分だけ使うきりでいつも捨てていましたが、あまりきれいなので残しておきます。

35+(3)_convert_201503.jpg35+(5)_convert_201503.jpg

沢山あるように見えますが、私の好みで使える部分は右側の100本ほどでしょうか、いつかまた巻いてみたいと思います。

35+(4)_convert_201503.jpg35+(6)_convert_201503.jpg

#12位にゼンマイ胴で巻けばなんて考えています。









銘木鮎タモ 黒茶枠 39cm/2mm目 (ブラック) [180102-black]銘木鮎タモ 黒茶枠 39cm/2mm目 (ブラック) [180102-black]
()
遠里釣具

商品詳細を見る



SHIMOTSUKE(シモツケ) BSB リバース 38ディッシュSHIMOTSUKE(シモツケ) BSB リバース 38ディッシュ
()
SHIMOTSUKE(シモツケ)

商品詳細を見る


シマノ 鮎タモ ベイシス タイプS TM-323M 39cmシマノ 鮎タモ ベイシス タイプS TM-323M 39cm
()
SHIMANO(シマノ)

商品詳細を見る
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
ヤマドリは以前一匹頂いた事が有りましたが綺麗な鳥ですよね♪
義兄との話で赤過ぎて出が早いとは気に成る言葉ですね(汗)
是非そのヤマドリでその理屈を確かめて教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

No title

おはようございます
おおッ!凄い代物ですね
傷みも無さそうで 調度良い羽が取れましたね
解体時にマスクしましたか?(笑)

山女魚さんへ

おはようございます。
出が早い・・の話は昔の毛ばり釣りは餌と同じように若干沈めて釣る方法が一般的でしたから、その釣法には合わないと言う事でしょうか?
いろいろわからない事がまた面白いし、伝承毛ばりの神秘的な所も魅力の一つですね。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
解体には気を使いましたね、剥製作りには有毒の薬品を使うと聞いていましたので、完全防備で、肥料袋の中で必要な部分だけ取り出しました、結局は尾と剣羽と写真の100本だけに絞りました、羽の付け根の部分も1本づつハサミで短く切り取りましたよ。

No title

こんにちわ
沢山の甲虫の死骸、標本を扱いましたけど
鳥の剥製は難易度高いと思います 
ここまで残すとなると 大量のホルマリンと管理が必要でしたね
魚等は長期乾燥させた後から色付けコーティングしてまだ誤魔化しがきき 虫が付きにくいです
いろんな国を回って採集した虫もカツヲ君に食べられボロボロですよ。



テクニカルゲーム さんへ

こんにちは。
やっぱりそうですか、気持ち悪いのでこれと思った100本くらいだけにします、これだけだとお湯で殺菌すればと思っています、天気が良いのでさっそく試してみます。

No title

鳥として見ている分には良いのですが自分にはハードルが高く、知識もないので扱えませんね(^_^;)
でもこれを巻いて釣れたら最高に気持ちがいいのでしょうね!
自分とっては勉強勉強(^_^;)

No title

こんばんは。

ヤマドリ、今回初めて知りました。
今迄、ヤマドリと聞いても山鳩の事だと信じていました。
今回の剥製ヤマドリは形はキジににていますね。
キジの緑より美しい位とも思えます。
良い勉強をさせていただきました。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
今は、外国製の巻きやすいマテリアルがありますが、テンカラ毛ばりと言えば身近な鳥の羽しか使えなかったと思います、ハイカラな物も良いですが、野鳥も試して見るのも面白いですね。

マンボウさんへ

おはようございます。
ヤマドリは尾羽に特徴があって、私の家にももっと長く素晴らしいものが飾ってあった事を子供の頃覚えています、私が毛ばりに使えそうな部分はほんのわずかです、フライだといろいろな部位を利用できると思いますが、もうそんなに要らないしね,
剥製のこの形はヤマドリの「谷下り」の姿ですがなかなか撃っても当らなかった記憶があります。

No title

今晩は。
ヤマドリは今では中々獲れなくて貴重でしょうね。
山でキジは見かけてもヤマドリは見たことがありません。
綺麗な鳥ですね。

maburinさんへ

おはようございます。
キジは放鳥もしますし里で良く見かけますが、山鳥は山の奥に居るようですね、羽をもらいましたが使い道に思案しています。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村