2015-05-09  毛ばり 

ヤマドリの毛ばり

前に義兄から貰ったヤマドリの羽 その時の記事はこちら で毛ばりを巻いてみました。

胴は気泡を抱き込むようにゼンマイモドキ (天産の真綿をローパスバチックのこげ茶で染めたもので勝手につけた名前で、染め方はこちらにあります)の荒巻、鍼は#12です。

水中に落ちた虫が懐に気泡をためて水面に向かってもがく様をイメージして巻いてみました。
現場での釣りはもちろん楽しいのですが、いつも言いますが、私にとって溪に想いを馳せて毛ばりを巻く時間も釣りの一部なのです。

57+(9)_convert_20150505.jpg

いかがでしょうか? 
キジより小羽枝が長いのかネットリ感があり、赤黒い感じが凄みを感じさせます、まだ実釣で試してありませんが、これなら多分いけると思います。

義兄の言っていた 「ヤマドリの羽は出が早い」 の意味が気になります、試験的ですので少しだけ巻いてみました。

57+(11)_convert_201505.jpg

私だけかもしれませんが、野鳥の羽は良いです。








                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
充分使えますよ、天産の真綿もうまくマッチしていますね。テールの処理はテープの上にピーコックアイですかね?差し支えありませんでしたら教えて下さい(笑い)。私はどうしてもプチブルを使い上からスレッドで巻きますとテールがお粗末な仕上げになってしまいます。

No title

おはようございます。
例の剥製のヤマドリからの毛鉤ですね。
胴が天産とは思いも寄りませんでしたがとても良い色に染め上がりましたね♪
「赤過ぎて出が早い」私なりの考えは捕食ポイントで待ってて食うか流れてくる毛鉤を迎え撃って食うかの事の様な気がします(汗)
以前毛鉤を打った時にヤマメが毛鉤を追いかけて行きジャンプして空中で毛鉤を咥えた事が有りました。
こんな事は今までに1度きりですが慌てて合わせるやらでビックリしましたね(笑)
でもこの時の毛鉤は使い古しで赤いスレッドが透けて胴が赤く見えていましたね。
兎に角この毛鉤への出方が気に成りますね。
是非様子を教えて下さいな♪

No title

おはようございます。
新しいバージョンですね。
上手く巻けてますね。
真綿が良い感じですね。
気泡を含んだ感じを出すと良いのですね。
水気がない最初の毛ばりは、良く出ますね。
何故かな?と思ってました。

テクニカルゲーム さんへ

おはようございます。
ボディのしっぽの部分ですか?
最近は以前UPしたヌードに凝ってしまって、少し間隔を空けて螺旋状に巻きます、後は低粘度の接着剤で保護します、体節を思わせるようで良いと思っていますが自己満足です。
以前はピーコックアイの部分の裏側を使っていましたが、大きのが無く短いのでこれです、板の上で消しゴムで削り取るだけで出来ますよ。

山女魚さんへ

おはようございます。
天産が冬に取ったものでしたので、雨ざらしで緑色が抜けていましたので染めました、動物性の繊維だから皮を染める染料だと良いと思ってやってみましたら見事に染まりましたよ、
魚は赤に興味を示す話は良く言われますが何か関係がありますかね。
真綿でも染まると思います。

kinkan600 さんへ

おはようございます。
本当はゼンマイ胴が良いでしょが、素材が弱いのでスレッドで細かく抑える為硬いイメージになってしまいます、これだとほとんど押さえなくても良いしきっちりしないのが魅力だと思っています、これもローパスバチックで染めました、真綿でも良いと思いますよ。

No title

いつ見ても良いです。
芸術性を感じます!
思わずウットリ~(^^)
これを正確に複数巻けたら自分も上達するのですがね(笑)
見事です!

幻の渓流師さんへ

こんばんは。
お褒め頂き有難うございます。
いつも同じパターンですが、いろいろ試したりして楽しんでいます、この大きさに巻けるサイズの羽が1羽でもいくらも取れないのが難点ですね、思い切って#10位に巻いて試してみたいです、大きな羽でしたら沢山取れますから。

No title

今晩は。
いつ見ても綺麗で、これならいくらでも渓魚が飛び付いてくるでしょうね。
私はもう20年以上巻いていませんし、魚影が薄くなってからはテンカラから遠ざかってしまいました。
ハックルさんの毛バリなら魚影の薄い当地の渓でも釣れることでしょうね。

maburin さんへ

こんばんは。
テンカラは良い時と悪い時の差がありすぎますね、確実に魚を欲しい時はやっぱり餌釣りですね、話によるとこちらでも釣果は少ないようですよ、釣り人も多いし、道具も良くなっていますから年々難しくなるのは事実です。

No title

こんばんは。
よい風合いの毛鉤になりましたね!
眺めているだけで、もう釣り気分になれますね~

No title

こんばんは。

いつもながら綺麗な仕事ですね。
「溪に想いを馳せて毛ばりを巻く時間も釣りの一部なのです。」と言う事ですと、自分で巻いてこそのテンカラですね。
早く試してみたいとワクワクするでしょうね。

気になる言葉

こんばんは。
いつもながら、生命感ある毛鉤ですね。
「ヤマドリの羽は出が早い」
他の羽より魚を引き出す力があるという意味なのか、それとも魚が電光石火で食いつくので早合わせが必要という意味でしょうか。
気になりますねー(^_^)

かんぺ~ さんへ

おはようございます。
お褒め頂き有難うございます。
歳ですから、実釣と言うより巻くだけが楽しいと言う部分もあります、

マンボウ さんへ

おはようございます。
最近特にズクが無くなり、デスクワーク?が多くなりました、只、それだけの事です。
雨でも降ったら餌で久し振りの食糧確保に行きたいとは思っていますが。

リコプテラ さんへ

おはようございます。
何故なのかキジの毛ばりでも、黒い部分しか使わなかったみたいです、それでも前回柄の羽でも感触は良かったんで、そんなに影響あるとは思いませんがね。
毛ばりほどその日の状況で釣果に影響する釣りは無いですからね、毛ばりは何でも良いと言われる人もいるくらいですから、伝説っぽいこの話面白いです。

No title

いつもながら良い出来ですね。
ぜひ、釣果の報告をお願いします。
渓流魚が赤系を好むらしいのは私も同じです。
私はオレンジ色が一番いいような気がします。
クロカワをオレンジ色に染めてみようか(笑)。

佐久っ子 さんへ

おはようございます。

赤い黒川ですかそれは無いでしょう(笑)
それでもヒラタの疑似餌が売っているらしいですよ、面白いですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
ブログランキング
クリックして応援お願いします  釣りに関する人気ブログもご覧ください
日本ブログ村
ランキングは不参加ですが、お仲間のブログをご覧ください
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ