2015-04-19  山菜採り 

フキボコ

釣りに行けば、川辺にいくらでも見られるフキボコ(フキノトウ)ですが、ババ曰く 「山のフキボコでないと駄目っ!」

早い話が、自分が採りたいだけ・・・?

まぁ~喧嘩するほどの事でもないので、お言葉に従い運動を兼ねて林道沿いを歩いただけですが、小さくて咲いた山の物は小型ですから、このままてんぷらにすれば見栄えが良いのは事実です・・・・。

こんな感じのが良いようです、どこが違うんでしょうね?

48+(2)_convert_201504.jpg

ついでにクレソンも採ってきましたがまだ小さいです。

48+(1)_convert_201504.jpg

この春先、木曽路の塩尻地区を通ってお気付きの方もいらっしゃると思いますが、国道沿いの木の枝が所々梢まで真っ白くなっている現象です、奈良井川漁協のHPの説明によると、これは、サルの仕業で食べ物が無くなって里に出て木の皮を剥いで食べた為のようです、今では真っ白かった幹も変色して目立ちませんが、特定の木を狙っているようです、桑の木だとの話もありますが良くは分かりません。

48+(4)_convert_201504.jpg

48+(3)_convert_201504.jpg48+(5)_convert_201504.jpg

サルも源流の堰堤にズラリと並んで見つめられると、怖いですね。






OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-835 Tough ブルー 防水性能10m GPS機能 電子コンパス TG-835 Tough BLUOLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-835 Tough ブルー 防水性能10m GPS機能 電子コンパス TG-835 Tough BLU
(2014/02/28)
Not Machine Specific

商品詳細を見る


OLYMPUS デジタルカメラ TG-320 1400万画素 3m防水 1.5m耐落下衝撃 ブルー TG-320 BLUOLYMPUS デジタルカメラ TG-320 1400万画素 3m防水 1.5m耐落下衝撃 ブルー TG-320 BLU
(2012/01/27)
Not Machine Specific

商品詳細を見る
                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

「川辺にいくらでも見られるフキボコ(フキノトウ)ですが」とありますが、私の行く川は「川辺に時々見られるフキボコ」です。
ワサビは全く見られないし、どうも山菜には恵まれない川なので、ハックルさんの山菜記事を見ると羨ましいですね。

木の枝の白いのは猿の仕業ですか。
猿が増えすぎたのか、山の食べ物が減ってしまったのか分りませんが、雪の中で震えながら皮を剥いで飢えを凌いでいる猿の姿を想像すると・・・、哀れです。

No title

おはようございます
これ猿の仕業だったんですね
鹿は木の上に登れませんものね
皮を剥がされた木は枯れてしまうのでしょうか?

No title

おはようございます。
やはりフキノトウは山のものでないとダメですよ(笑)
天ぷらや甘酢漬けで食べると春が来たなぁ~と思いますね♪
皮を剥がれた木凄いですね。
猿たちも厳しい冬を生き抜いているのですね。
昔と違って自然の流れも着実に変わって来ていますよね(涙)

No title

おはようございます。
フキボコはてんぷらで美味しいですよね。
雪の中で、青々して生命力豊ですね。
猿は今冬はエサが無かったのでしょうか?
堰堤で並んで見つめられるのですか。
食べ物をおねだりしているのですかね。

マンボウ さんへ

こんにちは。
木曽方面はトウブキが多いのか川辺には良く見られますね、形は変わりませんが大型でてんぷらの時は形がわからなくなってしまいます、もう遅いですがスキー場の雪解けの後で採っている人を見かけますよ。

テクニカルゲーム さんへ

こんにちは。
藪原、贄川の国道沿いの木々が真っ白でしたね、雪による凍結か原因かと思っていましたら、漁協のHPでサルだと知りました、藪のような木ですから特に被害は無いと思いますが、サルは駆除しないので里に出てきているのは事実ですね。

山女魚さんへ

こんにちは。
山のフキはキャラブキに適していますのでアクが強いのでしょうね、テンプラには小型の物の方が揚げたあとは見た目が良いですね。
沢山は要りませんが春の到来を感じます。
木曽路の北方面は国道までサル平気で出てきています。

kinkan600 さんへ

こんにちは。
サルも群れで居ればちょっと怖いですね、目を合せないようにしないといけないようですが、今は木々の葉っぱが無いので見通しが良いので助かります。
こんなに木の先まで見事に皮を剥いた現象は始めてですね、殖え過ぎたのか餌が無いのか農作物の被害が心配されますね。

I さんへ

こんにちは。
コメント有難うございました。
娘さんの一人暮らし父親とすれば心配ですね、私も女の子2人でしたから良く分かります。
意外と心配するほどではないものですが寂しいですね、奥さんと2人で山菜やキノコ採り良いと思いますよ。

猿も生きる道

昨日の釣行でも白い木が見られました
周囲が緑で良く目立ちますね
猿も木を選んでの行動でしょうか?

クレソンはまだ見てません、又生える河川に
出掛けた時にも頂いてきます。

釣りお爺さんへ

こんにちは。
今までは気にもならなかったのですが、今年は目立ちましたね、何か原因があるのでしょうが、いろいろ自然の環境が変わって来ているのでしょうね。
クレソンは15㎝位の物が柔らかくて良いですね、今回はちょっと早すぎました。

クレソン

こんばんは。
写真のフキノトウは確かに、天ぷらにしたら美味しそうに見えます(笑)
クレソンは見かけたことはありますが、馴染みがなく採ったことないんですよね。これは、どうやって食べるのが美味しいでしょうか。

No title

フキノトウはどのくらいまで食べられますか。
私は開く前の物しか取った事がないので。。。
猿が木の皮を剥いで食べているとは知りませんでした。
釣りでたまに会いますが、ギャーギャー騒がれ、襲われるのではないかと、いつも退散しています。
やっぱり怖いですね。

リコプテラ さんへ

こんばんは。
フキノトウはてんぷらの場合大き過ぎると刻みますので原型をとどめないから、小さな山の物が良いと言うのです、確かに小さな山の物はきれいに仕上がります。
クレソンは肉料理に生のまま付ける場合がありますが、大量にあるこの様な物は茹でておひたしですね、あまり癖が無いのでそんなに病みつきになるほどの物ではないです。

佐久っ子 さんへ

こんばんは。
フキノトウは今はそこまでしませんが1尺くらい伸びた物でも幹だけを採って煮付けて食べれば美味しいとの事です、フキの風味と茎が中空になっていますのでその柔らかさが好まれたようです。
梢まで真っ白にらる程皮を剥いで食べたのを見たのは初めてですね。
やっぱり環境が変わっているのでしょうか。

No title

先日の釣行に自分もフキノトウを取ってきました。
自分に分かるのはこれぐらいですが奥様の言う山のものでないと駄目はその通りと思います。
普段は近所の農家のものを買うのですが大きさから香り味どれをとっても違うものです。
山のフキノトウは格別と思いますよ(^^)

お猿の被害はこんなに酷くは無かったですが同様に皮を食べられていて地元の人が嘆いてました。
サルも必死ですからね・・・

No title

こんばんは。
フキボコって言うんですね~
河原の斜面などには、柔らかくて大きなフキボコが出ますが、やはり山のものの方が香りが強いのでしょうかね。
サルに丸裸にされた木の枝は痛々しいですね。
こちらでは農作物の被害が多いので、捕獲数を制限しての駆除対象となっていますが、一向に被害が減りません。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。
やっぱり山の物は違いますかね、確かにふきみそなんかにした場合少量でも風味が良いような気がしますふきみその葉の量が多いのは美味しくないですからね。
サル被害はそちらでもあったんですね。

かんぺ~さんへ

おはようございます。
サルの被害は多いようですね、駆除と言っても鹿やイノシシと違いジビエと言う訳には行きませんし、実家の方ではもっぱらロケット花火でやっていますが、すぐに慣れてしまいます、木曽路なんかは道路や線路まで出てきていますよ。

No title

おはようございます。
フキボコとは言い得て妙ですね。
何となくそんな感じがしますね。
我が家ではおおきくてもそのまま天ぷらにしてしまいますよ。
ウドもそうですが、栽培されたものは香りが弱くなっているような気がしますね。
クレソンはサラダで食べるには丁度良い大きさですが、しゃぶしゃぶ等にはまだ小さいですね。

サルに限らず野生動物が年々里に降りてきていますよね。
生息環境が圧迫されているのでしょうね。mabu

maburin さんへ

おはようございます。
天候が不順でいけませんね、本格的な山菜はGW過ぎですが、フキボコも大量に採る物でもありませんし、クレソンもそんなに一度には要りませんし、この日初めてウグイスの声を聞きました。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
アマゾン釣り用品
▼を押せばジャンルを変えて渓流釣りに関する商品の検索ができます