2015-05-23  山菜採り 

ウド掘り

お昼を食べていたら、ババが急にウドを採りに行くと言い出しました、またですよ!
現役の頃は一喝すれば方針は簡単に変えられましたが、今は違います、立場が逆転とまでは行かなくても弱くはなっているのは事実です。

さて、それはさておき、ウドを採る事を木曽の一部の地域ではウド掘りと言います。
確かに土中の白い部分はアクも少なく美味しいもので、家で栽培する時はもみ殻と土を混ぜて、伸びた芽に次々とそれをかけて白い部分を長くしたものでした。

山に自生する山ウドは平らな所だとなかなか白い部分が少ないものですが、林道の崖崩れなどの所に生えたウドは崩れた石などの下敷きになり白い部分が長く採る事が出来ます。

一般的なウドです、これでは少し時期が遅過ぎます。

68+(1)_convert_201505.jpg

冒頭申し上げました、林道などの崖崩れに生えているウドです。

68+(2)_convert_201505.jpg

冬の霜などで崩れた石を取り除きますと、根までは意外と長い白い茎が現れます。

68+(3)_convert_201505.jpg

こんな状態で採る事が出来ます。

68+(4)_convert_201505.jpg

時期が遅くてあまり採れませんでしたが、毎年採っていると年々小さくなってしまいますね。

68+(8)_convert_201505.jpg

ウドは捨てるところがないと私の姉はこまめに料理しますので、大きな物でも持って行ってやろうと、柔らかそうなものだけ採ってきました、あまり良くないワラビも少し採ってきました。

68+(5)_convert_201505.jpg68+(6)_convert_201505.jpg

せっかく山の奥まで来ましたので、タラノメはどうだろうかと藪をかき分け登って見ましたが、少し遅かったですね、良いものだけ採ってきました、これは長野の娘が好きですので送る事にします。

68+(7)_convert_201505.jpg

釣りに行ったばかりなのに、兎に角疲れました、しばらくそっとしておいてもらいたいものです、お願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  我が家の花のご紹介

クリンソウ3種です、これから段が徐々に増えて行きます。

64+(5)_convert_201505.jpg64+(6)_convert_201505.jpg64+(7)_convert_201505.jpg








                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

いつもながら見事な山菜ですね。
自生している写真を載せて頂いているので、どんな風に見えるか良くわかります。
これを野山の中で見分ける眼力に感心します。
私にとっては西洋人に顔を識別しようとしているみたいで、パッと見れば皆同じに見えてしまいます。
ワラビはわかります(笑)

No title

おはようございます。
本当に山ウドのあの香りは最高ですよね♪
それにしてもワラビもタラノメも羨ましいですね♪
クリンソウは色々な色が有るのは知りませんでした(汗)
仏閣の屋根の上の九輪の様に段々に成るのでしょうかね?
元気な奥さんは良いですが我が家も立場が逆転しています(笑)

マンボウさんへ

おはようございます。
山菜はいろいろなものがありますが、今の時期一斉に採れますので困ります、保存の方法もありますがやはり山菜は旬のものですからね、釣りと同じで採る楽しみが加わりますから面白いです。

山女魚さんへ

おはようございます。
ウドは良いですね、香りが時期を感じさせてくれます。
なかなか軟らかいのが無くて、新しい場所を開拓しないといけません。
クリンソウ名前の通り九輪ですが、そこまでは段になりませんがまだまだ増えますよ!
奥さんによろしく!

No title

おはようございます。
旬の山菜の香りがパソコンを通して匂ってきますよ。山はお二人の良いコミュニケーションの場になっていますね。

テクニカルゲームさんへ

おはようございます。
山育ち2人は共に山菜やキノコに接して育ってきましたので、衝突が多いですね。
良いような、悪いような複雑ですね、敵は釣りだけはやらないので助かります。

崩落

こんばんは。
なるほどー。ウドは実家の畑にあるのであんまり山で採りませんが、崩落してるところに生えているウドを狙うんですね。
これだけ白いところがあれば、料理に使いやすいですね。
タラの芽もまだ上の方にはこんなにあるんですねー。
ともかく、おつかれさまでした(^_^)

No title

たくさん取れましたね!
先日に自分も山ウドの芽を取ってきました。
一部天ぷらにしましたが他の食べ方が有るのでしょうか?
師匠曰く山ウドの一番上の芽だけを摘んで残していくと7月ごろまで次々とウドの芽が食べられるとのことで次回の楽しみに残してみました。
タラの芽も美味しそうですね。皆さんが楽しみにしているでしょうね。
自分の行くエリアにはタラの芽やあぶらこしなどはかなり減ってしまったそうです。荒らされてきているようです。
(>_<)

No title

下の花が綺麗ですね。
なんというはなでしょうか?

No title

おはようございます。
優しいご主人様ですね!
毎回大量の山菜には驚きです。
これほどのタラの芽はなかなか採ることができなくなりましたね~

リコプテラさんへ

おはようございます。
古い林道なんかが狙いどころですね、意外と道端に多いです。
タラノメは昨年は30日に行ったんですが少し遅くて、今年は良いかと思ったんですがそれでも遅すぎました、今年は暖かいですね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。

ウドの先端の柔らかい芽は遅くまでてんぷらで食べられますね、大きくなった物でも茎の皮を剥いて調理すれば十分食べられます、私はウド汁が好きです、味噌汁にこのウドとサバの水煮の缶詰を入れるだけです。
花の名前はクリンソウです、5重の塔などのてっぺんのの九輪に似ているからです

かんべ~さんへ

おはようございます。

優しいと言うか、弱っただけです。
高い所で藪ですから採りに入る人もいませんね、適期に行けば良いものがあったんでしょうが、ほとんど横芽でした。

No title

おはようございます。
まだまだウドやタラノメが採れるんですね。
コチラのウドはもう大きくなってしまって先端の方だけしか食べられません。
今年は白い所を酢味噌で食べることが出来ませんでした。
山菜は見つけた時の喜びが大きいですが、それでついつい採りすぎてしまいます。
ご近所・親戚とのお付き合いにはもってこいですね。

Re: No title

おはようございます。

タラノメはここは高い所ですので、いつも霜にやられ、その横から2本位新しいのが出ます、その一つを採ってきます。
時期の物ですので、知り合いにあげれば喜ばれますのでついつい採り過ぎてしまいます。
こういう時は腰の痛いのを忘れますから不思議ですよ(笑)

No title

またまた投稿者名が「読者」となっていました。maburin

maburinさんへ

おはようございます。

コメント投稿する際に投稿者の名前が無い場合には「読者」になるように私の方で設定してあります。
名前が反映されないのですね。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村