2015-07-27  渓流釣り 

自前のミミズ

 私は、餌釣りの餌はミミズだけです、もちろんいろいろな餌を使った事もありますし、川虫、特にヒラタは最高の餌だという事は知っています、特に、放流直後の場合は餌の差は歴然と現れますから、沢山釣るには餌の選択は重要ですね。

 じゃあ何故ミミズ?
 第1には、手軽であり、自給できる事、
 第2には、餌の流し方と錘の調節で他の餌に負けない効果を出せる事、
 第3には、雨の日の釣行が多いので濁りの時に効果的な事、
 第4には、ミミズに拘ることで、魚の食性をこれだけに絞り込めるので、自分なりの渓の見極めが出来る事などです。


82+(7)_convert_201506.jpg

 餌に使うミミズについては、以前、何回もUPしてありますが、こうすればどんどん殖えるという飼い方はいまだに解りません。

 今では畑に穴を掘って、飼っていたミミズの小さな物を種として入れて、野菜の葉っぱなど捨てておきましたところ見事に増えています、ですから自然の土壌と草木の腐敗とのなんか関係があるのでしょうね、最近では家で入れ物で飼っているのは、釣りに出かける為の一時的な飼育と考えております。

84+(12)_convert_201506.jpg今回も畑からこれだけ捕ってきました、気持ち悪い方はクリックして拡大しないで下さい。

そうは言っても家で飼う物にも餌を与えなければいけません、餌は、小さかったり古いジャガイモを茹でて試しに与えたら、たちまち無くなりましたから意外と良いのではと思います、生の物より分解が早いのかもしれません、バナナの皮なども刻んで与えていますが、夏場はショウジョウバエがたかりますね。
 卵の殻なども細かくして与えるのも良いという人もいます、いずれにしてもミミズがよく食べている場合はバケツの中も全く無臭ですから不思議です。

 夏場は大きくなりませんね、家の北側の涼しい所に置くのが大切です。

 今回は、その泥だらけのミミズをそのまま釣りに持参しても、手は汚れるし汚いので、園芸に使うミズゴケを使ってきれいにする方法です。
 以前にUPした新聞紙の紙粘土方式も良いですが、作るのに手間がかかる欠点がありました。

 ミズゴケでもこのままだと大き過ぎますのでハサミで細かくします。

82+(1)_convert_201506.jpg82+(2)_convert_201506.jpg

 そして、ミズゴケを一握り水で湿らせて別の容器に入れ山にしておきます、その上に割り箸で拾い出したミミズを載せていきますと、ミミズはミズゴケの中にもぐってしまい、写真のように泥だけが上に残ります、この汚い部分だけを取り除きますと・・・・、

82+(3)_convert_201506.jpg82+(4)_convert_201506.jpg

 きれいなミミズとなります、ミズゴケですから、手を川に浸けるだけできれいに落ちます、容器は百均に蓋つきのトレーがあります、蓋の部分だけ小さな空気穴を空けて涼しい所で保管します。

82+(5)_convert_201506.jpg82+(6)_convert_201506.jpg

 ところがです、5、6日そのままにして釣りに持参しましたところすっかり痩せていました、手は汚れず非常に良いのですが、痩せてしまっては困ります。

 結論です。
 この方法は泥の中の汚いミミズでもきれいに出来て、手を汚さない為だけの物であって長期の保存は無理です (失笑)。

 野菜がどんどん採れます、ユウガオは作りすぎました、もう10本ほど嫁に出しましたが、まだ始まったばかりです、これからどれだけ採れるのか、昨年畑の隅に捨てたところから芽が出てきましたので、かわいそうと思って3本も植えたのがいけなかったのです。
 右のスイカは沢山つけると甘くないので、2玉にします、別のPCでUPしたら画像がおかしいですね。

・貞捷1+(1)_convert_20150726150756・貞捷1+(2)_convert_20150726150817









                                                

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
ミミズは本当に万能の餌ですよね♪
田舎では牛を飼っていましたから糞を積んでいた場所を掘り返すと沢山いましたね。
でも面白い事に積んで有る周りにしかミミズがいないのですよ。
きっとミミズも土と糞との間の空気が通り易い適温な所を好むようですね♪

No title

おはようございます。
釣行回数の多い方には懐に優しい自家養殖ですね。釣り具店にも色々なサイズが置かれています
全て同じ種類なのかただ単に大きさで分けているのか不明ですけど。この暑さで連日煮えていますよ。

山女魚さんへ

 おはようございます。
ミミズも飼うのは簡単だと思ったんですが、なかなか増えず夏は特に太りませんね、庭に穴を掘って残飯なんかを捨てればいいのですが、家の庭はモグラがいてたちまち絶えてしまいます、幸い畑の方はいないのでそちらは順調に増えています。
なかなか難しいものですね。

テクニカルゲームさんへ

 おはようございます。
今は、小さなアマゴにかまわれますので、消耗は激しいですね、1パックに約50匹位ですから2パックは必要ですね。
行きたい時に店が開いていなくてもいける事が一番です。

No title

こんにちは。

匂い系の餌として、ミミズは私もつかいます。
恐らく畑で掘ったミミズなら匂いも良くて、渓魚も寄って来るでしょう。
特に、笹濁りより進んだ濁り系でミミズが寄せる力は凄いですね。
私はどの様な流域で釣るかで使い分けていますが、ミミズは太めが好みです。

マンボウさんへ

 こんばんは。

ミミズが手軽でズクが無いだけです、他に良い物はいっぱいあるでしょうがただそれだけの事ですよ。
大き目の方が良いですね。

No title

今晩は。
私は川虫が取れない時と増水後はミミズを使っています。
発泡スチロールの箱を二ケース使って育てていますが、
おっしゃる通り夏場は育ちが悪いですね。
というか、増えすぎて大きくなれないのかもしれません。
エサは果物の皮が多いですね。
日を置かずに釣りに行く予定で、ミミズをエサ箱に入れたままにしておくとみな小さくなっていますが、その間も何かエサを入れておかないといけないんでしょうね。
私も釣りに行った時にとってきたミズゴケを使っています。mabu

No title

こんばんわ。
「白石勝彦さん」という方が書かれた渓流釣りの本を時々読むのですが、えさはミミズが万能だと力説してます。
ミミズ通しとか必要なのですよね。
先日は400円で養殖パックが売ってまして、お金を入れて初体験だったのですが、売り切れのランプがついてました。
初体験はおあずけでした。

No title

こんばんわ。
以前にUPされていた、新聞紙を使った紙粘土方式を利用させていただきましたが非常によかったですよ。今では重宝しています。
ハックル70さんのように飼育はしていないので、釣る直前に畑にいって取ってくることがほとんどですが^^;

万能エサ

こんばんは。
中学生の頃、渓流釣りを始めた頃は、ずっとミミズを使ってました。実家の堆肥で採れたし、エサ持ちも良く、どんな状況でもある程度の釣果を出せました。
渓魚に限らず、鮒や鯉釣りにもよく使いましたよ。鉤に刺すと黄色い血が出るのが不思議でした(^_^)
そう言えば、ミミズの養殖は儲かる、と昔聞いたことがありますが、ホントですかね(笑)

No title

こんばんは
この方法はミミズを綺麗にするのに良いですね。
新聞よりも簡単ですしミズゴケを切るだけと言うのは楽で良いですね。
ぜひ活用したいと思います。

maburinさんへ

おはようございます。

おっしゃる通り夏場は太りませんね、今なら果物の皮も良いかもしれません、冬場はそのままの状態で腐敗しませんので困りますが、飼っておくといつでも出掛けられるのが良いです。
園芸用のミズゴケを湿らせて堅く絞って、ヒラタやオニチョロ、クロカワなど川虫の餌用に使いましたが、今は腰が痛くて捕れませんので使いませんが、時間があれば良い餌なんですがね。

kinkan600さんへ

おはようございます。

通常の渓流ではミミズ通しは使いませんん、チョンガケで十分です、ミミズ通しは本流などいろいろな魚が混生している所はエサ取り防止に使うのですが、渓流では必要ないですね、10㎝のミミズでもチョンガケで良いです、なぜならば魚は餌の頭を狙うからです一度試して見て下さい。

妖さんへ

おはようございます。
紙粘土方式もいいですがちょっと手間が掛りますね、市販の物はこれに似た方法ですが、餌になるものを含ませてあると思いますが、なかなか製造方法は明らかにしませんね、畑で捕るのでしたらこの園芸用のミズゴケ(園芸店に乾燥してレンガ状にして売っています)を細かくして湿らせて堅く絞り、2ニギリほど入れ物に入れて畑で拾い上げたものを載せてゆくとゴミと土が上に残りきれいになります、泥の付いたままの手だと竿を傷めますからね。

リコプテラさんへ

おはようございます。

おっしゃる通り、臭いの強い黄色の血、だから別名キジ(黄血)と言うのだそうですが、解禁当初の深みに固まっている時なんか威力を発揮しますね、イクラも同じ効果があります、粘り釣りに良いので年寄り向きです、養魚場で試した事がありますがパニックになりますね。

幻の渓流師さんへ

おはようございます。

畑から拾いあげて持参するなら、この方法がきれいになって手が汚れず良いですね、涼しい所に置けば2~3日はそんなに痩せる事はないですね、子供の頃お茶がらを入れると赤くなるなんて言ったものですが、変化はないみたいです。

No title

たくさんいますね。
私も時々畑のゴミ捨て場を掘り返して取りますがこれほど取れません。
特にヤマメはこの匂いが好きなようで、自然繁殖させている物は匂いも強いので市販の物より食いが良いと聞いています。
私は源流では主としてイクラを使っていますが、釣り方などの違いによって人それぞれのようです。
渓流で捨てられている餌箱をみるとブドウ虫が多いようですね。

佐久っ子さんへ

こんにちは。

餌は自分の好きなものが一番ですね、いろいろの人の話を聞いたりしても迷うばかりですし、私はミミズで駄目ならこの川は今日は釣れないのだと見切りを付けます、放流直後は人ばかりですのであまり行きませんし、単独釣行が多いので人と比較する事も無いので気楽ですよ。
プロフィール

名前 : ハックル70
山国 信州に住む老人です、奈良井川・木曽川水系の川や山を楽しんでいます、どうぞよろしく。

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
リンク(順不同、敬称略)
日本ブログ村